PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

18038、18078ってほんとうにいいのかい?、笑

2017-02-15 | 日記

18038、18078などの、いわゆる〝ミドルゼロ〟のデイデイトってそんなにいいんですか。

私、18078所有していましたが、あまりにもミドルケースが厚くて、軽くて、ひじょうに不格好で

不細工なデイデイトでしたので、二週間で売り払いました。

当時はこんなモデル78万円でしたが、もちろんコレクションに値しないロレックスです。

18038は1803と18238のつなぎのデイデイトでしたが、不格好が災いしてディスコンになった

デイデイトとしても有名ですよね。

このデイデイトを高評価して100万円オーバーで売ろうとするショップの神経は疑いますね。

この記事をはてなブックマークに追加

SSのノーチラス5711/1Aについて

2017-02-03 | 日記

SSのノーチラス5711/1Aが定価以上になって久しい。

この正規価格も300万円と新品のステンレス時計として破格だが、

現行にもかかわらず350万円オーバーと物の価値としてさすがにオーバーだ。

これはショップの思惑だけで動いている。

中国人の爆買いがなくなり国内需要も減少傾向。

ヲタはコレクションを手放さずそれに物がない。

国内供給も少ない。

ショップも経営が厳しい。

かつ、も同業者は金利半額なんて軟な手法ではなく、36回無金利ローンで攻めてくる。

これは店頭価格の10%を意味する。



もはや時計ブームではない…。



一部のアッパークラス気取りの付け焼刃知識の野郎らが、パテックのミニッツリピーターやら新興ブランドに

肩入れするだけの乖離した時計動向と言える。

逆にこの方が自然だ。



ステンレスの4桁ロレックスはいいが、弾痕ばかりの汚いミドルケースの個体は不要だ。

意外と知られていないが、ここ3年ほど前からシンガポールやマレーシアの華僑はロレックス社では

受付がほぼできなくなったオールニューが大好きだ。

特にエクスプローラー1016や6263、6265にターゲットを絞っている。

6263のオールニューならS$75,000(600万円)は最低出しても良いと知人の個人コレクターがメールで私に

伝えているが、東京にそんなのは見たことがない、と伝えている。


加えて言えば、6263や6265の最終番はビックデイトナ、ではない。

これは常識だ。

なぜなら、交換文字盤がスモールデイトナだったからでもある。

話は逸れたが、5711/1Aは300万円も出して価値に合う時計ではない。

せいぜい200万円。


すべてが高すぎる。

そう思って、買い控えているあなたは正解と言える。


この記事をはてなブックマークに追加

なぜ、ロレックスは裏スケ、を作らないのでしょうか。

2017-02-01 | 日記

防水性能が不安なのでしょう。

チェリーニは問題ありません。

やはり、コストの面なのでしょうか。

最低でも10万円は上がりますから。

この記事をはてなブックマークに追加

〝あえて研磨を行ってはおりません。〟、、ん?

2017-01-31 | 日記

SSアンティーク時計全般に言われる傾向。

「当時の雰囲気、フォルムを残すため〝あえて研磨を行ってはおりません。〟」

でも前オーナーの痕跡が明白な傷は気持ちが悪いですね。

研磨職人の技量の問題で、そこまで削りません。

軽く研磨すらしない。

私から言えば、親切ではない。

神社の日曜骨董市に並べている腕時計並みの汚い古物にしか見えない。

それは〝アジ〟とはいえません。

単にショップの経費を削減している感すらある。

以前のように軽くでも研磨は絶対にすべきです。


この記事をはてなブックマークに追加

経験則。

2017-01-30 | 日記

つまり、私の腕時計購入歴は30年程だが、

ひとつだけはっきり言えることがある。

それは、

ロレックスかパテックかどちらかでよいということだ。

できればパテックだけでいい。

二つのブランドに言えることはデザインの秀逸さだ。

さらにパテックに関して言えばメンテナンスの永遠性だろう。

ロレックスはロレックス社から見放された時計は山ほど見てきた。

パテックほど気骨がない、というよりもビジネスとしてうまくないからだろう。

私はどちらのブランドともイエローゴールドが好きだ。

プラチナは自己満足の世界で、まだホワイトゴールドの方がいい。

デカウォッチブームはブームなだけで今や下火だ。

パネライをこれ見よがしで着けている人なんていないだろう。

バセロンコンスタンチン(※以前、シンガポールで時計店員に〝ヴァシュロン コンスタンタン〟と言っても

通じなかった)のオヴァーシーズも大きくてケースは飽きるデザインだ。

私は古典的な時計が最近ひどく好きだが、アンティークならなんでもいいというわけではない。

とくに、アンティークの場合、パテック以外は買ってはいけないと思う。

なぜか。

それは買取に出した時の店員の口上を聞けば判るはずだ。

ダマサレタ、、と。

ロレックスの四ケタは現在高騰中なので売るなら早めに売ればいい。

とくに6263、6265のオールニューなんて味がないとは言われるが、新品オールニューの個体を探す方が枯れたデイトナよりも困難極まりない。

SSのオールニューなら500万円は下らないと言われている。

今日は、ノーチラス3700/1Jを着けていい気分で出社した。

この記事をはてなブックマークに追加