PAPER MOON

once upon a time

僕の腕をすり抜けて

2017-06-14 01:07:50 | flower
果たして何のために頑張っているのか、などと哲学的な、むしろ負け犬的な悲劇のヒロイズムが擡げる。


つまりは常住坐臥、反省と努力を重ねるしかないという事だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 強くなれたってその姿を見せ... | トップ | どんな小説や音楽だって »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。