青い鳥ことり 今日のあしあと

写真で綴る マメルリハの“そら”と 私の日々

安心の目安

2017-03-13 20:52:29 | マメルリハ

 ねえねえ 輪っかの外は安全?

目を患ってから、広いところで遊ぶのが不安な そら。

新聞の上とか、フラフープの中とか、どこか目安になるものがあると安心みたい。

さてさて、いよいようちの娘と同じころ出産したお母さんたちの間では

「職場復帰したいが、保育園落ちた」が現実問題となっています。

もう一年待ってという手もあるけど、職が途切れればリスクは大きい。

認可保育園がだめなら 認可外、それもダメなら・・・おばあちゃん?

厳しい現実です。

・・・例えば、保育園の規制を緩和したとする。

1歳児クラスで保育士1人に子ども6人のところを、もし20倍の120人まで良しとしたら??

いくら職場復帰したくても、そんな体制のところでは危なくて 預けられたものじゃない。 

いっぱい受け入れるためなら、規制を緩和なんてあまりにも安直だもの。いいわけない。

福島第一原発周辺の帰還困難区域。

本来、除染は放射線量を「社会的基準」の年間1mSvまで行うべきところを、

フクシマでは、20倍の年間20mSvまで引き上げて、これで良しとしたそうだ。

そうすれば、これまで帰れなかった人も帰れるようになるじゃないかって??? 

おかしな話。こんなことで安心して帰れるはずがない。

その上、帰れるようになったからには補助金を打ち切るなんて、

政府にとってこんな都合のいい話はない。原発は安全と言った 推進派の責任は?

今年6年目を迎えた『3.11』。

第一次政権で「電源喪失はありえない」と原発を推した安倍首相は、

今年の政府主催追悼式の式辞で「原発事故」には一言も触れず、

また毎年の記者会見は、「一定の節目を越えた」と打ち切りに。

いかにも 安倍首相らしい。 

過去の戦争も そして原発事故も・・・事実から目を背け、

安心安全を棚に上げて、どんな国造りをするのだろう。

 規制は、安心安全のためにあるんだよ

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春に一歩 未来に一歩 | トップ | 愛すべき二人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL