goo

スラムの子供たち


Phnom Penh

カンボジアのスラムは陽気な雰囲気が漂います。いや、陽気ってのはこちら側の受ける印象に過ぎないわけであって実際のところはどうなのか分かりませんが、少なくとも僕のような余所者が行っても怪訝な顔をされることもなく、皆さん暖かく迎えてくれます。

プノンペンの繁華街では観光客を狙った引ったくりなどの被害が多発しており、残念ながら治安が良いとは言えません。しかしこうした郊外のスラム地域では、時おり僕のような物好きな旅人が来る程度なので危険を感じることもありません。子供と遊びながらの撮影はとにかく楽しい。

一枚目の写真も見た感じではハードボイルドですが、実は単に遊んでいる最中の一瞬の表情を捉えただけです。こういう種明かしをするブログってのも希少ではありませんか(笑)


Battambang


↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夕方のプノンペン


Phnom Penh

カンボジア人は肉や魚がお好き。
夕方になると屋台からもうもうと煙を出して山のような肉を焼いていきます。



我々も毎日こんな感じの露店で食べています。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

カンボジアは隠れたグルメ天国


Kampong Chhnang

カンボジアの朝食には様々なバリエーションがありますが、定番はお粥とそうめん。朝日を浴びながら、掘っ立て小屋とも呼べないような屋台で頂きます。滋味あふれる優しい一杯なのです。



主食は米。おかずはどれも日本人の口に合い、少々見慣れないおかずでも安心して選ぶことが出来ます。インドから来るとこの優しさが身に沁みるんだな。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

カンボジアの陶器村


Kampong Chhnang

カンボジアの歴史は、タイ&ベトナムという隣接する大国に翻弄されつつ、フランスの植民地になったりベトナム戦争に巻き込まれたりポル・ポトに虐殺されたり内戦したり。まさに壮絶の一言。

そんなカンボジアにかつて栄えたクメール王朝は、世界を代表する世界遺産であるアンコール遺跡群などの高度な文化を数多く残しています。ゾウなどの動物をモチーフにした陶芸である「クメール焼」もそのひとつですが、王朝滅亡後の植民地時代や内戦によって高度な陶芸技術が完全に失われてしまったわけです。植民地あるある。



この幻のクメール焼を復活させようと努力しているのが日本。益子焼きの技術を使っての復活プロジェクトが、トンレサップ湖の南岸にあるここコンポンチュナンで進行中です。普段は街歩きが中心の僕ですが、今回は弟子のシン君が一緒なので珍しくトゥクトゥクをチャーターして観光しました。いやぁ楽チン。



陶芸の他にバケツや七輪なども作っていました。光が少ないので撮影は困難でしたが、少しでもお手本になるような写真を撮らないといけないのでプレッシャーです。構図的には奇をてらうことなく、光を上手く捉えることに注力しました。



↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

悲しみのカンボジア


Battambang

写真てのは面白いもんで、可哀想な写真に可哀想な感じのキャプションを付けるだけで悲惨さを訴える作品が出来上がります。その撮影状況は撮影者にしか分からないので、どんなデタラメを書いてもその嘘を証明する手立てが無い。過去にはそんな捏造写真がプロパガンダとして出回り、そのまま歴史として定着してしまった例が多々あります。それが写真の魅力でもあり欠点でもあり。

今日の2枚もそんな写真。
1枚目はスラムではありますが、周囲には多くの子供や大人たちがいます。今や日本では見られなくなった「地域全体で子供を見守る」という環境によって、子供は年長さんたちに揉まれながらスクスクと育っています。貧しくはあれど寂しくはない、そんな感じでしょうか。たまたま睨んだ瞬間を捉えただけのことですが、これも悲惨さを訴えようとすればいくらでもキャプションの付けられる一枚ではありますね。
…もう少し綺麗に食えよ^^;



2枚目は、単なるギャン泣きした直後の顔を撮っだだけのこと。この直後には笑顔です(笑)

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

雨の季節


Battambang

カンボジアは雨の季節。さっきまで晴れていたかと思うと突然のスコールが降ったりして、なかなかダイナミックです。
写真は雨宿りする親子。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

1年ぶりのお婆ちゃん


Battambang

僕は同じ場所に何回も訪問するのが好み。東南アジアは変化が大きいせいもあって、行くたびに新たな発見がたくさんあります。そしてこのお婆ちゃん。1年ぶりの再会ですが、まったく同じ場所で同じように友人と話し込んでいました。ハンモックは新調してますね。
いつまでもお元気で。また来る…かもね!


1年前


↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

プノンペン


Phnom Penh

クアラルンプールで弟子のシン君と合流し、やって来ましたプノンペン。
「旅の目的はただひとつ。師匠に写真を教わること!」と断言するシン君。さすがにモチベーションが高く、「朝活」と称しては毎朝カメラ片手に街に飛び出していきます。こりゃ負けていられません…

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

すっかり更新をサボりました


Kuala Lumpur, Malaysia

いやぁ参った参った。久々のブログ更新です。
過去の写真を掘ればいくらでもネタはあるのですが、マレーシアに来てから気持ち的に夏バテして(だって暑いんだもん!)なんとなく日々が過ぎていました。KL在住の日本人の方々と交流したり、日本からカメラ弟子のシン君がやって来たりと、にわかに賑やかになって来た今日この頃。素晴らしい出会いに恵まれています。

そろそろ写真活動も本格的に再始動しないといけませんね。頑張ります。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォロワー数3万人突破 さらに1x.com Curator's Choiceに選出

Kolkata, India


500pxでのフォロワー数が3万人を突破しました。15,000人に到達したのが6月10日ですから(前回記事)、それから1ヶ月あまりで倍増したことになります。フォロワーさんの中には写真投稿数ゼロなんて人も多く、どうやら新規登録した時に「こちらのユーザーさんがオススメ!」みたいなボタンが出て、皆さんそれに従ってフォローしてるのではないかと思われます。数が多くても質が…ってところですが、写真へのアクセス数はとんでもなく増えているので良しとしましょう。僕のギャラリーはコチラ

さらに1x.comでは上の写真が何とCurator's Choiceに選出されました。初選出!



1x.comからのメールによるとギャラリーに掲載される確率は全投稿数の5%、さらにCurator's Choiceに選出される確率は0.1%だそうです。以前はギャラリーに掲載されるだけで5,000アクセスは軽く稼いだのですが、現在では1,000とか2,000がやっと。やっぱ1x.comも落ち目なのかなぁ。でも色んな意味で会心の一枚だっただけに嬉しさもひとしお。やっぱコルカタとは相性が良いんだろうなぁ。またコルカタ行かなきゃならんのか?

現在マレーシアに滞在中ですが、とにかく蒸し暑い!ネパールの涼しさからの反動で写欲はゼロ。最初はファン部屋に宿泊しつつ日中はショッピングモールに入り浸って涼んだりして頑張っていましたが、あまりの暑さに負けてエアコン部屋にチェンジしました。来週末には日本からのカメラ弟子と合流する予定なので、それまでは写真の整理でもしながら最強B級グルメに舌鼓を打つ所存です。

↓ランキングクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へにほんブログ村

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ