青い鳥ことり 今日のあしあと

写真で綴る マメルリハの“そら”と 私の日々

夏の記憶 そらレポ③

2017-09-12 22:29:55 | マメルリハ

チンチン チンチンチンチン …どこから入り込んだのか

家の中のすぐそこら辺りで、カネタタキが鳴いています。

いよいよ秋が来たんだね。 この夏を振り返れば

どこに旅することもなく、ドライブさえしなかったけれど、

そらに泣き春坊に癒され、記憶に残る夏だった。

***

レポート③ そらの重心

マメルリハの体系は、頭から足までと足から尾の付け根までが3対1と

いうところでしょうか。首を伸ばせば4対1かも?

とにかく足から頭部のほうが圧倒的に長い。

元気な時は、このアンバランスもなんてことなく支えているけれど

筋力がおとろえて姿勢を保てないと、必然的に頭がさがる。

足がかろうじて枝にあるときは、頭と胸を床につけ、尾が上がってしまうのです。

だからそらは、夏の多くを私の胸や手のひらにもたれかかりながら過ごしました。

 

いざ、飼鳥が病になったらどう介護するか。

ゲージの中にどうにもいられなくなったら…

我が家の場合、私が父たちの介護のためにすでに離職していたこと、

ここのところ独居の母たちの調子が良かったこと、

夫の長期休暇と重なったこと などなどなど、

うまい具合に条件が整って、そらを看取ることができました。

***

ペットショップで目があって、どうにもかわいくて購入を決める。

そういう迎え方も少なくないと思う。

けれど、ペットも老いる。病気になったり、事故にあうこともある。

病院にかかるにはそれなりのお金もかかる。家で看るには覚悟がいる。

どうか家に迎えるときは、そういうこと 心にとめておいてほしい。

 癒しの春坊 秋空の下

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 致命傷  そらレポ② | トップ | 果てしなく »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一目惚れ。 (まめたん)
2017-09-17 15:57:08
こんにちは。
Sora ちゃんとは一目惚れだったんですね❤。
ショップでこの人と決めた時は向こうから、目を会わせてきますよ。相性バッチリ。
まめたんさん (sora)
2017-09-19 17:52:13
娘と二人 ショップにいたそらに一目ぼれ。
離れられなくなりました。(*^^)v
両思い。 (まめたん)
2017-09-20 05:51:55
こんにちは。

両思いですね🎵。
以前、黄色ハルクインのセキセイの大きな雛が私をじっと自分を見つめている事に気付きました、私がどこに動いても目で追いかけてきたので、うちにお迎えしました。
その時にこんな事ってあるんだなと思いました。

コメントを投稿

マメルリハ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL