the morning star ~明けの明星~

日本でも世界でも、子どもたちが安心して幸せに暮らせるように・・・☆ と願う活動主婦の日記(広島県三原市より発信中)

「お寺のがっこう 1学期」 ~冬眠からの目覚め☆

2017-01-05 05:06:04 | 三原サポーターズ
新年の三が日が過ぎました。
ニューイヤー駅伝もおもしろいけど、
箱根駅伝の感動は格別ですねー
過酷なレースだから?若いから?限られた4年間しか挑戦できないから?
理由は様々あるのでしょうが、心動かされるものがあります。

その箱根駅伝3連覇と駅伝3冠という史上初を監督として成し遂げた
青山学院大学の原監督は三原のご出身!
とっても誇らしいです!!!
三原市での講演もしていただいています。
これから日本陸上界でさらに責任を担われ、お忙しくなられるでしょうけれど、
陸上の指導、そして陸上に留まらない「人材育成」の面で、
三原市にもご尽力いただけることを願っています。

原監督の中学生時代に、養護教諭を担当しておられた先生が、
今は青少年支援相談員をしておられて、
子ども達の心のことをお話しされる講座で、
原監督の中学生の頃の、かわいいお茶目ぶりも話しておられました。
そんなお二人の対談もしてもらえたら嬉しいなぁ~♪

教育、人の指導って、本当に難しいのは、
「今」「表面」では、わからないことが多いこと。
三原市の教育が
「今」や「表面的な数字」などでは分からないことを、
しっかり見つめられる教育であってほしいと思っています。

 * * *

前置きが長くなりました(^^;)

書きたかったのは・・・
瀬戸内三原 築城450年事業「みはらWEフェス」のイベント「お寺のがっこう 1学期」

とっても楽しそうで、ステキな企画だなぁ♪と思っています。

人って、やっぱり「成長したい」「認められたい」気持ちがあると思うのです。
でも、
その努力が億劫だったり、
始めるきっかけを掴めなかったり、
費用対効果、やってどうなる? を考えちゃったり、
「やってみたい」
「できるようになったらいいな」
っていう自分の声を、きかないフリをしてしまったり(苦笑)

着物を日常的に着るようになって、よく言われる
「着物、着たいけど着れないんです」
っていう言葉もそう。
「着れないけど、着たい!」
って、思考を転換できたら、人生が変わるよ!って思うのです。
(着物は一例としてあげただけです)

どんな小さなことでも、
1人ひとりの
「やってみたい」
「できるようになったらいいな」
が実現できていくといいな♪
小さなチャレンジを応援できる三原のまちにしていけるといいな♪

冬眠中の気持ちにお目覚めを☆
そして、
タンスの中で冬眠中のお着物たちにも、お目覚めを☆
勝手にそんな思いを感じているイベント企画です☆

体験できることは
・着物着付け講座(約60分)※着物は持参orレンタルいずれでも
・着物を着させてもらう(約20分)※同上
・風呂敷講座(約15分)
・願掛け・写経(約30分)
・自力整体(約90分)
など

瀬戸内三原 築城450年事業「みはらWEフェス」のイベント「お寺のがっこう 1学期」


●開催日時
2017年1月7日(土)10:00〜15:00
2017年1月8日(日)10:00〜18:00
2017年1月9日(月)10:00〜15:00

●開催場所
法常寺/ほうじょうじ (広島県三原市西宮1-8-1)

●駐 車 場:有り(台数に限りあり)



詳細は、こちらの主催者さんのウェブサイトがとってもわかりやすいです!
http://www.komatsugarami.com/single-post/2016/12/01/fudeko1


Facebookのほうが良い方はこちら
https://www.facebook.com/events/383836391961159/



たくさんの方が、楽しい学びの時を過ごされますように

私も願掛け写経をしてみようかな~



『広島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017謹賀新年 | トップ | 男らしさ、女らしさって必要? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三原サポーターズ」カテゴリの最新記事