PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

ref.126600について。

2017-05-25 | 日記

現行赤シード、ref.126600を手に取ってみた。

百聞は一見にしかず。

正直、ディープ―シーの方がバランス的にまだよろしい。

日付拡大鏡が付いていることが確実に見っともなく、さらにベゼル幅の厚さも相まって、でっぷりした感が

ミドルケースにはある。

価格的には六桁4000を意識してか、案外リーズナブルだ。

現行だからそれほど焦る必要はないし、190万オーバーで買う必要もない。

ただ、ref.126600が駄作であることが広まれば、さらに六桁4000のプレミア価格はロケット並に跳ね上がる。

現在、未使用品SAランクで115~125万円。

新品だと130~140万円程度の相場だというが、最終的に2年後の新品価格は200万円だろう。


この記事をはてなブックマークに追加

日々雑感。SS注意報。

2017-05-09 | 日記

最近、6桁グリーンサブの店頭在庫が飽きれるほど多く感じるのはなぜだろうか。

5桁のSSのGMTが怒涛のような高騰を遂げたのはなぜだろうか。

5桁のサブマリーナとシードウェラーが新作シードウェラーがリリースされる以前からそれらの最終型がもてはやされ

たのはなぜだろうか。

6桁グリーンサブマリーナはオーナーが飽きて時期的に今手放したほうが良いという極普通の売却動機に他ならないが、

はたして、70万円以上する5桁のSSのGMTってどうなのだろうか。

また5桁のサブマリーナとシードウェラーのあの値段ってどうなのだろうか。

また中野がなにかしでかしているのではないか。

バイヤー、というよりも中野だ。

中野が吊り上げているのだろう。

中野の思惑に全国のエセロレヲタが舞い上がっている現状を読者はどう感じているのだろうか。

そういえば、最近、36回無金利をしなければいけないほど中古時計の消費動向は右肩下がりが著しい。

この記事をはてなブックマークに追加

なぜ、3800を買うのか??

2017-04-26 | 日記

パテックフィリップ社のノーチラスの3800、のことである。

このタイプはミドルサイズで、いわゆるボーイズサイズであると、メーカーでも紹介されている。

現代人において、ボーイズサイズは女性向とされつつある。

現代の男がボーイズサイズのロレックスなんて絶対に買わない。

私も3700の存在に気が付く以前、つまりノーチラスについて門外漢であった時代に、3800を

選択肢に入れていた時期があった。

外見しかしらない時計は実物を見てよくよく研究しなければならない。

決して安い買い物ではないからだ。

ノーチラスはその後の時計コレクションにおいてとてもよい教訓になったモデルである。

この記事をはてなブックマークに追加

SD 116600-4000の現在相場。

2017-04-19 | 日記

SD 116600-4000の現在の相場ですが、

現在店頭価格は消費税込で

中古相場95~105万。

新品は129~139万。

というマーケット情報あり。

新品の状態は今後は極難。

やはり、バーゼル2017のSDは最初だけで不人気となる見通し。

以上

この記事をはてなブックマークに追加

The SEA-DWELLER is no stock !

2017-04-18 | 日記

20年前にポールの正規店にいきなり言われた言葉がこれだ。

当時はバブル崩壊後であったがステンスポロレ大ブームの時代で、特に16520は当然だが14270と16600は店頭にディスプレイ

されていることなんてなかった。

つまり、右から左へ、オーダー顧客(※一見客ではない。長年、ロレックス以外のメーカーの時計や革ベルトの購入、メンテナンス依頼を

定期的にお願いしてくる継続性のある客のこと)に渡る仕組みになっていた。

だから、その店で実績を作らないヤツは死ぬまで、何回来店されようが、空気と同じで店員には何も覚えられず、オーダーも受けてもらえない。

これは世界のルールであり、大人の暗黙の了解だ。

しかしながら、ギャーギャー共産主義者のようなモンスターにはくれぐれもならないように。

こういう連中はオーダー顧客よりも実質金銭を払っていないのだからプレミアム価格で16520を買ってもトドノツマリ問題はあるまい。

話を元に戻すと、よく「何度も来店して店と親しくなってステンレスのデイトナを短期間で購入できた」という話は馬鹿げている。

もはや田舎にロレックスの公認の正規店はないし、公認の正規店でオーダー顧客を持たない時計屋なんてない。ましてステンレスのデイトナ

を買ったことがないオーダー顧客はまずいないだろう。

こういう話を聞くたびに話す相手の極めて〝人間らしい〟未熟な成人を見下す私にハッとする。

また最近聞いた話では116600が複数の海外正規店にあったという話。

もしもあったとしたらバーゼル2017開催後7日間程度の期間だろう。

ヤフオクや都内ショップでも速殺を見た。

ましてや海外バイヤーは血眼になって探したはずだ。

いまだにあるなんて、、笑ってしまった。

いまに新品の116600が中野に189万円で並ぶ日もそう遠くはあるまい。



この記事をはてなブックマークに追加