Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

「させていただく」

2017-05-18 | Weblog

アテクシは「させていただく」という言葉が、とても嫌いである。
昨今、やたらに多用されている気がする。

鼻につくなぁ。

不必要なケースで使われている場合がほとんどのように思う。
本来「致します」で済むでしょう。
「です・ます」で済む場合も多い。

「本日は体調がすぐれないため、申し訳ありませんが早退させていただきたいと思います」というようなケースはありだと思う。許可を求めるような使い方だものね。

でも、自分が何か役職を務めているとか、そういう場合に「~させていただいております」とか、正直「時間の無駄」と思う。どうでもいい。
私ってば「控えめな良い人」の演出とか、いらねーよと思う。
それをやっている時点で、こいつバカだと思う。

その分、聴衆の時間を無駄に使っていることに等しい。誰のなんの役にも立たない。


「させていただく」を多用する奴は、気遣いをしているようで、ただのナルシストな馬鹿である。
自分をよく見せるより、相手にとって有意義な時間を、的確にコンパクトにまとめろよ、と。

あなた自身のことになんて、世の人はさして興味ないよ。
あなたを通して得られる「メリットが何か」?ということしか、他人は興味がないっすよ。
少なくとも、ビジネス的にはね。

ご愁傷さま。
誰もあなた自身のことなんて、見ていないって(笑)。

なぜなら、あなたの「代わり」なんて、いくらでもいるのだから。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺通信 | トップ | 『うつくしい日々』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。