The Pleasure Dome

偏光式3Dディスプレイと3Dテレビでお楽しみください

SONY FDR-AXP35 を 2 台使う 4K-3D 撮影に手ブレ補正が有効

2015年10月10日 07時56分01秒 | 立体映像





4K ハンディカム SONY FDR-AXP35 の 「 手ブレ補正 」 は
“ 撮像素子を含めた光学系全体の配置・バランスを、空間に浮いているかのように保つ
空間光学手ブレ補正を採用、ブレない安定した映像を実現 ” …とのこと。



「 手ブレ補正 」 を有効にすると、カメラ本体への振動と傾きなどに応じて
レンズがフラフラと漂って動く様子が見られます。果たして、このレンズの動作…
2 台の FDR-AXP35 で撮影する 4K-3D にも有効か…?
実際に試してみました。極端にカメラを振り回すと破綻をきたしますが
歩きながらの移動撮影では破綻なく、安定した立体映像が得られました。



SL D51 が展示されている善福寺川沿いの 「 交通公園 」。





杉並区の大宮八幡宮で撮影した「 十月桜 」。



「 七五三 」… この境内が賑やかになることでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SONY FDR-AXP35 を 2 台使用... | トップ | アナログ・ビデオの画像を高... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む