PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

所持時計の上:中:下=3:2:2の法則

2016-12-31 | 日記

今年は波乱含みの金融商品の乱高下でなかなかアップできずにすみませんでした。

来年も年頭から10時間労働となりそうです。

しかし、経営者だから元来残業なんて概念はない。持ったことすらない。

それはともかく、

今年もいろいろと時計を買ったり、売ったりしました。

友人から、一個買うたびに一個以上売りなさい、と言われて実行。

これがなかなか難しい。

最終的な私の理想形は

所持時計の上:中:下=3:2:2。

上、はいわゆる無垢時計がペースでパテックかロレックスのやつ。価格は500万~2000万円程度のゾーン。

中、はロレックスのロレゾールのデイトジャストとサブクリーナのともに宝飾文字板。

下、はロレックスのステンレススティールモデル。

ここまでコレクションをタイトにできるか、できないだろう。

でも10本未満になると極度の禁断症状が出かねないが、いやいや仕事が非常に忙しすぎて、時計どころではないんです。

さぁ、これから帰宅してゴールデンとシャンパンでも呑もうか。

それでは、また来年、楽しみにしていてください。

2016年大晦日20時

PATEX HUNTER
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〝PATEK PHILIPPE〟volume Ⅳ ... | トップ | 高倉健「ロンドンからの電話... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。