The Pleasure Dome

偏光式3Dディスプレイと3Dテレビでお楽しみください

Panasonic HDC-Z10000の続報!

2011年09月29日 07時06分51秒 | 立体映像

既に海外のAVマーケットでは超話題になっている
Panasonicの最新機種…HDC-Z10000が間もなくデビュー。



プロのカメラマンもこれなら納得…
「アイリス」「ズーム」「フォーカス」がリングで
調整できるのです。民生用とは思えない!



外部音声入力がXLRコネクター。
「LINE(0dB)」「MIC(+48Vファンタム装備)」の
セレクトができるのです。
もちろん、5.1chサラウンドマイクを装備。



上記は録画フォーマットです。


映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/



この記事をはてなブックマークに追加

PanasonicのHDC-Z10000が登場!

2011年09月28日 04時14分59秒 | 立体映像

10月4日~8日に幕張メッセで開催される
CEATEC JAPAN 2011でPanasonicのNetwork AV Zoneが
私にとって興味津津のブースです。



この秋、最も期待できるStereoscopic 3D HDカメラ…
HDC-Z10000が展示される予定なのです。
一見業務用かと思わせる風貌に唖然としますが民生用です。

HDC-Z10000は「3mos x 2」のStereoscopic 3D撮像が魅力。



被写体まで約45センチの近接Stereoscopic 3D撮影が可能です。




映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/


この記事をはてなブックマークに追加

SONY HDR-TD10のズームとガンマ補正

2011年09月25日 16時47分32秒 | 立体映像

SONY HDR-TD10はStereoscopic 3D撮影で
光学10倍の“ズーム”機能を持つのが魅力です。
35mmカメラ換算では34.4 mm ~ 344.0 mm(16:9)の
画角変化が得られます。作例では手持ち撮影なので
約7.5倍程度のズームを試みました。



「手ブレ補正」を“アクティブ”にして撮影しました。
三脚を使えば「手ブレ補正」を“切”にして
更なる「寄り」が高解像で得られた筈…残念。

SONY HDR-TD10は多少…「黒浮き気味」なので
私はVegas Pro 10.0eの「色補正(セカンダリ)」を活用して
“ガンマ”の補正を行っています。



「黒~暗部」をしっかりさせると立体感が増します。





映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/

この記事をはてなブックマークに追加

SONY HDR-TD10の手ブレ補正について…

2011年09月23日 07時09分24秒 | 立体映像

2011年6月1日にSONY HDR-TD10を購入して早くも4ヶ月になります。
草花、風景などをスナップし易く使い勝手が良いカメラです。

吹奏楽団の演奏会、フラダンス・スタジオの発表会、阿波おどり
そして祭の神輿など…機会あるごとにSONY HDR-TD10を活用しています。

SONY HDR-TD10は「手ブレ補正」をモードを使い分けましょう。

● アクティブ…強い手ブレ補正効果があります。
但し、画角がクロップされ多少解像度が劣化します。
持ち歩きながらの撮影とズームの「寄り」で使います。



● スタンダード…比較的安定した状態が得られます。
アクティブよりも画角が広くなり解像度が良くなります。
通常、この「スタンダード」にしておきましょう。



● 切…手ブレ補正機能を使わない時に選択します。
特に三脚を使って撮影する時は必ず「切」にしましょう。
基本的な画角と解像度が得られます。





映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/

この記事をはてなブックマークに追加

Blu-ray 3D規格はMVC1080/24pとMVC720/60p…

2011年09月22日 06時15分13秒 | 立体映像

Vegas Pro 10.0eは“Blu-ray 3D”のディスク作成が可能です。

SONY HDR-TD10のStereoscopic 3Dで撮影した画像は
1920x1080ピクセル 29.970 fps インターレースのMVC仕様で
そのままでは“Blu-ray 3D”の規格…MVC1080/24pとMVC720p/60pに
該当しませんが、Vegas Pro 10.0eは1920x1080, 23.976 fpsと
1280x720, 59.940 fpsの「プログレッシブ仕様」で編集が行えます。



MVC1080/24p…風景、草花、人物、ドラマ等、画質重視のコンテンツに使います。
MVC720p/60p…スポーツなど動き重視のコンテンツ向きで画質が劣ります。

“Blu-ray 3D”のディスク作成は64ビットWindows 7 Professionalで行うことです。
32ビットWindows XP Professionalではレンダリング処理に長時間を費やし、
途中で「停止」という不具合が生じます。64ビットWindows 7 Professionalでも
レンダリング処理に長時間を費やします。これは覚悟すべきです。



約10分間のコンテンツは約1時間超の処理時間…
上は約56分間のコンテンツ例です。仕上がりに約10時間超を費やしました。
より速くするにはCPUを最新の高速タイプにすべきかと思います。


映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/

この記事をはてなブックマークに追加

TD-10に32GBのSDHCカードでメモリー容量を増やす…

2011年09月19日 12時56分07秒 | 立体映像

SONY HDR-TD10は64GBの内蔵メモリーに収録しますが、3D撮影での最長録画時間は
5時間15分が限度。コンサートの収録でリハーサルも含めると「メモリーが足りない」という
深刻な事態になることがありました。そこで「32GBのSDHCメモリーカード」を入れました。
32GBのSDHCメモリーカードは3D撮影での最長録画時間は2時間30分であり
増設としては充分です。私は「Transcend SDHCカード 32GB Class10」を
Amazon.co.jpで買い求め(4,321円でした)、実装しました。



9月19日に地元の大宮八幡宮で「秋の大祭」で恒例になっている神輿合同宮入りの様子を
SONY HDR-TD10で3D撮影をしました。昨年はSONY HDR-SR12を2台使用して3D撮影を
行いましたが結果は惨憺たるもの(苦笑)で、今回は正にリベンジです。

今回の3D撮影は実に「らくちん」でした。そして結果は上々…満足しています。
多少の暗がりも「それなりに暗く」、ノイズの少ない画像がえられました。



今回は実装した「32GBのSDHCメモリーカード」を記録メディアに指定してみました。
夕方…6時頃から夜8時半のイベントをタップリ収録できました、



大宮八幡宮 秋の大祭 神輿合同宮入りの3D動画…
http://www.youtube.com/watch?v=dcaJVjZ8ppQ

映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/

この記事をはてなブックマークに追加

Vegas Pro 11が10月に発売されるらしい…

2011年09月18日 15時06分33秒 | 立体映像

32bit Windows XP Professional SP3ではまともにStereoscopic 3Dの編集ができない
「不完全な内閣」…のごとくのVegas Pro 10.0eが終焉を迎えようとしています。

Vegas Pro 11が10月に発売されることになり、そのアップグレードに
約3万円の出費を覚悟しなければなりません。Vegas Pro 10.0eが不完全な状態のままで
「Vegas Pro 11にご期待ください」…ということは全く筋が通りません。

これでは、魅力的なマニフェストを掲げて多くの国民を欺いた民主党と同じであります。
Stereoscopic 3DのMVCに対応…なのですが、64bit Windows 7 Professional SP1でも
何の前触れもなく「応答なし」になります。
2D動画の編集でも動作が「停止」することが多々あります。

編集作業の途中で度々「保存」をクリックしなければ安心できません。
この精神的苦痛を解消してくれる「優良品」に成長させるのは
Vegas Pro 11ではなく「Vegas Pro 10.0f」にするメーカーの努力が必要かと思います。



Stereoscopic 3Dの編集機能を強化した…と述べていますが、安定性はどうなのでしょう?
私が幾度も改善を要求してきたものが叶っているのでしょうか?


映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/

この記事をはてなブックマークに追加

ステレオスコピック3D調整と3D奥行き調整

2011年09月08日 10時41分24秒 | 立体映像

SONY HDR-TD10の「ダイアル設定」に“3D奥行き調整”があります。
撮影時に…立体感/奥行き感…を調整できる機能ですが“無効”にしましょう。
この機能を使わない方が自然な立体感が得られます。



YouTube 3Dにアップロードした作品の幾つかに“3D奥行き調整”を使用したものがあり
左右の画像がズレが「開き過ぎ」で、立体感が不自然…という失敗をしました。
失敗した作品は後に削除しておくことです。

前回でも述べましたが…
このように大きなズレを作って収録してしまった場合は
Vegas Pro 10.0eまたはVegas Movie Studio HD Platinum 11の
「ステレオスコピック3D調整」を使って補正しましょう。




これはズレを補正してからアップロードしたものです。
下記をクリックしてご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=4WOJP0zS1Ho

これは失敗作…補正していない作品です。
http://www.youtube.com/watch?v=MsqkCJqjh8Q

映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/


この記事をはてなブックマークに追加

ステレオスコピック3D調整で補正…

2011年09月05日 17時59分59秒 | 立体映像

SONY HDR-TD10でStereoscopic 3D撮影を行う場合は予め…
「3D奥行き調整」が“無効”になっていることを確認しましょう。
実は、私自身が失敗したのです。

2011年8月28日…高円寺阿波おどりで熱演する舞蝶連を3D撮影した際に
「3D奥行き調整」が“無効”にしていなかったらしく「3Dステレオベース」が
最適になっておらず、写真で示すように左右の画像が開き過ぎでした。
SONY HDR-TD10は「3D奥行き調整」を使わない方が良好な立体感が得られます。

そこで、手直しです。Vegas Pro 10.0eの「ステレオスコピック3D調整」を活用して
適切な立体画像が得られるように補正しました。



この補正では「プレビュー」を“差分”に設定して…奥の部分が滑らかになる…ように
「自動補正」をクリックした後、「水平オフセット」を調整します。



下の写真は補正後です。



「3D HD 高円寺阿波おどり 2011 舞蝶連 補正版」をご覧になってください。
http://www.youtube.com/watch?v=Gg4xNsJWT78

映像作家・幻 彩のホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/



この記事をはてなブックマークに追加

YouTubeにアップロード…

2011年09月04日 15時27分40秒 | 立体映像

SONY HDR-TD10で撮影したStereoscopic 3Dの作品をYouTubeにアップロードしたい…
このようにご希望ならばSONY HDR-TD10に付属している「PMB」を
活用するのが早道ですが、細かい編集とタイトル文字挿入ができません。

SONY HDR-TD10のファイル・フォーマット“AVCHD V2.0 3D MVC”に対応している
Sony Creative Softeare.Inc.のVegas Movie Studio HD Platinum 11(build 247)が
約1万4,000円…と、低価格ですが、Windows XP Professional SP3ではまともに使えません。

64bit Windows 7 Home PremiumまたはProfessional SP1のシステム環境を推奨します。
しかし、編集の途中でフリーズしがち…不安定なソフトウェアです。

YouTube 3Dに投稿するために「ムービー作成/YouTubeにアップロード」は初心者にとって
便利な機能と思いますが、レンダリングは“.mp4”形式になり、レンダリングが済むと
自動的にアップロードがスタートします。しかし、アクシデント発生です。



「再試行」もできません。「保存」でレンダリングが済んだファイルを保存して
YouTubeに直接アップロードを試みたら…



…という表示。何とも面倒なことのようなのでアップロードを中止してしまいました。
そこで“Windows Media Video 11”の形式でレンダリングを行ったら、何と「3%」の箇所でフリーズ。
幾度もレンダリングに取り掛かりましたがフリーズしてしまいます。
つまり、Vegas Movie Studio HD Platinum 11(build 247)は使い物にならない…というワケです。

結局、私が手馴れているVegas Pro 10.0eを使って編集し
“Windows Media Video 11”の形式でレンダリング。完成した“.wmv”ファイルをアップロードしたのです。
約6分超の作品をレンダリングするのに45分間、アップロードに約1時間を費やしました。
私がお気に入りの「舞蝶連」をお楽しみください。

映像作家・幻 彩のStereoscopic 3D Archivesシリーズ
「3D HD 高円寺阿波おどり 熱演!舞蝶連」
http://www.youtube.com/watch?v=xL_aYN4wD9M
「3D HD 高円寺阿波おどり 2011」
http://www.youtube.com/watch?v=vv2XOAHluvU

映像作家・幻 彩のオフィシャル・ホームページ…
http://members3.jcom.home.ne.jp/the_pleasure/


この記事をはてなブックマークに追加