Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

きれいなもの

2016-09-17 | Weblog


バスに乗っていた時、一番前に座っていた女性。
襟元がゆるいV字の黒のトップスに、顎のあたりまであるやわらかにウェーブがかった、ほんのり栗色に染めた髪。
スマホで曲を聞いているのか、少しうつむき加減であった。

見えるのは、彼女の背中だけ。

ただ、その襟元から覗くシミ一つない背中に、頚骨と背骨がうっすらと浮き上がっていた。
ガリガリにやせているとか、そういうことではなく。
細身の女性であったから、綺麗に骨の形が浮き出ていたのだ。


午後の日差しが、時折その白い背中にちらちらと注いで。


とてもきれいだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私はウータン | トップ | 次々と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。