カゲロウの、ショクジ風景。

この店、で、料理、ガ、食べてみたいナ!
と、その程度、に、思っていただければ・・・。

六盛 スフレ・カフェコーナー茶庭

2017年03月25日 | 京都
「キタイ/期待/気体」。


薄暗い洞窟のようだ、だが狭くはない、むしろ居心地の好い奥行きを感じさせる、そんな待合室の其処此処にて、深くソファに腰かけ息を潜める者の数は、ざっと二十はくだらない、おそらくはそれ以上だろう、なんとも妙な雰囲気で、むしろ此の穴蔵で寛ぐ其のことこそを目当てとして、わざわざ此の地を訪れたかのようでさえある。

年齢層はといえば、およそうら若く、男女の比率はといえば、やはり甘味を求める処の常にして、其のおよそが女性、男性はその連れ添いがほとんどであるかのように窺われる。

観光地を訪れた其のついで、そんなつもりで立ち寄った昨今話題の変わり種カフェ。

とはいえ、一休みせんがためだけのこんな場処でこんなに時間を取られ、足止めを食らってもよいものなのか、旅先では寸暇も惜しんであちこちを歩き回る習性のある己が質のことを鑑みると、このように悠長に寛ぐ彼らの状態を見るにつけ、他に観るべき処は此の京都にないのかと、正直やきもきしてしまうのではあるけれど、実は観光などというものは、あくせく足を棒にして歩き回るようなものではなく、むしろ本来、無駄に時間を持て余すくらいに余裕を持つべきものなのかも知れないと、思い直さないでもない。

果たして、各々が各々の思惑を抱きつつ、相当に長い時間待たされて、いよいよ提供されることとなったスフレなる代物はといえば、カップからはみ出して丸く膨れた、気球のような見栄えのケーキ、そしてやはり、気球のように中は空洞、其の真ん中に、意を決して、スプーンにてぽかりと穴を開けると、其処から湯気のように、其の瞬間まで抱いていた「キタイ/期待/気体」がふわりと漂って行ってしまった、其のような気がしないでもなかった。

六盛 スフレ・カフェコーナー茶庭洋菓子(その他) / 東山駅神宮丸太町駅三条京阪駅
昼総合点-

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アラベスク珈琲舎

2016年10月29日 | 滋賀
「博物館の、帰り路。」

暫く前に此の世に出でて、いよいよ何でも一人前に食べるようになってきた、そんな印象の連れ合いがいつも共にいるせいか、出先でスイーツを注文したとしても、味見程度にしか賞味することが出来ない、近頃そのような気がしている。

そもそも常々甘味が大好物という訳でもないのだから、其れが何であれ独り占めするつもりなど毛頭ないのではあるけれど、一応一口程度で己が気持ちは満足していたとしても、其のような実際ではちょっと感想を述べることすら憚られるような、ちょっとそんな気がしないでもない。

ところが、こちらのフレンチトーストに関しては、もし何人かでシェアしたとしても、其のような心配など全くの無用、其のボリュームたるやお値段以上、巷の所謂フレンチトーストとは似て非なるものではあるけれど、だからといってあえて不満を抱くような輩など、おそらくは皆無であろうと思われる、其の出来である。

一見して満足感を覚える盛り付けに、盛り沢山の味覚、最後まで美味しく戴ける其のバランスに、二才をいくらか過ぎた我が子と家族三人で舌鼓を打ち、小さな其の店で大きな満足感を抱いて皆で其の日の楽しみを終わりにすることが出来たのも、ひとえに此の御店をご紹介いただいた、りさっちレビュアーのお陰です!ありがとう!ありがとう!

アラベスク珈琲舎カフェ / 南草津駅

昼総合点★★★★ 4.0

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霜月

2016年04月15日 | 京都
「Kooks(変り種)。」

ささやかな庭に面した自宅の縁側で、のどかな春の陽射しの中、満足気な微笑を浮かべる幼子の姿を見ている、其れだけで、今のすべてが報われたような心持ちになれるのだから、其の存在というのは他の何ものにも代えがたく、愛おしい。

まだ男でも女でもなく、もしかすると人ですらない其の神の子は、心底嬉しいと感じられる、そんな時にのみ、其の喜びを偽ることなく表現する。

コハクと呼ばれる其の和菓子、薄く張った氷のような表面をひと口齧ると、パリパリと小さな音が己が歯を通じて歯茎に感じられる、其のような気がする。そしてあるかなきかの瞬間に、まるで水を噛んでいるかような柔らかな内部に到達し、其の微妙な味わいに再度驚かされるのだ。ほのかな甘さはむしろ爽やかで、微かに後に残る山椒の風味は此れ一概ではなく、紛れもなく稀有である。

幼子の期待に満ちた其の顔は、ひと口噛んで驚きに変わり、瞬時に笑みが面に満ちる。然もありなん、離乳食を口にしてまだ二ヶ年にも満たないのだから、もちろんのこと初めての食感であり、つまり其れは初めて味わう喜びなのだ。

むしろ良い意味で人間くさいとさえ感じられる幼子の其の表情に、或る種の感慨と安堵を抱きつつ、程々に長らく生きてきて、しかし同じく初めての其の食感を体験した自分という存在は、果たしてどのような顔で其の驚くべき和菓子に応えられただろうかと、此れもまた或る種の複雑な感慨に耽ることに、なる。

霜月和菓子 / 北山駅北大路駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一之船入

2016年02月04日 | 京都
「朧な、中華。」

印象に残らないというところが、むしろ印象的な此の店の料理、かといって内容に不満が残るという訳ではなく、勿論のこと記憶には新しいのだけれど、やはり其れでも其の具体的な風味については、あったような、なかったような、朧な出来事ででもあるかのように定かではない。

人心というのは本当に都合のよいもので、キャッチフレーズが医食同源であるなどと聞くと、食べれば旨い其の上に、己が身体の弱ったところまで治ってしまうのかと早合点しがちであったりもするのだけれど、何のことはない、実際のところ、此れを食してさえおれば身体に悪影響はないですよというような、緩やかな慰めのようなものであるのがやっとのことで、なるほど仰る通り、言われなくともわかる程に胃腸にやさしい其の風味、中華料理の代名詞と言っていい油という言の葉さえ心中にも浮かばない爽やかさである。

其の風味、其の質感は、個室での交歓を邪魔することはなく、まさか食後の行動に支障をきたすようなこともない、此れは或る面、使い方さえ間違わなければ理想的な料理店である、と、其のように言い得るのかも知れない。

一之船入中華料理 / 京都市役所前駅三条駅三条京阪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モノイレ カフェ

2015年12月28日 | 兵庫
「あえて、言う。」

言うまでもなく、「非の打ち所がない」などという物言いというのは、或る一方的な見方によってしか出て来ようのない見識であって、実際には、誰にとっても「非の打ち所がない」などというものは、此の世の何処にも存在し得ない。
あえて言うならば、むしろ、其の「非の打ち所がない」と思わされてしまうような、そんなところこそ、まさに気にくわないというような、骨のある見識にこそ世の真実が見え隠れする、其のようにも思える今日この頃である。

其れはさておき、お洒落でありたいと望む子連れの奥様方にとっは、まさに、「非の打ち所がない」存在である此のカフェではあるものの、此処は、こと「食べること」に執着する者にとっては、むしろ物言いの頻発する食事処であることは、言うまでもない。

食事そのものが突出して美味である、もしくは比較的ボリュームがあるという訳ではなく、ひとり落ち着ける空間であるという訳でもない。グルメにとっても、いわゆるカフェ好きの人物にとっても、何のメリットもない此の店ではあるけれど、其れでも一時或る種の境遇に閉じ込められた、内心孤独な人たちにとっては、数少ない憩いの場と成り得るのが、此の特殊な、子連れを推奨する雰囲気の面白カフェなのである。

だから、あえて言うことが出来る。此のカフェには、むしろ其の存在価値があるのだ、と。

モノイレ カフェカフェ / 丹波大山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加