PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

ROLEX SUBMARINA Ref.14060M,購入に関する,クロノメーター表記の有無について検証する。

2008-02-29 | 悩み

 最近になって漸く,SUBMARINA Ref.14060M(ノーデイトサブ)のクロノメーター仕様が店頭に出てきておりますが,これは購入するべきなのでしょうか。

 購入に際して問題は,およそムーヴメントキャリバーのマイナーチェンジではなく,文字盤上の〝SUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED〟の是非にあります。

 考えられる購入に際しての両者のポイントは以下のとおりでしょう。

クロノメーター表記なしのRef.14060M

Rolex2043rolex

・新品のこの仕様は当然在庫限りであるので,デッドストックで所有していると将来値上がりすることはあっても,値下がりすることは無い。

・クロノメーター表記なしの方が,ダイアル的にはスッキリとして見やすい。

・もちろんレッドシール(クロノメーター認証タグ)は付いていない。

② クロノメーター表記ありのRef.14060M

Rolex2041rolex

・新型GMTに見られるとおり,ベゼルディスクがセラミック新素材になり,ロレックスのミドルケースラグが全面的にポリッシュ仕上げになっている現在,サブマリーナもここ3年以内にモデルチェンジすることが予想されるで,クロノメーター表記ありの新ダイアルは,Ref.14060Mラインとしては生産期間の短い最終タイプとして終わる可能性が非常に高い。したがってデッドストックとして所有していなくても,生産本数の少ない激レアのRef.14060Mになる可能性も非常に高い。※クロノメーター表記なしのRef.14060MはRef.14060も含めて生産期間は約20年間。両者とも外見上はEXPLORERのRef.14270とRef.114270のそれと同じく,相違はない。

・上記に関連して,クロノメーター表記なしのRef.14060Mをロレックスにクロノメーター表記ありダイアルの交換を依頼しても無理なので,やはりクロノメーター表記ありのモデルが必要な場合はオリジナルのクロノメーター表記ありRef.14060Mを購入する必要がある。

・おそらく,ダイアルリング上の打刻サークルタイプのRef.14060Mは,クロノメーター表記ありからであろうから(Z6〟ナンバーがクロノメーター表記有り無しのターニングポイントだと思います。ロレックス仲卸会社によると,〝ダイアルリング上の打刻サークルタイプのRef.14060Mはクロノメーター表記ありから〟,という。),ダイアルリング上の打刻サークルタイプが外見上好きな人は購入したほうが良い。

・一見すると〝SUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED〟がダイアル上にあるのは見づらい。

・クロノメーター仕様のノーデイトサブは30年ぶりの復活である。

・レッドシール(クロノメーター認証タグ)が付くようになった。

…資金に余裕のあるロレヲタは①,②両タイプとも購入し,10年デッドストックにすると,銀行金利よりも高く売却できると予想されますが,あまりカッコイイとは思えません。

※画像は,Ref.14060の取扱説明書およびロレックス社カタログ参照。


この記事をはてなブックマークに追加

DAY-DATEの曜日字体の変更について検証する。

2008-02-12 | 悩み

 私は一見して実際に手にとって確認しない限り信用しないのですが,先程,新嘉坡華僑のロレヲタからメールが届きました。

オーチャードロードの正規店で,DAY-DATEの曜日表記が従来のMONDAY〟→〝Monday〟に変更していると。。

Rolex1778rolex

デイデイターの私は唖然とし,折からの金・プラチナ高騰と円高により,将来購入予定のDAY-DATEのまとめ買いをしようと彼のメールから即座に決心しました。

ロレックスハンターとして,明日から,仕事を早々に切り上げ,帝都東京各店DAY-DATEのリストアップ開始です。

現行DAY-DATEDATEJUSTのバーインデックスが〝夜光バー〟に変更されて久しいですが,かなりチープで安っぽい〝オモチャ時計〟に見えます。加えて,太くなった長短針。まったく高級時計には見えません。よってダイアルは夜光バーはカッコ悪いので仕方なく〝ローマ数字ダイアル〟でも付けなければDAY-DATEの高級感は維持できません。そんな中で,曜日表記までとは。。

DAY-DATEコレクターの私は愕然としています。ロレックス社社長もDAY-DATEのアイスブルーRef.118206をしているのに,なぜに。。明らかにロレックス社の昨今のデザインは間違った方向に向かっています。だから,正規仲卸直営店の方もおっしゃるように売上も芳しくないのではないでしょうか。

新型ミルガウスも然りで,都内では並行新品でも90万円を割り込むと言われています。120万円のプレミアムリリースから3ヶ月にしてこの暴落です。私も試着してみましたが,径が大きすぎ,厚さもありすぎで,腕に浮く感じがして,正直,正規価格でもなければいらないでしょう。また,ロレヲタからすると,ヨットマスターⅡもかなりのクエスチョンです。ちなみに先月,80本の新型ミルガウスが日本正規用に入荷したそうですが,これらもほとんどスライド式にショップにそこそこの値段で売却されるのでしょう。私も新型黒ミルガウス,1WEEKの使用で今の相場より高く売り抜けました。ロレックスはある意味,投機商品とも言えます。

※この曜日字体変更情報は,ROLEX社公式ホームページ上のBASEL2008ニュークリエイションモデル群にある,曜日字体変更無しの〝DAY-DATEⅡ〟登場から判断しまして,すみませんが,現在のところガセネタです。

Rolex1811rolex


この記事をはてなブックマークに追加