The Pleasure Dome

偏光式3Dディスプレイと3Dテレビでお楽しみください

COREL MotionStudio 3Dで立体文字のアニメーション・タイトルを作成

2012年03月15日 14時19分39秒 | 立体映像


3D 作品のタイトル作成に「COREL MotionStudio 3D」を導入。
今まではは古い…「Ulead COOL 3D Studio」を活用していましたが
このソフトを改良した「COREL MotionStudio 3D」を使用…
使い勝手の良さとレンダリングの高速化が
成されてれているので推奨したく思います。



Amazon.co.jpでは「MotionStudio 3D 通常版」が¥7,892…
「MotionStudio 3D 特別優待版(Ulead COOL 3D Studioユーザー対象)」が
¥5,618という販売価格になっており、私はコチラを購入。



「COREL MotionStudio 3D」は “3D ビデオファイルを作成” という機能があり
立体文字のアニメーション・タイトルを「サイド・バイ・サイド(ハーフ)」の
AVI仕様で出力できます。但し、作成時の「3D モニタ」は
“シアン/赤のアナグリフ形式”なので、アナグリフ・メガネが必要です。



Vegas Movie Studio HD Platinum 11.0またはVegas Pro 11.0で
活用する場合は「背景色」を“純粋な黒(R=0 G=0 B=0)”にして作成し
「アニメーションファイルを作成」の「GIF アニメーションファイル」で
出力します。下図で示す設定で「保存」を行います。



この作例では「背景色」を“純粋な緑(R=0 G=255 B=0)”にして作成し
AVI仕様のファイルで出力…「クロマキーヤー」で合成してみました。



タイトル文字の“浮き出し感”は「ステレオスコピック 3D 調整」を
適用します。「水平オフセット」の数値を “マイナス(−)側”にします。
作例では「水平オフセット」の数値を「-0.0053」に設定しました。



「COREL MotionStudio 3D」は実に多機能で、習熟するのに
長時間を費やすと思いますが、立体感のある金属的な文字の作成が
容易に行えます。また、「イージーパレット」に様々なオブジェクトと
エフェクトが数多く用意されておりカラフルでギミックな
3D アニメーション・タイトルを作成できます。





映像作家・幻 彩のホームページ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

CyberLink PowerDirector 10 の「2D-3D変換」は素晴らしい!

2012年03月04日 02時42分30秒 | 立体映像

閏年…2012年は366日…その2月29日、東京は夜更けからの大雪。
雪景色を「3D 撮影するチャンス」とばかりに、井之頭公園に出かけました。
散策しながらの撮影は SONY HDR-TD10 の方が使い易いと思います。
JVC GS-TD1 も魅力的ですが、どうにも私の手に馴染みません。



SONY の「三脚付きシューティング グリップ GP-AVT1」を
SONY HDR-TD10 に取り付けると革手袋をした状態で撮影ができます。
撮影の「スタート」「ストップ」そして「ズーミング」の操作が効率よく行えます。
JVC GS-TD1 にも取り付け可能ですが「A/Vリモート端子用」の
接続ケーブルがぶら下がりますので邪魔になり…実に厄介であります。
JVC GS-TD1 に「A/Vリモート端子用」が装備されていないのが誠に残念。

***************

私は今…Hi8 と miniDV で撮影した画像を
CyberLink PowerDirector 10 の「2D から 3D へ」という機能を活用して
「2D-3D 変換」を楽しんでいます。「720または854×480ピクセル」の画像を
「1920×1080」にアップコンバート( HD 高精細化)してから…「 3D 仕上げ」。



1万円程度のソフトウェアで「そんなことが可能なのか?」と疑問を
抱く方が多いと思いますが、本当に…可能…なのです。

先ず、作業としては「720または854×480ピクセル」の画像に
「ビデオエンハンスメント」を掛けて「2D のAVCHD」で出力します。



タイムラインの画像を「削除」して、HD 化した画像をタイムラインに載せます。
そして、「パワーツール」の「2D から 3D へ」という機能を適用。
この機能を活用する時は他のエフェクトは一切加えないことが肝心です。

「出力」で「 3D 」を選択し、「H.264 AVC」をクリックします。
“ 3D Blu-ray Disc ”で仕上げる場合は「AVCHD 1920×1080 24P」にします。





映像作家・幻 彩のホームページ


この記事をはてなブックマークに追加