カゲロウの、ショクジ風景。

この店、で、料理、ガ、食べてみたいナ!
と、その程度、に、思っていただければ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

霜月

2016年04月15日 | 京都
「Kooks(変り種)。」

ささやかな庭に面した自宅の縁側で、のどかな春の陽射しの中、満足気な微笑を浮かべる幼子の姿を見ている、其れだけで、今のすべてが報われたような心持ちになれるのだから、其の存在というのは他の何ものにも代えがたく、愛おしい。

まだ男でも女でもなく、もしかすると人ですらない其の神の子は、心底嬉しいと感じられる、そんな時にのみ、其の喜びを偽ることなく表現する。

コハクと呼ばれる其の和菓子、薄く張った氷のような表面をひと口齧ると、パリパリと小さな音が己が歯を通じて歯茎に感じられる、其のような気がする。そしてあるかなきかの瞬間に、まるで水を噛んでいるかような柔らかな内部に到達し、其の微妙な味わいに再度驚かされるのだ。ほのかな甘さはむしろ爽やかで、微かに後に残る山椒の風味は此れ一概ではなく、紛れもなく稀有である。

幼子の期待に満ちた其の顔は、ひと口噛んで驚きに変わり、瞬時に笑みが面に満ちる。然もありなん、離乳食を口にしてまだ二ヶ年にも満たないのだから、もちろんのこと初めての食感であり、つまり其れは初めて味わう喜びなのだ。

むしろ良い意味で人間くさいとさえ感じられる幼子の其の表情に、或る種の感慨と安堵を抱きつつ、程々に長らく生きてきて、しかし同じく初めての其の食感を体験した自分という存在は、果たしてどのような顔で其の驚くべき和菓子に応えられただろうかと、此れもまた或る種の複雑な感慨に耽ることに、なる。

霜月和菓子 / 北山駅北大路駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一之船入

2016年02月04日 | 京都
「朧な、中華。」

印象に残らないというところが、むしろ印象的な此の店の料理、かといって内容に不満が残るという訳ではなく、勿論のこと記憶には新しいのだけれど、やはり其れでも其の具体的な風味については、あったような、なかったような、朧な出来事ででもあるかのように定かではない。

人心というのは本当に都合のよいもので、キャッチフレーズが医食同源であるなどと聞くと、食べれば旨い其の上に、己が身体の弱ったところまで治ってしまうのかと早合点しがちであったりもするのだけれど、何のことはない、実際のところ、此れを食してさえおれば身体に悪影響はないですよというような、緩やかな慰めのようなものであるのがやっとのことで、なるほど仰る通り、言われなくともわかる程に胃腸にやさしい其の風味、中華料理の代名詞と言っていい油という言の葉さえ心中にも浮かばない爽やかさである。

其の風味、其の質感は、個室での交歓を邪魔することはなく、まさか食後の行動に支障をきたすようなこともない、此れは或る面、使い方さえ間違わなければ理想的な料理店である、と、其のように言い得るのかも知れない。

一之船入中華料理 / 京都市役所前駅三条駅三条京阪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モノイレ カフェ

2015年12月28日 | 兵庫
「あえて、言う。」

言うまでもなく、「非の打ち所がない」などという物言いというのは、或る一方的な見方によってしか出て来ようのない見識であって、実際には、誰にとっても「非の打ち所がない」などというものは、此の世の何処にも存在し得ない。
あえて言うならば、むしろ、其の「非の打ち所がない」と思わされてしまうような、そんなところこそ、まさに気にくわないというような、骨のある見識にこそ世の真実が見え隠れする、其のようにも思える今日この頃である。

其れはさておき、お洒落でありたいと望む子連れの奥様方にとっは、まさに、「非の打ち所がない」存在である此のカフェではあるものの、此処は、こと「食べること」に執着する者にとっては、むしろ物言いの頻発する食事処であることは、言うまでもない。

食事そのものが突出して美味である、もしくは比較的ボリュームがあるという訳ではなく、ひとり落ち着ける空間であるという訳でもない。グルメにとっても、いわゆるカフェ好きの人物にとっても、何のメリットもない此の店ではあるけれど、其れでも一時或る種の境遇に閉じ込められた、内心孤独な人たちにとっては、数少ない憩いの場と成り得るのが、此の特殊な、子連れを推奨する雰囲気の面白カフェなのである。

だから、あえて言うことが出来る。此のカフェには、むしろ其の存在価値があるのだ、と。

モノイレ カフェカフェ / 丹波大山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お食事処 みつおか

2015年08月08日 | 兵庫
「此の街の、素顔。」

それでも此の八月の猛暑を思えば、まだ心地好いとさえ言い得たのかも知れない七月の半ば、不意にひとり昼食をとる成り行きとなったこの馴染みのない街で、事前に某所にて多少の情報を仕入れていたとはいえ、其の店の居心地の好さというのは内心期待していた其れ以上のものであった。

ただでさえ狭い住宅街の細い路地、途中、道路工事などもあり、車中の冷房が効いていてさえ、心なしか熱気を感じさせるような過剰な陽気。そんな昼前、まだ馴染みの客の顔のひとつもない開店直後であるにもかかわらず、怪訝な顔のひとつもあっておかしくない其の状況で、ひとつの曇りもない愛想で以って初めての客を迎え入れる其の姿勢というのは、世の中何事であれ、そうであって然りとはいうものの、実際なかなか御目にかかれるものではない。

天ぷら定食などという、調理するに面倒であることが想像に難くない代物を注文したにもかかわらず、食べ終わって尚、ゆっくりしていってくださいと声がかけられたのには、さすがに恐縮であった。ボリュームのある揚げたての天ぷらは勿論のこと、その他の副菜も充実しており、甘辛く、思いの外といっていいくらいに充分な味付けで、期待通りに食べ応えもあり、しかもご飯のおかわりはどうかとまで訊ねてくれる。

意識に上る程に内心孤独を感じていたというようなこともないのだけれど、其れが商売であるとはいえ、知らない街で不意に此のような歓待を受けて、取り立てて気を引くようなものもないけれど、なんとなくこの街は好い処だなぁなどと思えてしまうのは、早合点ではあるのかも知れないけれど、こと此の料理屋においては、少なくとも事実なのである。

お食事処 みつおか定食・食堂 / 多田駅
昼総合点★★★★ 4.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀そば せいいち

2015年07月17日 | 京都
「田舎の、女の子。」

そして、目前に立ちはだかる其の石組みの段差というのは、あえて来る者に問いかける。わざわざこんな処まで、本当にこんな変わり者のわたしに会うためだけにやって来たのかと。

オシャレなカフェでいつか働いてみたかったという妻に、一度は自分の打った蕎麦をぜひ人に食べさせてみたかったという夫が合わせたのか、とにかく蕎麦屋を開きたいという夫に、カフェのような雰囲気でならばと、妻が無茶を通したのか、いずれにせよ、田園の続く幹線道路から細い農道を折れ曲がり、とても飲食店があるとは思えない其の雰囲気の中、ふと気が付くと、其処に小さく看板の掲げられた、蕎麦屋らしからぬ其の蕎麦屋が立ち現れる。

其れが古民家式や民芸調の建物だというのなら、そんな蕎麦屋、むしろ今時めずらしくも何ともない。だが此処は、一見、旧い田舎の民家でありながら、その実、内装は隙のないクールな雰囲気漂うカフェなのである。何と意表を衝かれる在り方なのだろうか。

だがしかし、此れが意外なことに結構流行っているというのだから、なお驚かされる。常連客の傍若無人な老人たちから、デートで来たのであろう若いカップルまで、ポリシーの伺えるような、実はそうでもないような、此のギャップのある緩さに、多くの客が群がってくる。程々に見目麗しく、しかし其の儚い美意識を人には求めない、そんな類の存在が、むやみに人に好かれぬ訳はない。

さらには、家族連れは勿論、熟年夫婦まで其の店内にはいるのだけれど、如何せん、オペレーションがまったくなっていない。オーダーの後先は勿論、やっと空いた食卓への誘導もかなり適当で、やんわりとながら苦情が出ているのが其処此処で目に付く、其れが非常に残念ではある。

やって来た蕎麦はというと、透明感のある水気の多いもので、瑞々しいと言って言えなくないのではあるけれど、人によっては張りがないと述べる者もきっとあることだろう。冷はそこそこ好いけれど、温は正直なところ人にお勧め出来るとは言い難く、蕎麦以外のものを戴くと、良くも悪くも家庭料理的雰囲気が強く伺える。

詰まる処、やはり突出しているのは其のクールなカフェ的内装であって、ふと、意外にセンスの良いワンピースを着た、しかし内面的にはまだまだ朴訥なばかりの田舎の少女を思わせる、そんな悪くない風情の、此処は蕎麦屋なのである。

銀そば せいいちそば(蕎麦) / 亀岡)
昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加