goo

ネパールの子供たち


Singa Tatopani

ネパールにはインド系の人とチベット系の人がいます。インド系は彫りが深くて浅黒い。チベット系は懐かしさを思い起こさせる顔。つまり日本人に似ています。どうやら僕はチベット系ネパール人に見えるらしく、もうこれは頻繁なんてもんじゃないくらいネパール語で普通に話しかけられます。対してミサは明らかに異国人顔なんだとか。



いっそのことネパール語でも憶えようかとも思いますが、いかんせんこの歳では記憶力が追いつかんのです。



↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

灼熱のインド


Ahmedabad, Gujarat

先日、インド・ラジャスタン州で国内史上最高の51℃を記録したそうです。
我々が2月・3月と旅したグジャラート&ラジャスタン両州はインドでも特に酷暑で有名なのですが、3月はせいぜい35℃くらいであり、「暑いのぉ…」と言って文句を垂れる程度でした。それが今では51℃ですか。6月にはさらに記録更新の可能性もありますね。



思えば首都デリーで観測史上最高の47.8℃を記録したのが2年前の6月であり、昨年もインド全土を熱波が襲い連日50℃近くまで上昇して死者2300人超なんてニュースもあったわけで、なんだか年を追うごとに酷暑ぶりが加速しているような気がします。みんな元気かなぁ…

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ネパールのローカル湯治場


Singa Tatopani

火山の無いネパールにも温泉があります。ヒマラヤ南麓を東西に走る地下断層の運動で摩擦熱が生じ、それによって湯が発生するんだとか。そんなタトパニ(熱い水=温泉)がネパールやインド北部に点在しています。ほとんどのタトパニは徒歩でしか行けないような山奥にあるため旅行者が気軽に行けるのは数が限られているのですが、8167mのダウラギリ峰からの雪解け水が流れるミャグディ川沿いにあるここシンガ・タトパニはネパール中から湯治客が訪れる名湯です。

屋根付きの大きな露天風呂があり、白濁した湯には黒塩や天然の抗生物質まで含まれているそうで泉質は非常に強力。近くには湯治客向けの簡素な宿や飲食店が軒を連ねており、まるで巡礼地のような非日常の雰囲気と相まって、これぞ湯治場!という雰囲気を醸し出しています。



ポカラからオンボロバスを乗り継いで凸凹道をえっちらおっちら来る必要があるので僻地であることは間違いなく、主要トレッキングルートからも外れているため外国人旅行者はごく僅か。ローカルな雰囲気たっぷりの湯治場なのです。数年前までは電気すら通っていなかったそうですが今では微弱ながらWifiも使えます。



特に悪いところも無く今のところ健康な我々ですが、湯治というよりも湯治の雰囲気を楽しもうということでやって来ました。残念ながら浴場の写真はありませんが、短パン(女性はさらにタンクトップ)とマスク着用がルール。短パンは分かるけどマスクって何よ?意味がよく分かりませんが、ネパール人はどこでも痰を吐くのでそれを防止する意味があるのかも知れませんね。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ポカラは雨季の始まり


Pokhara

カトマンズからバスで西へ7時間半。観光地ポカラにやって来ました。
亜熱帯地方に属するポカラは夏の間は大量の雨が降ります。今はその雨季の始まりにあたる季節。午前中こそ晴れますが午後になると一気に雲が広がってスコールが降ります。しかもその降り方がえげつない。ヒマラヤもごく僅かな時間しか見えないので観光旅行で来るにはなかなか難しい季節ですね。



1枚目は朝日。2枚目の写真は奇跡的に夕方晴れ間が覗いた瞬間に撮りました。奇跡です奇跡。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

カトマンズ盆地は古都だらけ


Patan

カトマンズ郊外はとにかく見どころが多く、どこもかしこも非常に面白い。というわけで今日はケンちゃん&チエちゃんと共にGWの小旅行で訪問した街の写真をいくつかご紹介します。街の詳細な紹介は省略するので目で感じてください。単に面倒なだけですが。
まずはカトマンズ盆地最古の都市パタン。世界遺産となっているダルバール広場よりも路地の何気ない風景の方がよっぽど歴史を感じます。


Kirtipur



ネパール語で「栄光の都市」という名を持つキルティプル。今回初めて行きましたが、こちらもなかなか面白い街でした。


Changu Narayan

そしてネパール最古のヒンドゥ寺院を擁するチャング・ナラヤン。寺へと続く石畳の参道が趣深いですね。

カトマンズ盆地に点在するこうした古都に数日間滞在してじっくり歩いてみたいわけですが、いかんせん宿設備が非常に貧弱。特にこのチャング・ナラヤンではシャワーどころか水ですら満足に使えない宿に泊まったため、5時間半にわたるトレッキング後の汗まみれのまま寝るはめに。こうなると軟弱な我々としては1泊が限界です。でも皆でワイワイと泊まる木賃宿も楽しいものです。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

Macbookお掃除ビフォー・アフター

2ヶ月ほど前からMacbookの調子がどうも悪く、写真編集をしていると一気に熱を帯びてファンの音がブンブンと唸り、みるみるバッテリーが減るようになってしまいました。しばらく誤魔化しながら使っていたのですが僕にゃ原因も解決法も分からないので、PC関連師匠(兼カメラ弟子)のチエちゃんに相談したところ、GWにお掃除キットを携えてカトマンズまで颯爽と飛んできてくれました。実に頼もしい。

Macbookの裏ブタを外した瞬間、「わ〜!何じゃこりゃ〜!」



写真ではイマイチ伝わりませんが、何年も野ざらしで放置されていたかのような埃っぷり。このMacbookを使い始めてからわずか1年半ほどですが、その間にこれだけの埃が溜まっていたことを知って愕然としました。でも考えてみれば当たり前なんですよね。なにせインドやら東南アジアやらを埃にまみれて旅していたわけですから。

その見事な汚れっぷりに驚きの声を上げて記念写真を撮ったあと、チエちゃんが持参してくれたスプレー式のエアダスターを使って徹底的に洗浄しました。



何ということでしょう!
頑固な埃を完全に取り去ることは不可能でしたが、見違えるように綺麗になりました。動作もほぼ完璧に元通り。これからは出来る限り屋内で使用することを堅く決意した次第。こうして様々な人の知恵を拝借しながら旅は続いていくのです。感謝感謝。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

歴史の街バクタプル


Bhaktapur

カトマンズ盆地で一番好きな街バクタプル。昨年の震災によって歴史的建造物の多くは崩壊してしまいましたが、その程度で雰囲気が壊れるようなチンケな街ではありません。いくら歩いても歩き足りない、魅力溢れる古都なのです。



↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

カトマンズ盆地を小旅行


Nagarkot

GWを利用して旅仲間が遊びに来てくれました。せっかくなのでナガルコット⇒チャング・ナラヤン⇒バクタプルと1泊ずつしながらの小旅行へ。曇天でヒマラヤを眺めることは叶いませんでしたが、行き当たりばったりが故の結果オーライな楽しい思い出がたくさん出来ました。
チエちゃん、ケンちゃん、ありがとね。


Changu Narayan




遊ぶのに忙しくて写真もロクに撮らずブログも完全に放置してしまいましたが、これから徐々に頑張ります。



↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

ゴールデンウィーク@カトマンズ


Kathmandu

GWは相次いで旅仲間がカトマンズにやって来ます。
基本的にノンビリとではありますが、楽しんでまいりましょう。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

カトマンズの現代っ子


Kathmandu

宿泊中のBlue Mountain HomestayのオーナーBhudi氏の娘サムラギちゃん10歳。
ある晩、恐ろしく大はしゃぎしているのでどうしたのかと尋ねたところ、パパに頼んでフェイスブックのアカウントを作ってもらったそうな。それが嬉しくて嬉しくて。パパのスマホを独り占めして飽きることなく眺めていました。
僕の最年少のフェイスブック友達です。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ