タシデレ写真館

現在インド・ネパールを長期旅行中。コメントいただけると嬉しいです。

祈りの灯火

2014-10-23 | 2014 Nepal

Boudhanath

ボダナートでは夜になるとたくさんのロウソクに火が灯されます。
巡礼者にとって、この「火を灯す」という行為そのものが礼拝になるようです。

ここで使われるロウソクはヤクという家畜から作られるヤクバターを燃料としており、寺院などの屋内で灯すと
甘くネットリとした芳醇な香りに包まれます。この匂いを嗅ぐとチベットの記憶が一気に蘇ってくるのです。

にほんブログ村 旅行・海外写真 ←ブログランキング参加中。応援クリックよろしく♪
コメント (1)

マニ車

2014-10-22 | 2014 Nepal

Boudhanath

人気ブログランキングへ ←応援クリックよろしく♪
コメント

チベットに思いを馳せて

2014-10-21 | 2014 Nepal

Boudhanath

カトマンズ郊外にあるチベット仏教の聖地ボダナート。
ネパール最大のストゥーパ(仏塔)を持つとされる寺院で、かつてのチベットとの交易ルートの上に位置し、
ここを通るチベット商人の休息地であり、また旅の無事を感謝し帰路の安全を願う祈りの場所だったそうです。

1950年代には中国から亡命してきたチベット人の多くがこのボダナートの周囲に住むようになり「リトル・チベット」として発展。
そのためボダナートはネパールにおいてチベット人の信仰と暮らしを最も手軽に知ることが出来る場所になりました。
マニ車を回しながら歩く巡礼者やチベット僧、五体投地で参拝する人の姿を見ることが出来るので旅行者にも大人気です。

でも簡単にチベットとの交易とは言いますけど、チベットとネパールの間にはヒマラヤがあるんですよ。

僕は昔、数人の日本人でランクルをチャーターしてチベット高原とヒマラヤ山脈を越えたことがあります。
チベットのラサからネパールのカトマンズまでの約1000km、平均標高4000m以上で最高到達点が標高5800m。
森林限界を遥かに越えた岩と山と空しか無い宇宙のような場所を延々と行くわけですが、
そんな場所でも五体投地でラサを目指すチベット人がいたりしてド肝を抜かれた記憶があります。あ、あんた荷物は?食糧は?
そして車を止めて休憩していると、どこからともなくチベット人の子供が寄ってきたり。お、おまえどこに住んでるの?
いくら見渡してみても周囲にはやっぱり岩と山と空だけ。頭の中がクエスチョンマークだらけだった記憶があります(笑)

ランクルで行ってしまえば冒険でも何でもなく、少々の高山病に悩まされたことと、極度の乾燥の中で絶景の連続に絶叫しすぎて喉が枯れたこと以外は
呑気な遠足みたいなものでした。でもそれを徒歩で行くとなると、そりゃもう交易だなんて軽い言葉では済まされない気がします。

突き抜けるような10月の青い空に映えるストゥーパを見上げながら、ふとそんなことを思い出したタシデレでした。

にほんブログ村 旅行・海外写真 ←ブログランキング参加中。応援クリックよろしく♪
コメント

バクタプル散策

2014-10-20 | 2014 Nepal

Bhaktapur

まるで中世の街に迷い込んだかのような錯覚に陥るバクタプルの街歩き。

人気ブログランキングへ ←応援クリックよろしく♪
コメント

バクタプルの踊り子

2014-10-19 | 2014 Nepal

Bhaktapur

バクタプルの市街地で出会った少女。
踊りの練習をしているシーンを僕に撮られているうちにどんどん気分がノッてきたらしく、しまいにゃ踊りというよりセクシーポーズ(^^;

夕方で太陽が建物に隠れてしまい光が足りない状況だったのですが、背景が暗く、かつ少女に光が当たる場所を探して撮影。
いつもの人物スナップというよりポートレートになりました。

ポートレートってピントが命じゃないですか。目とか睫毛にピントが来てないとすべて台無し。
でもこういう大胆な構図にしようとすると僕は周辺AFを使う以外にやり方を知らず、EOS6Dの頼りにならない周辺AFを使うことになるわけです。
ただでさえ暗い場面だし子供はジッとしてないし、まぁ歩留まり悪いったらありゃしない(^^;

こんな時、5D3の多点クロスAFが本当に羨ましいですね。このEOS6Dってのはつくづく荒削りなジャジャ馬カメラだなと。
でも良いカメラです。僕の手には余りますが日々鍛えられていることを願いつつ愛用しています。

にほんブログ村 旅行・海外写真 ←ブログランキング参加中。応援クリックよろしく♪
コメント (2)

親子三代

2014-10-18 | 2014 Nepal

Bhaktapur

カトマンズから西に12kmの位置にある古都バクタプル。街全体が迷路のような古い住宅街が続きます。

この街の中心にあるダルバール広場は入場料が何と1500ルピー。アホみたいなボッタクリ価格です。
しかし大きな声では言えませんがチケットを買わなくても小道がたくさん繋がっているので、複数の裏ルートから出入り自由です。

そもそも僕等にとって広場は宿に帰るための通路でしかなく、周辺に網の目のように広がっている歴史ある住宅街の方がよっぽど興味深いのです。

人気ブログランキングへ ←応援クリックよろしく♪
コメント (2)

落日

2014-10-17 | 2014 Nepal

Sauraha

こういうストレートな夕景撮るのって、なんだかとっても久々な気がします。
日本にいる頃は瀬戸内海でさんざん撮ったなぁ。

にほんブログ村 旅行・海外写真 ←ブログランキング参加中。応援クリックよろしく♪
コメント

タルー族の少女

2014-10-16 | 2014 Nepal

Sauraha

ネパール南部のタライ平原に住むタルー族の少女。

人気ブログランキングへ ←応援クリックよろしく♪
コメント

チトワン国立公園

2014-10-15 | 2014 Nepal

Sauraha

世界遺産のチトワン国立公園に隣接するソウラハ村からの風景です。

ネパールというとヒマラヤ山脈のイメージが強いですが、インドに隣接する南部には亜熱帯気候のジャングルがあって
かなり広大な国立公園になっており、サイやワニ等は普通に、時にはトラも見ることが出来るそうです。

旅行者はゾウ、カヌー、ジープなどに乗ってジャングル内を散策することが出来るのですが
例によって国立公園の入場料や各アクティビティ料金がアホみたいに跳ね上がっているので、節約旅行の我々は特に何をするでもなく
いったい何をしにチトワンまで来たんだか…って感じですが、川沿いの宿で風に吹かれながらノンビリと過ごしましたとさ。

にほんブログ村 旅行・海外写真 ←ブログランキング参加中。応援クリックよろしく♪
コメント

穏やかな時間

2014-10-14 | 2014 Nepal

Gorkha

こんな時間がたまらなく愛おしい僕。

にほんブログ村 旅行・海外写真 ←ブログランキング参加中。応援クリックよろしく♪
コメント (2)