Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

格闘!

2017-07-11 | Weblog

闘いましたよ、アテクシは。エェ。

夜、TVを見ながら扇風機にぐゎんぐゎん当たっていた。

かすかな羽音を感じて、電灯を見上げる。
どこからやってきたのか。
大きな虫が電灯の周りを飛んでいる。

最初は「蛾」であろうかと思っていた。
しかし、蛾にしては羽が大きくない。
しかし、サイズ的には5㎝くらいはありそうな結構なサイズ。

長い触覚が見える。

え゛?

も、もしかして…。

君はゴキっ?

うっゎ。
辛い…。

飛んでる…。

バサバサ飛んでる。

今までゴキさんを何度か仕留めてきたものの、それはすべて床を這っている奴よ。
「飛ぶ」とは聞いていたものの、こんなにがっつり飛んでいるのに出くわしたのは、『人生28年』で生まれて初めて。(←自称『永遠の28才』苦笑)

うっわー、まぢか。

ひとり暮らしの辛さはココよ。
誰も助けてくれない。
自分で闘うしかない。

幸い、ハンディな所にキン○ョールが置いてあったのだが。(それもどんな家なのか)
この土壇場で「あれ、これってゴキブリに効くっけ?」と。

Gさんはパタパタと飛んで、壁にかけてある時計に落ち着く。
ま~ぢ~か~。
片目でGさんの様子を見つつ、手にした殺虫剤の効能を読む。蠅成虫、蚊成虫、の次にゴキブリと。
って、どれくらい効くんだろうかね、オイ。

もう一つの殺虫剤が置いてあるのは、少し離れた棚の上。
が、それを取りに行くには壁掛け時計の下を通らねばならん。Gさんがいる。
うーむ。どっちの薬が効くのか。

そうっと蟹歩きで、時計の下を通り、もう一つの殺虫剤を手にする。
はて、どちらがより効くのか判然としない。
仕方ないので、まるで宮本武蔵よろしく殺虫剤の二刀流で戦いに挑む。

時計に噴射、噴射!

よろっとして出てきたGさんはヨタヨタと歩きながら、飛ぶ。

ひゃぁっ!飛ぶなバカ者!

下駄箱の裏とかに逃げたけれど
許さん、許さん、許すまじ。

殺すまで、安心できない。

上手いこと陰に隠れてなかなか下駄箱の下から出てこない。
下駄箱を動かして、スプレー。噴射、噴射。

ようやく下駄箱の下から出てきても、弱っているもののしぶとい。
まだ触角は動く。
すげぇ、生命力だなぁ、G。

台所から中性洗剤を持ってきて、最後の一撃。
呼吸を止めるのだそう。

は~~っ

安堵。

後片付けが大変だ。
そこいらじゅう、殺虫剤だらけ。

下駄箱も動かしたから、今日掃除したばかりなのに、玄関マットのところに埃がついてしまった。
明日は来客があるので、掃除したのに…。くそぅ。
明日、もう一度やり直さねばならん。

でも、仕留められて良かった。
こっちに向かって飛んできた時には、思わず、腰が抜けそうになったよ(笑)。

怖かった~~~(めそめそ)。

どんな恐怖や困難にも自力で立ち向かうアテクシ。
えらい(笑)。
(だって、自分でやらなきゃ、誰も解決してくれないからね)

ついに出たか~。
薬、置いておいたんだけど、ダメかなぁ。

さらなるG対策をせねばならんか。
まったく。

とりあえず、今宵は勝利できて、良かった♪
飛んだの見たの、初めて。

話には聞いていたけど、これは怖いゎ…。

予測不能だもん。進路が(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見知らぬ街へ | トップ | そんなところに… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。