goo

高級お風呂に行ってきました

2017-06-14 23:34:45 | ねぎとろ
この、駅徒歩10分前後にしては破格の家賃を誇る我が家。
正直、メシ食って寝るだけの空間なので、あまり大して不安は無いのですが
数少ない不安の1つとして

風呂が「バランス釜」であること。
築40年のボロ家ならではの欠点です。
水を張る→風呂釜ごと温める というプロセスを踏まねばならないらしいです。
やったこと無いんで分かりませんけど。


というわけでしばらくお風呂がご無沙汰だったわけです。
毎日シャワー。1人暮らしあるあるですね。

今日たまたま職場を早く上がれる日だったので、終業即退勤しまして
癒されようと、高級銭湯に行ってきました。
いや、決してやましい意味ではなく。ちょっと豪華な銭湯です。
某グリーメンは、演奏会後に行っていた桜木町の超高級銭湯を想像してもらえれば大体合ってます。あれのミニ版です。

いやー良かったです。
高級銭湯の良さ、いくつか挙げていきます。


手軽に非日常感を味わえて、リフレッシュできる
やっぱなんといってもでっかいお風呂。
普通は、修学旅行やサークルの合宿でしか味わうことがない、レアなものですよね。
それが、ちょっと贅沢なご飯くらいのお金出すだけで味わえるんです。
しかも時間制限なし。(もちろんCLOSEの時間はありますが)
露天風呂があれば、そこに浸かってその景色を楽しんでいるだけでひと月分の疲れはとれます。
この時期ですし、湯冷めすることもありません。

家よりくつろげる
個人的には、お湯ベッドみたいなやつ(語彙力不足)が好きでした。
仰向けになり、水面が穏やかになるまでジッとします。
穏やかすぎて、他の人が入ってくる時に水面が揺れると、その波をも感じられるくらいになります。
それだけに意識を集中していると、これまでの仕事とかやんなきゃいけないこととか色々が浮かんでは消え、だんだん頭の中が軽くなっていきます。

風呂上がりのコーヒー牛乳
そういやサウナあったんですよ。80℃の。
しかもちょっと豪華な銭湯なんで、ピーチの香りがしてたり、中にはテレビでドラマやってたり。
入って5分もすると汗がポタポタと流れ出して。
サウナって、吸う空気も熱いんですね。考えれば当たり前ですけど。
それが気になってきたあたりで、逃げ場ないじゃん、となって出てきました。
その後そのままかけ湯・シャワーの後に浴室を出て、着替えてから、ついにアレです。
そう、風呂上がりのコーヒー牛乳。
サイコーですね。
サウナで水分を枯らした身体の隅々まで染みわたっていく、コーヒー牛乳。
俺がコーヒー牛乳だ。
サイコーです。



といった感じですね。
平日の緩みがちな中日(なかび)に、楽しみを置いておくと色々捗りますね。

最近、天気が天気なので気持ちが上向かない日が続きますが
リフレッシュしながら夏を待ちましょう~~。

それでは!
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。