goo

従姉の結婚式に行ってきました

2017-05-17 23:45:55 | ねぎとろ
こんばんは、ねぎとろです。

秋篠宮文仁親王第1女子であらせられるところの眞子様が、ご結婚されるということで。
なんと大学の同級生と、「意見交換会」で知り合ったとか。
ちなみに、この意見交換会は合コンの上品な言い方、ってのはデマらしいです。面白い冗談ですね。

報道の方も大変加熱していて。
出勤、職場に到着するだけでニュースになる程。
果ては、ワイドショーにて昔やっていたブログの記事まで紹介される始末。


ちなみですが私、その妹君であらせられる佳子様とのご結婚を虎視眈々と狙っておりまして。誠に僭越ながら。
佳子様が通っておられる大学に潜入したこと……は無いんですけども。

もしここから紆余曲折を経て成婚した暁には、ニュース番組にこのブログの記事が紹介され、当団の知名度もうなぎ登りの滝登りでしょう。


さて前置きはさておき。

先日、従姉の結婚式に行って参りました。
従姉は昨年、横浜に転勤してきたばかりで。
結婚適齢期なのに今から人間関係ゼロから構築すんのって大変だなー、と思っていた矢先。あっという間のゴールインでした。

ちょうど1年前、シュビの演奏会が開催された前後に、「お姉ちゃんが横浜に引っ越すから、部屋の準備手伝いなさい」ということで伯母の命によって駆り出さました。
当日、「話が違うじゃん!」と北八王子からやってきた同い年の従弟と喚きながら、クロネコヤマトの段ボール中サイズ30箱にわたる本を本棚にひたすら詰め込んでました。
さすが文学部院卒。さすが国語の先生。
これ絶対1年に1度も読まんだろ、ってドデカい本も持っていくんですね。(偏見)
一次資料大事ですからね……。

その後、依頼主の伯母は「お金は出すから夜は美味しい物食べてきなさい」と言ってくれたので、従弟と話し合って、遠慮なく寿司食べ放題1人5000円の店に行ってやりました。それを聞いた伯母は笑ってお金出してくれたみたいでプチ安堵。

そこまでして準備した部屋も1年も経たないうちに引き払われて、従姉は旦那さんと新居で2人暮らしだそうで。
良いですねー。羨ましいです。

結婚式で見てきました、旦那さん。うちの親戚は口をそろえて「身長が高くてかっこいい(こなみかん)」
新郎のご家族も、母御さんを除いてみんな背が高かったです。
旦那さんは、有名人に例えるなら、侍JAPANの小久保監督のように、精悍な顔つき。
黙っていると凄い威圧感。しかし笑い方を見ると「このひと優しい人だ」と分かります。

旦那が7歳上という年の差と見た目の身長差はあり、一見おっとりしてそうな従姉ですが
伯母の気の強さ・几帳面さ・口の強さをしっかりと受け継いでいるので、家庭ではしっかり主導権を握ることでしょう。

披露宴。人生初めての披露宴でしたが、良いもんですね。
裏方の会場スタッフさんたち、慣れすぎて逆に気持ち悪かったですw
司会も盛り上げ方のツボを知り尽くしてる感じで。
僕だったらちょっとぎこちない、トラブってドタバタしてるくらいがライブ感があって逆に好感もっちゃいます。裏方病ですかね。

いつだか、映画のチケット取り間違えたのに逆に友達と盛り上がったのを思い出しますね。そいつも演マネでした。

シュビにも穏やかに結婚の風が吹いていると聞きますが、次はどなたなんでしょうね?
それでは!
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。