goo

南ベトナムの漁網修繕が見たいのだ


Bac Lieu

以前ナショジオか何かで南ベトナムの漁網の修繕風景の写真を見たことがあって、僕もぜひ見てみたいと思っていました。その写真が撮られた場所がバクリュウ省というところまでは分かっていたものの詳細な場所がどうしても分からない。漁網というくらいだから海の近くか河口だろうと見当を付け、バイクを借りて走り回りましたがドドーン!と日に焼けただけで終了(笑)

漁網の修繕をやっていることはやってます。でもナショジオで見たような見事な風景ではなく、なんともこじんまりとした感じでした。でもそんな日常風景ってのも良いものですね。というわけで上の写真はそのこじんまりとした修繕風景です。

【タシデレの公式フォトギャラリー】⇒ tashidelek-nakata.com

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

メコンデルタで最も陽気な街


Soc Trang

バリ島からベトナムに来て一番ビックリしたのが「ベトナム人って笑わんなぁ」ということでした。いやベトナムは何回も来てるので知ってはいましたが、バリ人があまりに陽気だったもんでギャップが凄かったのです。ベトナム人ってシャイなんですよね。あんまり写真を撮られるのも好きではないし。

しかしメコンデルタにあるソクチャンという街にはとっても陽気な人々が多く、明らかに他の街とは異質な雰囲気です。もともとクメール人(カンボジアの90%を占める民族。要するにカンボジア人)の支配地域だったこともあり、クメール人が多く住む街としても知られているのでそのせいもあるのかも知れません。


メコンデルタの街にはあちこち行きましたが、街歩きの面白さはソクチャンが個人的にトップクラスです。

【タシデレの公式フォトギャラリー】⇒ tashidelek-nakata.com

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

メコンデルタの豪雨


Soc Trang, Vietnam

豪雨の撮影ってのは実に難しいものです。なにせ散歩していて突然ポツポツ…ダダーッ!と降ってくるもんだから、慌てて雨宿りしたところが強制的に撮影地となります。背景なんぞ考える余裕もありません。

僕自身ヘタレなので雨の撮影ってのはふと考えるとほとんどしたことがない。いったいどのくらいのシャッタースピードにすれば雨っぽくなるのか。はて…?

色々試してはいたのですが、ISOを上げて待ち構えている時にちょうど良い被写体(ベトナムと言えば三角笠ね)が通ってシャッターを押したのがこの写真。1/1000秒で撮ったのでなんだか雪みたいになりました。後で見返してみると、被写体をブラさずに雨粒感を出すにはどうやら1/100〜1/200秒が適当なようです。意外と面白いのでまたいつか豪雨に遭遇したらチャレンジしてみます。

というわけで日々勉強です。

【タシデレの公式フォトギャラリー】 tashidelek-nakata.com

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

雨季のメコンデルタ


Vinh Long, Vietnam

7月のベトナム南部は雨季真っ盛り。さっきまで晴れていたかと思うといきなりダーッとバケツを引っくり返したような雨が降ります。日にもよりますが、一日に何度もこうしたスコールがやって来る日は本当に大変。去年はもう少し晴れ間が多かった気がするんだがなぁ。


【タシデレの公式フォトギャラリー】 tashidelek-nakata.com

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

公式フォトギャラリーが完成…かな!



ついに僕の公式フォトギャラリーが完成しました。⇒ tashidelek-nakata.com
スマホやタブレットの最適化はしていませんので、ぜひPC画面でご覧になってください。

弟子のシン君に丸投げ…いや手伝ってもらいながらふと気づけば1年半。「ギャラリー作りたいよね」と言い始めた時は、サイトを構築するということがこんなに難しいものだとは思っていませんでした。世の中にはこれだけ色んなサイトが溢れているわけですし、素人にもサクッと出来るだろうと。でも甘かったなぁ。何度挫折しそうになったことか。現時点では完璧に満足のいくギャラリーにはなっていないのですが、これからボチボチと改良できるところはしていきたいと思っています。随時更新予定なのでお気に入り登録していただけると幸いです。

何よりまずはもっと写真を撮らなければなりませんね。気持ちを新たに頑張ります。

ブログの方もサボらずに頑張ります(笑)

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ベストストリート写真に選出されました



一時帰国を終え、現在バリ島にいます。
日本にいる時は常に「誰かの家に泊まっている」という状態でしたのでフワフワした感覚が続いていました。もちろん今も安宿に泊まっているので状況としては同じなわけですが、このアジア安宿生活こそが現在の僕にとっての日常。まったくもって不思議な感覚ですね。

さて少し前の話になりますが、500px ISOというサイトにて僕の写真が2017's Best Street Photographyに選出されました。
コチラ



「芸術作品」としての一枚というより、「ドキュメンタリー」としての一枚ですかね。こういう写真が選出されるのはとても嬉しいのですが、いかんせんこれを撮るには多大なる覚悟が必要です。カトマンズ名物の砂埃の中でじっとシャッターチャンスを待つわけですから、当然ながら身体もカメラもホコリまみれ。これを撮ったカメラとレンズは売却してしまいましたが、次に使う方ゴメンナサイ…

新機材は防塵防滴仕様なのでそこそこ大丈夫でしょう。でも手入れをしっかりしないといかんですね。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ついにカメラを新調する



新しい機材を導入すべく悩みに悩んだタシデレさんですが、ようやく入手することが出来ました。
結果的にすべてGIさんのお下がりです(笑)

ボディはEOS5Dmark3、レンズはEF24-70mmF2.8LⅡとEF16-35mmF4L。ボディは型落ちとはいえ今なお世界の第一線で活躍する機種ですし、レンズに至ってはズームの最高峰とも言うべき2本なわけです。今まではAPS-Cに安レンズを付けていたので気楽に撮っていましたが、これからは一切の言い訳が出来ないというか、これで撮れなきゃ僕の腕の無さとしか言いようがありません。市場価格よりもだいぶお安くしてもらったとはいえ、今の僕にはまさに清水の舞台を3回飛び降りる決断。こりゃ頑張らんといけませんな。

機材に関してはいつも友人に助けられております。GIさんに感謝感謝。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

一時帰国


Osaka

3年半ぶりの一時帰国。やはり日本は綺麗ですね。空は青く澄み渡って道路は綺麗で歩きやすい。やっぱ日本はいいなぁと思いますが、それと同時に心のどこかでアウェイ感があります。言葉ではなんとも説明しづらい不思議な感覚です。



現在は大阪滞在中。わざわざ岡山から旧友が遊びに来てくれたり旅仲間が集まってくれたりと、楽しい日々を過ごしています。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

1x.com掲載 56枚目


Kolkata

審査制写真サイトの1x.comは基本的に年会費が必要です。年会費を払うと週10枚だかを投稿出来るようになり、それが審査に通るとギャラリーに掲載される仕組み。数年前は世界最難関なんて言われてましたが今はどうなんでしょうかね。相変わらずハイレベルな写真が並んでいるので目の保養にはなりますよ。

僕は数ヶ月前に契約が切れて現在は無料会員です。どういうレギュレーションなのか知りませんがたまに投稿できるので、ふと気が向いた時に投稿するという状態が続いています。投稿数は今年に入って4〜5枚といったところでしょうか。そんなユルユルな状態ではありますが久々に上の写真が掲載されました。これで56枚目。こうして誰かに認めてもらうというのはモチベーションの維持には大事なことですね。

この写真、本当に僕らしい一枚だと思います。写真家の三井昌志氏も指摘していますが、僕の写真というのは正対写真が実に多い。やはり人々の生活をそのまま素直に切り取りたいという思いが表れているような気がします。気づかれないように近づき、気づかれないようにシャッターを切る。そうやって撮った写真の方が圧倒的に評価されますね。ヘタにカメラ目線のポートレートなんかを撮ってもさっぱり掲載されません(笑)

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

カメラ機材を研究中


Puri

先日僕のEOS70Dの総ショット数を調べてみたところ、2年間で12万弱でした。公称のシャッター耐久は10万回だそうですから、もはやいつ壊れても文句は言えない状態ですね。これは早めに手を打たないと、インドの奥地でカメラが壊れてしまったら目も当てられません。

というわけで気持ちを新たに新機材を導入すべく一念発起。僕は機材とかには普段まったく興味がなく、ぶっちゃけて言えば撮れれば何でもいいとは思うのですが、今回はさすがにそうも言ってられません。僕には諸事情によりレンズ資産と呼べるものもありませんので、キヤノンさん以外も含めて末永く愛用するためにはどうすればいいのか?ってのを第一に比較検討を重ねています。



こうしてカメラを研究してると、センサー性能・操作性・耐久性等々、色んな特徴があって目移りしますね。いまだにメーカーによって一長一短なんだなぁと、妙なことに感心してしまいます。最新のカメラ事情にだいぶ詳しくなりました。いやぁ悩むなぁ。

…とはいえ、ほとんど腹は決まっているんですけどね(笑)

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ