青い鳥ことり 今日のあしあと

写真で綴る マメルリハの“そら”と 私の日々

こだわり

2017-03-18 08:33:56 | 手づくり

「ちょっとそこまで出かけるときに ちょうどいいバッグ」という母の指令をうけ

いつものごとく行き当たりばったりで トートバッグを作成。

 うちにある材料を確認

財布を生地の上において、定規で線引っ張って… 適当ソーイング。

 こんな感じに仕上がりました。

 内側が暗いと物が探せないと言うので明るくね。

母は、持ち手は短くと言ってたけど、転んだ時困るから肩にかけられる長さにしました。

私がトートバッグとつくるときの「こだわり」が三点。

 財布が外からみえにくく また飛び出さないように、ポケットに蓋。

 鍵が迷子にならないように、ホルダーつき。

 携帯は入れやすく だけど抜け落ちないように、入れ口に縫い込み。

ちょっとしたことなんだけど、安心感が違います。

人それぞれ「こだわり」ってあるよね。ハンドメイドする時もそうだけど、

調理器具のしまい方とか、掃除の手順とか、手帳の使い方とか・・・

そういうこだわりが、生活をスムーズにしたり、便利にしたり、

安全にしたり、間違いを減らすことにつながるんだと思います。

大事な仕事をする人はなおのこと、こだわりというか

流儀みたいなものがあるんじゃないだろうか。

大きな取引や決め事は、記憶に頼らず、必ず記録に残すとかね。

最近の政治家や官僚はどうだろう?

国会議事録の改ざん、不都合なデータや日報の消去… 

正しく行うための流儀はどこへいってしまったんだろう。

籠池さんは、100万円の振り込みに記録を残したようだけど、

首相当人の名前は、気を使って明記しなかったそうな。それが裏目にでるのかな。

日付と郵便局の認め印だけでは証拠にならんと、与党は逃げるのか。

白紙領収書が合法の政治家たちが、民間人の記録をどうこう言うのもなんだかね。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛すべき二人

2017-03-15 22:19:41 | マメルリハ

 そらは ふたを開けられないけど

赤さんは開けられる。 そらは二本足で走るけど

 赤さんは 4本足が得意

そらは「いい子」と言えるけど、赤さんは言えなくて、

赤さんは本をかじらなくなったけど、そらは相変わらずかじる。

二人ともバナナと母さんが大好きで、二人とも鼻を拭かれるのがきらい。

愛すべき二人 ・・・

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

安心の目安

2017-03-13 20:52:29 | マメルリハ

 ねえねえ 輪っかの外は安全?

目を患ってから、広いところで遊ぶのが不安な そら。

新聞の上とか、フラフープの中とか、どこか目安になるものがあると安心みたい。

さてさて、いよいようちの娘と同じころ出産したお母さんたちの間では

「職場復帰したいが、保育園落ちた」が現実問題となっています。

もう一年待ってという手もあるけど、職が途切れればリスクは大きい。

認可保育園がだめなら 認可外、それもダメなら・・・おばあちゃん?

厳しい現実です。

・・・例えば、保育園の規制を緩和したとする。

1歳児クラスで保育士1人に子ども6人のところを、もし20倍の120人まで良しとしたら??

いくら職場復帰したくても、そんな体制のところでは危なくて 預けられたものじゃない。 

いっぱい受け入れるためなら、規制を緩和なんてあまりにも安直だもの。いいわけない。

福島第一原発周辺の帰還困難区域。

本来、除染は放射線量を「社会的基準」の年間1mSvまで行うべきところを、

フクシマでは、20倍の年間20mSvまで引き上げて、これで良しとしたそうだ。

そうすれば、これまで帰れなかった人も帰れるようになるじゃないかって??? 

おかしな話。こんなことで安心して帰れるはずがない。

その上、帰れるようになったからには補助金を打ち切るなんて、

政府にとってこんな都合のいい話はない。原発は安全と言った 推進派の責任は?

今年6年目を迎えた『3.11』。

第一次政権で「電源喪失はありえない」と原発を推した安倍首相は、

今年の政府主催追悼式の式辞で「原発事故」には一言も触れず、

また毎年の記者会見は、「一定の節目を越えた」と打ち切りに。

いかにも 安倍首相らしい。 

過去の戦争も そして原発事故も・・・事実から目を背け、

安心安全を棚に上げて、どんな国造りをするのだろう。

 規制は、安心安全のためにあるんだよ

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春に一歩 未来に一歩

2017-03-09 22:52:01 | 日記

三寒四温 節句を過ぎて天候の定まらない日が続きます。とはいえ

冷たい風が吹いても、そこここに春の景色。歩きながら目を凝らせば、

お日様に向かって背伸びする 青い小さなオオイヌノフグリに出会います。

  春に一歩!

さてさて、親子揃いのTシャツを着て、中学生の前にならんでご挨拶。

港区の「未来の親体験」~ここから始まる赤ちゃんふれあい事業 の一場面です。

 娘も赤さんと参加してきました。

 

もちろんお母さんと赤ちゃんは、いきなり学校を訪れるわけではなく、

事前研修で、事業の目的から接触時の注意点まで様々な勉強をしたんだとか。

その中には「日本を変えられる人が一人います 誰でしょう」というような問いかけも。

娘は「自分」と答えたそうですが、8割は首相の名をあげたんだとか。

お母さんたちの というか、世の中の意識ってそうなのかなあ。

政治家を選ぶのは市民。だから、やっぱり未来は「自分」にかかってる。

お母さん自身が、未来を考え、社会に参加し、子育てしてほしい!

・・・そんな研修をうけて、中学生の前に親子で立つ。 

未来への一歩! 親子でいい機会をいただいたなと思います。 

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうは言っても にがーっ 

2017-03-06 16:19:17 | おいしいもの

分かってたんだけどね・・・ そうは言っても

おいしさの欠片くらい感じるんじゃないかと思ったわけよ。

 ああ このチョコレートのこと

カカオ95% 動脈硬化予防に効果があるらしいカカオポリフェノールたっぷり

 ⚠非常に苦い って表記

たしかに読んだけど、そうは言っても「チョコレートだし」ってどこかで思ってた。 

私、甘かったよ。 あ いや、苦かったよ。すっごく(^-^;

そうは言っても、与党の党首で一国の首相、「美しい国を取り戻す」と頑張ってる人だから、

まさか国民の税金を、身内に便宜計ってまわすようなことしないよね。・・・なんて

こういう考えやっぱり甘いか。結局、吐き出したいほど苦いってことなんだろうね。

事の真相はわからない。与党は白だというし、野党は黒だという。

限りなく黒くても、うまいこと法の目はかいくぐっているのか。

ついに大阪に続いて今治でも、市有地36億7,500万円の無償譲渡問題発覚。

分かっているのは、大阪も今治もどちらも間違いなく血税の上にある土地で、

それらをめちゃくちゃ安値で、もしくはタダで取得するのは、

安倍政権を支える「日本会議」につながる人で(今治の方は首相いわく腹心の友らしい)、

そのどちらにも昭恵夫人が名誉なんちゃらという肩書でかかわっているってこと。

これは「印象操作」でもなんでもない、まぎれもない事実なんだ。

 節句が過ぎて咲く 桃の花

桃の花の花言葉は「天下無敵」なんだって。

天下無敵の力を持つ人は、誰よりも心きれいな人であってほしいものです。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しみじみ

2017-03-02 09:24:26 | マメルリハ

大きなお雛様を迎えて半世紀とちょっと 小さなお雛様は四半世紀ちょっと

毎年この日を祝う、祝うというより 祈る「健やかに 穏やかに」。

出して 祈って 片づける。 義務のようになっているこの行事だけれど、

今年は なぜかしみじみと思う・・・

大満足な子育てではなかったかもしれないけれど、そこそこ山も谷もあったけれど、

よく育ってくれたなと。 

でも今さら、湧きでるようなこの思いはなんだろう。そう そういえば…

去年のひな祭りにいた下の娘も 今年はもう家にいないんだ。だから…か。

衣・食・住 親の手を借りず、みな暮らせるようになったんだねえ。

今日の朝ドラ「ごちそうさん」再放送は、菅田将暉さん扮する長男泰介の出征シーン。

前にも書いたけど、私はこの日の放送が一番心に突き刺さり、涙が出た。

「やりたいこといっぱいあるんや。

 ぼくは、ぼくにそれを許さんかったこの時代を 絶対に許さへん。

 ぼくは、この国を変えてみたい。

 せやから這ってでも帰ってくるさかい、生き返らせてや」

 そう言って泰介は出征していく

 そして同じ日に 次男の戦死告知

出征前夜の泰介の叫びは、「教育勅語を読んだ時代を許さない。

国のために戦地に家族を送り出すような世の中を変える。」という叫び。

戦後、憲法9条ができて、やっとその願いがかなったのに、今また

首相夫妻や防衛相たち閣僚が 教育勅語を絶賛し、暗い時代に戻そうとしてる。

「健やかに 穏やかに」と祈って育てた子を孫を 戦地に送り出す、

私にはそんなこと考えられない。

だから、どうしても、ここに、こうして… この思いを綴りたくなるのです。

ひな祭りのこの日に。 未来に平和を!

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見張り番

2017-03-01 07:52:05 | 日記

桜の名所 弘前城では、渡り鳥のウソが蕾を食べてしまうから

鷹匠(たかじょう)を招いての追い払い作戦を計画しているんですって。

 

実家の梅も ヒヨドリに蕾をつつかれたり花びらに穴をあけられたり

気の毒なのだけれど、今年はパタが目を光らせています。

ウソの名は、口笛を意味する古語の「ウソ」がその由来だそう。

蕾は食べても、嘘をつくわけではありません。

今や海外メディアも注目する「安倍晋三記念小学校」。

首相は「会ったことはない」というけれど、当の学校の理事長は

「見学にも来てもらい、住吉大社にも同行した」という。

首相は「妻は園から報酬も講演料も受け取っていない」というけれど、

園のPTA収支決算書には、当人の名前で支出の記載がある。

校舎が先導的な建築工事だと、一億2千万の補助金がおりたけれど、

プロに言わせれば、まったく新規性もなければ工夫もない。etcetc

・・・こうした偽りが面白いように湧き出てくるけれど、

なぜか国有地の値引きの根拠、校庭に埋まっているゴミの実態だけは、

しかと見た人が一向に出てこない。 なんだかね。

衆院予算委員会を終えた日、首相はマスコミ関係者を「赤坂飯店」に招いて会食。

お料理には、どんな煎じ薬が仕込まれていたのかしらん。

鷹やパタはしっかり庭の見張りをしてくれるけれど、

日本の社会はいったい誰が見張って、正しい情報を出してくれるのでしょう。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

携帯しましょ

2017-02-27 10:15:00 | 便利なもの

「災害大国」日本、防災を身近にという記事がありました。

危機的状況の中で生死を分けるのは 水分補給と体温維持なんだって。

それから何役もこなすスマホもね。でもバッテリー切れには注意。

そこで「命を守る三種の神器」とは、水、保温シート、充電器の3点ですって。

私のバッグに入っているのはコレ。3点で340gです。

 僕の10倍の重さ

水が極小ボトル110mlで少ないのはわかってるけど、重いの苦手なんだもん。

もうすぐ東日本震災から6年。あの日を忘れず、もう一度備えを確認しましょう。

さてさて、今年のアカデミー賞は、大波乱。

「ラ ラ ランド」関係者が喜びのスピーチまで済ませたところで、

実はほんとの受賞作は「ムーンライト」でした!って、あれはないよね~

関係者の落胆ぶりは、ほんとにお気の毒でした。

でも何よりの波乱は、トランプ大統領批判が相次いだことだね。

 監督も俳優も

みんなで政権批判ができるアメリカは、やっぱりすごい。

大統領の「国籍差別」にちゃんとNOと言えるんだもの。

その点、日本はまだまだだなあと思います。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレミアム

2017-02-24 08:21:43 | 手づくり

今日は、初のプレミアムフライデー さあ「早く帰ってお金を使おう!」

 

・・・政府は知恵をしぼったんだろうけどねぇぇ うまくいくかなあ。

お偉いさんたちは、庶民のくらしが見えてんのかなあ。

 *

そういえば先日・・・

買い物に誘った娘をふと見ると、お財布を無造作にレジ袋に入れています。

いつもの手提げは、赤さんのものでいっぱい…  うぅぅむ。

別のを買いに行く暇もないのだろうけれど、節約にも徹しているらしい。

仕事復帰もいつかわからないし、あれもこれも… 子育てにはかかるものねえ。

 仕方ない 作るか

 

お財布が飛び出さないように蓋つきポケット、

キーホルダーもつけたから、鍵が迷子にならないよ。

あり合わせだけに「プレミアム」とは言えないけどね。

お金を使え使え と言われても、ないものはない。先行きも心配。

ないものをどうするか知恵をしぼって豊かにする 

そういう「プレミアム」考えたいよね。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どれにしようかなぁ

2017-02-21 15:27:17 | マメルリハ

そらにとって嬉しい苺の季節。

昔と違って種類が豊富で、どれを買おうか迷っちゃう~

よーく吟味して買うんだけれど、そらが気に入るとは限らない。

 うーん なんか違う

 ごめん それ好みじゃないの

なんてことになったりもするのです。

いずれにしても、自分でアレコレいろんな種類を選べるってのは楽しいね。

それにしても、北朝鮮の 金正恩氏が殺害されて8日になるけれど

いまだにどのチャンネルでも、おなじ映像の報道が続いてる。

連日、そこまで詳細を報じる必要があるのか、私にはまったくわからない。

何か別の大事な事柄を隠したいからじゃないかと 勘繰りたくなる。

もっともっと国内に 知りたいことがいっぱいあるのにな。

 あれもこれもね

南スーダン日報問題の検証委員会設置を否定する 防衛相のこととか

首相夫人が名誉校長をつとめる小学校に破格値で売却された 国有地のこととか 

調査ロボットさえ故障してしまう高い放射線を出し続ける 福島第2原発のこととか

とかとかとか。。。

ビートたけしさんによれば、テレビじゃ「本当に言いたいこと」が何もいえない

らしい。日本は、「一億総自粛規制社会」なんだって。

政府の圧力で、ほんとのことが報道できない日本はちっとも美しくない。

見せない聞かせないしゃべらせない こんなに情報が制限されてしまったら

私たちは 正しさを求めて迷うこともできない。 

どれにしようかなあ~ 「迷う」って、実は幸せなことなんだね。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お雛様につぶやく

2017-02-19 20:07:18 | マメルリハ

雪が雨に変わり 春に向かっていく季節「雨水」

この季節にお雛様を飾ると 良縁に恵まれる… んだとか。

 ぼくの姉さんをよろしく!(*'▽')

お雛様の季節が近づいて、スポーツ界では女性陣の目覚ましい活躍ぶり

 ジャンプも 水泳も

 スキーフリースタイルも フィギュアも

きらきら輝く彼女たちは素敵です。

さてさて、「女性が輝く社会」を目指す日本。

娘の周辺では、育児休暇が終わって仕事復帰したいママたちがいっぱいです。

だけどね・・・ 都内には厳しい現実が! 「保育園に入れない」

いくつも入所希望を出しても待機。特に1歳児の入園は激戦だそうです。

年金が減る、社会保障費も医療費も増える、食料品も値上がり…

いろんな事情をかかえ仕事を求めても、まず子どもを預けられない。

残念な社会事情です。

首相官邸のHP「輝く女性応援会議」には、こんなくだりがあります。

 働く女性たちが、より働きやすく、能力を発揮できるように。
 子育てをしながら、もっと社会で活躍できるように

どうも、「子育て」に専念する女性は応援してないみたい。

会社でバリバリ働くママも素敵、でも家庭で子育てするママも素敵。

「どちらも輝ける社会が、私はいちばんいいと思うんだけど… ねえ?」

もう50年来のおつきあいになるお雛様に、そんなことをつぶやいてみる私です。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の男ども

2017-02-15 10:01:42 | マメルリハ

 

バレンタインのチョコレートが始まったのは、いつのことだったか。

たしか、さかのぼること40数年、小学校高学年の頃だった気がする。

それ以来すたるどころか、世の中チョコレートは過熱の一途。

さて一方、夫がありがたくも山ほどいただく「義理」チョコの甘さに、

さらに上乗せすることもないかと、ずいぶんチョコ作りから遠ざかっていた私。

でも、独立した娘たちから届くスイーツの写真に触発されて、久しぶりに・・・

  トリュフを作ってみました。

キャラメルと 紅茶の二種 ね。あさイチレシピで簡単そうだったから。

遅く帰宅した夫の夕食に、さりげなく苺に添えて出してみたんだけど

あっという間に平らげて、チョコの「チ」の字もなく

一日のあれやこれやを熱心に語り始める我が夫。やれやれ。

もちろん そらだって、花より団子、チョコより苺。

あぁあ 我が家の男どもの辞書に、バレンタインはないらしい。

まあよかろう。許してしんぜよう。

メーカーの商魂に載せられたイベントに、一喜一憂することもあるまい。

それにしても2月って短いのに、恵方巻にバレンタイン…忙しいね。

さあさ、次はお雛様を箱から出してあげなくちゃ!

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

孫に甘い 婆たち

2017-02-13 19:21:57 | 手づくり

ある会合で、たまたま昨年孫の生まれた人たちが数人いらして、

孫の話に花が咲き、互いの夫の想像を上回る爺バカぶりに爆笑でした。

話のしめくくりは、若い世帯のお話。 見通しのきかない未来

経済も教育も怪しい方向に進んでるとしか思えない、婆たちの等しい思い。

・・・ああ、そう思うとついつい目の前の孫に何かしたくなる。

本やらオモチャやら服やら 食材なんかも ちょこちょこ貢いでしまうのよね。

気づけば思わぬ出費にびっくりポン! やれやれ

てなわけで…

私も、いくらあっても足りないスタイをせっせせっせと作るのです。

さてさて、孫に 子供に 身内に 甘くなるのは世の常だけれど・・・

それはあくまで 自分のお金で自分のできる範囲というのが原則。

かつて石原都知事が、4男の美術事業に都税5億円をつぎ込んで呆れたけれど、

近隣の10分の1、8億円も値引きした破格値で売却された国有地(大阪豊中市)に建つ

「安倍晋三記念小学校」にも、あんぐり顎がはずれそう"(-""-)"

名誉校長は、首相の妻昭恵氏

国有地の売却は「原則公表」なのに、財務省が公表していないというのも

コソコソしていていただけない。

昨日今日大騒ぎの、首相がアメリカでゴルフする話題もさることながら、

首相に関わる、こういう地味な税金の使われ方のニュースも

もっと取り上げてほしいな。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テーブルに春

2017-02-12 18:47:47 | マメルリハ

昨日の農協は、雪のせいか野菜の陳列棚はスカスカ。

そんな中に、ほんの少しふくらみはじめている菜の花が数把。

買い求め、家に帰って一度は冷蔵庫にいれたのだけれど・・・

思い直してコップに挿しました。

 ほらほら咲いたよ

黄緑だった葉は刻々と緑濃く、蕾はふくらみ開花して 

 テーブルに春が来ました。   

テーブルには春、外の空気はどうだろう

雪雲が去った空は、白いちぎれ雲が楽しそう。

春は待ち遠しいけれど、このピリッと冷たい季節ももう少し

味わっておこう。そんな気分になる夕暮れの景色でした。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そらの色

2017-02-06 22:31:08 | マメルリハ

今日は強い風が吹き荒れて、寒い一日でした。

朝、洗濯物を干し終えて、窓の外をながめていたら、

近隣の畑から土ぼこりが舞い上がり、あたりが茶色くけぶるのです。

あわてて物干しざおからハンガーをつかみ取り、室内にひっこめました。

やれやれ… だけど待てよ この景色、つい最近テレビで見たような?

 そうだ中国

辺り一面 数メートル先がみえないほどの大気汚染 死者も出ているそうな。

もしかして朝の土煙にこの汚染がまざっていないだろうかと ぞっとしました。

でもさ もし放射能に色がついていたら…日本の空も青くはないのだろう・・・ね。

 そらは今日も33g 理想体重を維持。

えらいえらい! 羽の空色もつややか 好調です。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加