広島で芝居を楽しむためのブログ

広島での観劇レビューや日々思うこと徒然と。芝居で生の驚き、生の迫力、生の感動を多くの人に知ってもらいたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

公演名:トーチソングトリロジー

2006年12月14日 | 観劇レビュー
日時・場所:
 2006.12.12 19:00 アステールプラザ大ホール
作・演出:
 ハーヴェイ・ファイアステイン・鈴木勝秀
出演:
 篠井英介・橋本さとし・長谷川博己・奥貫薫・黒田勇樹・木内みどり
感想:
 3部構成3時間におよび
長編ならぬ中編芝居でした。
舞台装置も最小限ながら
一部ごとに変えていく
なかなかこった趣向のものでした。
1部では中二階に“生”ピアノがあり
浮いたオケピならぬピアピ!?状態。
2部では4畳半ぐらいあるベットが登場。
3部では四方を壁で囲みアパートの一室など
シーンに合わせて 場所の展開が見事で
1部1時間ほどの比較的長い
舞台構成もほとんど退屈を感じなかったのは
演出のテンポのよさだったのでしょう。
そういう点ではさすが賞を取っただけのことはあります。
でも、内容については相変わらず洋物なので
個人的にいちいちノレませんでした。
どうも海外の親子感、兄弟感、社会感が
いまだによくわかりません。
いっそNHKで深夜やっている
ファミリーやフレンドものだと
コメディタッチで大変わかりやすいですね。
また、今回は訳か演出に難があったようです。
話の節々で“かむ?”というか“つまる?”
セリフのよどみが異常に多かった。
その分ストーリーに入れないという
致命的な弱点を露呈していました。
演出やテンポはよかっただけに非常に残念でした。
また、訳が直訳っぽく
日本語で聞くと面白くない。
多分笑えるはずの箇所が間延びにしか思えない。
さらに日本語による遊び“笑い”の部分を
まったく作っていないのが一番の問題。
原作を大切にするのはわかるが
このままでは舞台として疑問が残るものになった。
書き忘れていた客層ですが
いつものミーハー層は完全になりをひそめ
完全にアダルティーな感じ。
ぱっと見でわかるほどの篠井英介のファンって雰囲気を
かもし出している方が多かったのが印象的。
冬だからなのか年齢層によるものかわかりませんが
みなさんシック?というよりダークな服飾でした。
そういえば開場の際長蛇の列になっていなかったうえ
当日券販売の方に列ができていたのが笑えます。
そういう方たちが多かったようです。
観客数は、最初から2階席を閉めていました。
しかし、1階席はほぼ埋まっていたのでオッケーということで。
役者は、上記の“よどみ”を除けばよいですね。
まぁ、若いおにぃちゃん二人はもっと勉強が必要ですが。
篠井英介は説明の必要もなくそのままですね。
みなさんの期待通りってとこで。
個人的一押しは橋本さとしですね。
いい!!あのときに見せるアメリカンコメディっぽさが
大変よかったですね。
体が大きいし大味な演技が洋物芝居にぴったり
舞台演出の中にもっとあれば
よりよい芝居になり橋本さとしももっと輝いたと思います。
奥貫薫は元気がよかったのですが
面白さも深みもなかったのがマイナス。
よい演技をしていただけにちょっと残念。
普通の芝居だったらもっと輝けるはず
今回の洋物アンド演出にやられちゃった感じでしょうか。
最後に総評としては
Cプラスかな!?
結構楽しく観れたので心の中ではBですが
“洋物”“よどみ”という点で
きびしい点になってしまいました。
でもちゃんと観られる舞台だったのは
脚本のよさと役者達なんだろうなぁ。
潜在的パワーは感じるけど
全般的に不発ってのが一番の問題だよなぁ。
ジャンル:
芸能
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公演名:フキコシ・ソロ・ア... | トップ | 公演名:THE WINDS... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つづいて (トム(snail-house))
2006-12-24 22:11:47
「トーチソング・トリロジー」の記事も作りましたので、リンクとトラックバックをさせていただきました。
ではでは。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
★「トーチソング・トリロジー」(2006/12/12) (ひろしば(広島演劇ひろば))
広島の観劇ブログのリンク集です。 (~ひとこと感想から辛口批評まで~) この記事では 「トーチソング・トリロジー」 (2006年12月12日@アステールプラザ 大ホール) について書かれたブログを集めました。 (基本的に、トラックバックを受付ている記事へ ...