青い鳥ことり 今日のあしあと

写真で綴る マメルリハの“そら”と 私の日々

はっきりして

2017-10-27 11:53:53 | まち歩き

冬かという冷たさの翌日には、上着のいらない強い日差し。

この陽気に、ベランダのミニシクラメンが クタクタになっています。

「はっきりしてちょうだい!」そんな悲鳴が聞こえてきそう。

日本が国連に提出した「核兵器全廃」をめざす決議案に

多くの国々が反対するそうです。 ごもっとも!と私は思う。

アメリカにしっぽ振って「核兵器禁止条約」に反対した日本が

いくら全廃目指すといったって、あまりに説得力がないもの。

被爆国にして、核兵器に断固反対しない日本政府。

要するに自民党は核に賛成なんでしょう?「はっきりして!」

先日、夫がオナガの群れの中に数羽のあざやかな黄緑色の鳥を発見

 これこれ 嘴がとがっていない

どうやら オナガと同じくらいの大きさのインコ系の鳥みたい。

ワカケホンセイインコかな? 種類は特定できないけれど

はっきり分かるのは、オナガの群れで仲良くやっているということ。

同じ電線に並んでとまり、やがて一緒に飛び立って行きました。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

都内おすすめスポット

2016-05-06 10:08:22 | まち歩き

GW中、都内で静かに過ごす場所 みつけました。

  上野のハチ公像が待つ東大です。

 

広々とした校内は緑濃く、歴史ある建物が散在していて見て歩くも楽し。

ご近所なのか、自転車の練習をする親子連れや 木蔭でお弁当を広げる人など 

みな公園さながらにくつろいでいます。

 お腹がすいたら 学食でランチ

 お土産だって ほらね

この ひよこさん ぼくより頭いいのかな?

国立大学ですから、国民のだれもがちょっぴりは貢献している学校ですしね。

人ごみを避けて休日を楽しみたい方に おすすめですよ (^_^)v

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョウゲンボウと鯉のぼり

2016-04-23 22:08:29 | まち歩き

鯉のぼりが泳ぐ季節になりました。稲城市の上谷戸親水公園でも、

 たくさんの鯉が強い風を待っています。

公園の上にかかる大橋では、チョウゲンボウの夫婦が交代で卵をあたためています。

 

巣で待つ妻のもとに 夫がトカゲを持って帰ってきました。そして・・・

次の餌をもとめて また飛び出して行きました。

この4月はどうもすっきりとしたお天気にならないけれど、

雛が顔をだす若葉の頃には、お天道様が笑って気持ちよい風が吹くといいな。

「晴れ」待つ5月 誰の頭上にも 穏やかな青空が広がりますように

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲きほこる

2016-04-10 17:55:32 | まち歩き

恩田川の桜も昨日の強い風に舞い、終焉の時を迎えています

 今年はいさぎよく散って行った感じ

いさぎよく・・・といえば、水泳の北島康介選手。力の限り挑戦して、爽やかに引退。

 最後のレース終えた表情が印象的

まさしく「咲き誇る」にふさわしい現役時代でした。

彼の咲かせた花はまちがいなく多くの人の心に残り、後輩にひきつがれるでしょう。

さて、こちらの桜はどうでしょう。 政官界や文化・芸能人ら約1万6千人の招待された

 首相主催の「桜を見る会」

まるで首相を囲む会みたい。まわりの面々が媚びてるようにみえるのは私だけ?

天皇主催の功績者2000名ほどが招待される「園遊会」とはずいぶん違うのでびっくりです。

芸能人やスポーツ選手は、政府与党の推薦できまるらしいんだけど、

どの写真をみても、首相を囲ませると若者受けしそうな芸能人が多く選ばれてるようにみえる。

税金で招待するのだから、開催趣旨を明らかに、功績のある方々を選んでほしいものです。

安倍首相は、「桜のように咲き誇る日本をつくる」というような挨拶をしたんだとか。

国民が共有していいはずのTPP資料を、のり弁のように塗りつぶしたり

国民に票を託された野党議員提出の「安保廃止法案」を審議すら拒否したり

都合の悪いことは「見せない審議しない」の姿勢で、咲き誇る国が作れるのか疑問です。

 桜の花は愛でる花

咲くも散るも 人の心に沁みるサクラです。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜咲いて・・・卒業

2016-03-29 08:32:57 | まち歩き

昨日の恩田川、桜は2分咲きというところ。 鷺が温んだ水の中を優雅にお散歩。

 

 もう一羽は川底をしきりに探ってお食事中

今日は 昨日より格段に暖かくなるそうだから、桜もいっきに開くでしょう。

さて、私事ながら本日をもって友達とほそぼそと続けていた支援ボランティアを

完全に閉じることになりました。

まだこれからが大事という思いが強いのですが、互いのさまざまな事情でやむなく・・・

「やめる」というと何もしなくなるみたいだから、「卒業」ということにしようと友達と話しました。

ここは終点ではなく通過点、また新しく次を考えたいと思っています。

「卒業」は寂しさ以上に、次への夢を膨らませる時。

卒業する学生も、寂しさと共にどこか弾む気持ちも抱いて式にのぞむのでしょう。

そういえば防衛大学の卒業式では、安倍首相が

「最高指揮官たる内閣総理大臣の片腕となって~ 諸君は、私の誇り~」と訓示したのだとか。

まるで私的な軍隊への呼びかけみたいで、気味が悪い。

その中で卒業生の1割に及んだ任官拒否者は、卒業式への出席も許されず

裏門から帰宅させられたそうです。  

入学金・授業料免除、給料支給という防衛大学の性質からの措置なんでしょうが、

これは2年前安倍政権になってからのこと。 なんだか子どもっぽい仕打ちです。 

こういう教育方針で、果たして万人を救う自衛官が育つのか心配です。

自衛官にはびこるいじめ体質も、助長させたりしないでしょうか。

ましてや、今年度においては 在学中の憲法解釈変更、安保法強行採決・・・

入学時の条件を国が変えたのだから、任官拒否はやむを得ないと私は思うのですが。

まさしく今日29日は、安保法施行日。 卒業生が参戦に踏み出す日。残念です。

この分だと、今週末には桜の見ごろがやってきそう。 ちょうど父の命日。

つくづく いい時期に逝ったもの。 父らしい。

 今度は桜吹雪の中を行く 鷺を見に行こう

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加