秋田県横手市増田町 千葉建築のブログ

秋田県の県南、横手市増田町の工務店、(有)千葉建築のブログです。
よろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遅霜と世界遺産

2010-05-15 08:44:50 | こよみ
5月15日(旧暦4月2日 五黄 大安 乙丑)


おはようございます。横手市増田町の工務店、千葉建築です。

寒さもようやく収まりそうです。横手市は今は曇っていますが、午後にかけて晴れになるとの予報です。


女性の方には失礼な言葉かもしれませんが、「女心と秋の空」というように、天候の変化は女性にたとえられる場合があります。

アメリカでは、ハリケーンに女性の名前を付けたりもしています。

こよみのページで今日について調べてみると、「聖ソフィアの日」というものに当たっていました。

「天候をつかさどるやさしい聖女の日。5月の寒暖の激しさに体調を崩さないように注意すること」

といった内容が書かれていました。この聖女は、遅霜を抑えて植物の生育を見守る面も持っているとのことです。


今年は聖女の力が若干弱いようで、農作物の管理や体調管理が大変になっています。

日本では、「八十八夜の別れ霜」というように、5月2日の八十八夜以降は霜の心配が少なくなるとのことですが、昨日は山あいで雪となったりと、珍しい年になっています。


さて、聖ソフィアの話に戻ります。

建築に携わるものとして、ソフィアといえば、ソフィア聖堂というキリスト教の建造物を連想します。

トルコのイスタンブルにあるアヤ・ソフィアというモスク(イスラム教の寺院)は、元はハギア・ソフィア大聖堂というキリスト教の寺院を改修したものです。

はるかローマ帝国時代後期の4世紀ごろに建設され、幾度の破壊と再築を経て、今は世界遺産として存在しています。

また、今から約1000年前に建てられた、ウクライナのキエフにある聖ソフィア大聖堂は、18世紀の改修時そのままの姿を見せており、これもまた世界遺産となっています。

アヤソフィア JTB旅のモデルプラン

聖ソフィア大聖堂 ウクライナ観光案内

実物は見たことがありませんので、予算面などのハードルは高いですが、ぜひとも行ってみたいものです。


補助金やローンなどのご相談も承ります。
お問い合わせ先

有限会社 千葉建築

〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字伊勢堂南6-4

電話 0182-45-2325 FAX  0182-45-2304
携帯 080-1837-5342

mail kchiba@poem.ocn.ne.jp
『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の横手市の最高気温 5... | トップ | 芭蕉と旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界遺産が大スキ (KA0rinri(^ω^))
行ってみたい世界遺産など・・・