青い鳥ことり 今日のあしあと

写真で綴る マメルリハの“そら”と 私の日々

その正体は

2017-05-26 07:18:38 | マメルリハ

真夏のような太陽が照らす日もあれば、しとしと梅雨のような日もある。

日によって気温もくるくる。

体調が万全でないそらのゲージは、いつでも保温機がスタンバイしています。

 気分の良くない日は、母さんに抱いてもらうよ

そうそう、4月上旬から、うちの周りでにぎやかに囀っている鳥。

姿は見えず、鳴き声検索でこれは「イカル」と思い込んでいたのだけれど・・・

昨日、目の前に姿を現し鳴き声を披露するのを見て、思い違いと判りました。

 https://youtu.be/J1UIKSHULaI (☚動画)

さてその正体は、ガビチョウ。鳴きまね上手な鳥なんですって!

イカルに間違えたのもそのせい?そう思うといろんな囀りがMixして聞こえる。

正体をつかむには、聞いて、見て、ちゃんと検証しないとダメですね。

* 

さてさて、注目をあつめる前文部事務次官前川氏の発言。

「あったものをなかったことにはできない」

菅官房長官はいかにも、前川氏の人柄が信用できないから内容も信用できない

というようなことを言うけれど・・・

たとえば、安倍首相が非の打ちどころがない人柄であったとして、

「電源喪失はありえない」とか「汚染水アンダーコントロール」とか

さかのぼれば「最後の一人まで年金を支払う」とか

これらの発言は、まったく信用ならないものだったことを思います。

人柄云々(うんぬん!)は置いといて、事実はしっかり検証しないとね。

どうしたって「モリ」も「カケ」も事実が隠ぺいされてるとしか思えないもの。

国民を前に、事実を隠ぺいしようとしている人たちこそ、まさにその人柄は最低です。

ぜひ公務員の方々には、政治家でなく国民の見方であってほしい。

政治家に忖度するまえに、自分の良心にしたがって行動してほしいものです。

私たちも、一つに偏らないで 自分の目や耳で双方向から確かめないとね。

時には、とっていない新聞を読むのも面白いかも。

 トップ記事もその取り上げ方も様々!

さてさて、真実やいかに。その正体を見定めましょう。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜港クルーズ 地図と双眼鏡は持ってません

2017-05-20 09:07:48 | 写真

共謀罪の行方が気になりつつ・・・、

青空に誘われて横浜港クルーズに出かけました。

ベイブリッジ越しに見る 海のキリン 

ぷかぷかすすむ水陸両用バス

120年ここにあって、船を案内してきた赤い横浜北水提灯台

2隻の豪華客船 飛鳥Ⅱと ぱしふぃっくびーなす

長年住みながら、海上から横浜を眺めるのは初めて。

これぞ横浜という感じ。 

370万人の暮らしが一つの議会に担われる、巨大都市横浜の経済は、

ここに集中してるんだなあと、横波に揺れながらぼんやりと思いました。

それにしてもさ! これから先、

カメラに双眼鏡、おまけに港湾地図なんか持ってクルーズしたら、

そこここに停泊する海保の船に つかまっちゃうかもしれないね!

共謀罪という大事な法案を採決する場を、NHKは放送しない。

与党と維新の議員は、「議論は尽くした」という。

法務大臣でさえ共謀罪を理解せず、助けてもらわないと答弁できないのに。

国会の議論を聞いたうちどれほどの国民が、答弁に納得しただろう。

もう十分という議員や、さかんに賛成のツイートする人たちも、

果たして人に聞かれたら きちんと説明できるんだろうか?

・・・あぶないあぶない こんなささやかなつぶやきも

そのうち取り締まられちゃう世の中になるのかもね。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なれるかな ならなきゃな

2017-05-16 11:04:12 | 日記

 そらは変わらず33g

だけど… ゴールデンウィークで太った私、戻らないなあ(^-^;

 ぼくはいっつも同じなのに

さてさて、毎年恒例になっている大学のゼミ仲間との近況報告紙「ゼミっこ通信」。

今年も一人も欠けることなく、めでたく発行となりました。

 嬉しいね

近年では、家族、仕事に加え、「介護」の話題が多くなりました。

私も父、義父、伯父と看取りましたが、家庭で介護しきれない切なさと

自分までも壊れてしまいそうな苦しみを、今でも思い出しては心痛みます。

そして今、また母と義母の介護が目の前です。

年寄りゆえのわがままに眉間がピリピリすることも。でも深呼吸一つ、

大変だったあの時、心の支えになってくれたなあ と過去を振り返り

心落ち着けるのです。 そうだな・・・

ただ「育ててくれた」ことに 感謝しないといけないのかもしれないけれど

やはり、支えてくれたという具体的事象が思い浮かばないと難しい。

それもあえて言うなら経済的なことより、精神的なことだな。

子育ては、もちろん見返りを求めてすることではない。「無償の愛」だと思う。

でもやっぱり思う。子育てのころの親子の心の構築が大事だなって。

私の器が小さいって言われれば それまでなんだけどね。

だけど日々喜びを与えてくれる「子育て」と違って大変だよ、介護は。

育ててくれた親でさえ大変、ましてや義父義母 伯父となれば・・・日々葛藤。

介護される側は、してもらうことが当たり前と思っていてはいけない、

人様の介護の話を聞けば聞くほど、感謝できる年寄りにならねばと思います。

なれるかな・・・わたし。 ならなきゃな・・・私。

そうだ体重もね。戻るかな・・・わたし。 戻さねばな・・・私。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一掃っ

2017-05-10 12:13:51 | 便利なもの

 ねえねえ 例のレポートは?

ホラ 百聞は一見にしかず

 5分ほどでここまで

しばらくサボっていた北側ベランダのお掃除、「高圧洗浄機」にかかれば

この通り! 腰をさすりながらのデッキブラシとは大違い、

鼻歌交じりでもみるみるキレイ。ノズルをかえて網戸もピカピカ!

気になっていた汚れを一掃! キッモチいい('◇')ゞ

あえて洗浄機の欠点をいえば、高圧ノズルは結構な音がすることと、

購入を考えている方は、家庭の蛇口のタイプと掃除する場所までの

距離を確認しておくといいかもしれません。

我が家の場合、洗濯機の蛇口がタイプも場所もぴったりうまくいきました。

「憲法を遵守し・・・」第19代韓国大統領ムン・ジェイン氏はそう誓う。

その宣誓演説を聞きながら、あらためて思う。

そもそも憲法は、国家権力を制限して国民の権利・自由を守るためにある。

その制限を受けるものが自ら、改正しようと目論むとき

その背景にあるものはなんだろう。本当に国のため 国民のためなら

一方的に語るのでなく、堂々と公の場で説明し、議論すればよい。

しかし安倍氏はなぜ逃げる?

改正の内容は国会で語らず、しかしオリンピック年に施行を目指すという。

国民に向き合うことなく、「自分」の悲願だけが前面。 

アベノミクスはどこに行った? もう誰も「ア」の字も語らない。

潤ったのは国民ではなく、軍需産業と、首相の友達、閣僚の家族だけだ。

日本の貧困は、先進国の中でも際立っている。

アメリカ同時多発テロ後、自衛隊員が在職中に56人も自殺したそうだ。

自ら志願した隊員でさえ、過酷な状況は精神をこわす。

もし一般国民が徴兵され戦地に出たら?どれほどかは、過去をみればわかる。

新緑の空は、今日はどんよりと重たく雲が覆っています。

明日は30度近く、気温上昇というし・・・5月の爽やかさはどこに?

重たい空気を一掃したいね。 明るい話題をさがしましょう。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GWおしまーい

2017-05-07 17:19:14 | 日記

特に遠出するわけでもなく、のんびり過ごしたGWでした。

そうそうそう言えば、夫も私もそれぞれ小さな衝動買いに走ったな。

 これだね

 夫は、キリンの絵柄の小さなスツール

・・・孫の腰かける姿を思って、思わず買ってしまったんでしょうね。

 私は、ケルヒャーの高圧洗浄機

・・・ジャパネットの番組見て、思わずね。やる気満々だったのだけど、

結局なんだかんだで、使わないうちに連休終了。やれやれ(^-^;

まあ、ね。それぞれの使い心地は、後にレポートすることにしましょう。

連休中には、いろんな紙面を読んでみるのもまた一興。

 読売にフジ 面白いねえ

「自衛隊の合憲化」が使命? 首相自ら、今の自衛隊は違憲とおっしゃってる?

「いずも出撃」? まだ攻撃されないうちから出撃するのは違反では?

総理大臣には「憲法遵守義務(憲法99条)」があるはずだけど、

これらの記事は、どう読めばよいのかしら?

   

安倍首相がゴルフに興じる間、福島では除染手つかずの森林で必死の消火活動。

一週間燃え続け、50ヘクタールが焼けたとか。県は放射能の心配なしというけれど、

学者の中には、高濃度の放射線物質が関東まで飛散という人もいて、

小さい子供や、野鳥たちは大丈夫だろうかと心配になりました。

さあ、長いお休みはおしまい。明日からはいつも通り。

新緑を胸に吸い込んで、また日常をはじめましょう。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よいしょよいしょ

2017-05-05 16:59:43 | 日記

この連休、赤さんは1歳になり初節句とともにお祝いしました。

 パタもお祝いにきたよ

赤さんサイズのリュックを作ってあげたら、娘がこれに御餅を詰めて

お祝いに使ってくれました。

「一生食べ物に困らないよう、健やかであるよう…」 よいしょよいしょ

御餅の重さによろよろコロコロしながら、それでも泣かずに頑張った。(*^^)v

 

それから、満を持してスクッと立ち上がり、嬉しそうにパチパチパチ。

これで「赤さん」卒業だね。 おめでとう。

今はまだ小さなその背中、これからの人生、自分で選んだ荷物は背負っても、

国に負わされる荷物につぶされることのないように、祈ります。

祈ると同時に、私もまた未来の責任を考えたいと思います。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すがすがしく

2017-04-30 21:07:48 | 日記

若葉のやわらかな緑が、優しい気持ちにさせてくれる季節です。

昨年あたりから聞かれるようになった「イカル」の空高く響く囀りで、

朝が始まります。鶯も鳴いているのだけれど、少し押され気味。

このあたりの雑木林に集まる鳥たちも、少しずつ勢力がかわっているのかな。

そらのご飯を仕入れに、いつものビバペッツに行ったら、

まだ学生のような若い店員さんが、袋に詰めてくれました。

 そら専用オリジナルブレンド~

他の鳥さんたちのゲージを見ていたら、見慣れない餌があったので尋ねると、

「菜種です」と成分など細かく説明してくれました。

餌だけでなく、小鳥にも精通しているみたい。

色々と聞いてみたくなるほど、すがすがしく明快に答える青年でした。

明日からは5月。

20代30代は気にも留めなかった祝日「憲法記念日」も もうすぐ。

ここ数年、にわかに重みのある日に思えてきました。

 あらためて読んでおこう

今年は、憲法を守りたい人たちの集会を禁止する自治体があるんだとか。

今ある「憲法を守る」ことに偏ってはいけない? なんだか変だね。

キノコ狩りも双眼鏡も、怪しまれることになるかもしれない「共謀罪」。

聞いても聞いても 何一つまともに答えてくれない法務大臣。

ねえねえ このまま成立しちゃって大丈夫?

ああ、ビバの青年は なんててきぱきと答えてくれたことだろう。

その道にすすむと決めたら、とことん向き合って勉強する。

そういう姿勢、法務大臣は、ビバの店員さんに見習ってほしいものです。

 頼みますよ 大臣

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

話したいんだ

2017-04-25 07:01:39 | マメルリハ

 ブログを通じて知り合った友達が、そらに会いに来てくれました。 

彼女がこよなく愛するスヌさんたちも一緒にね。

私がカレーをご馳走するねと話したら なんとスヌさんのライス型もご持参。

 ほのぼのランチタイムになりました。

ゲージから羨ましそうに眺めるそらも 一緒に写真におさまりました。

家族のこと 世の中のこと 病のこと いっぱい話せたし、何よりも

そらが元気な時に会ってもらえて、ほんとに良かった~!

楽しいひと時のあと、TVをつけたら「パニックにならないで的確な行動を」…と

どこかの自治体職員が話している映像が写って ギョッとしました。

北のミサイルに備えてのことらしい。

横浜市広報もこんなツイート

でもこれって 本気なんだろうかね? 私には建前としか思えない。

いざに備えるならもっと大々的に報道すべきだし、

案の定 母に聞いたら こんな報道があること全く知らなかったもの。

だいたいこれだけ北の脅威を言う割に、稲田防衛相はGWには東南アジア外遊。

のんびり日本を離れるというのだから・・・"(-""-)"

どうもリアリティーに欠けるお話です。

私たちには、愛すべき人たちがいて、守るべきものがある。

私欲にかられた「自分ファースト」の人たちに翻弄されるのはコリゴリ。

*****

あああ 今日もまた ほのぼの幸せな話題でしめくくれなかったな。

だって心配なんだもの。日常が壊れてしまいそうで ・・・

この思いをしまい込んだら その日が来てしまいそうで ・・・ 

 だから 話したいんだ

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

向き合って

2017-04-17 19:25:50 | マメルリハ

そらの衰えに、心砕く我が家の面々。 例えば夫は・・・

体調が悪い時ほど、そらがほしがる穂紫蘇を切らすまいとネットで大量注文。 

そして 届いたコレ!

 10パックってさ (;O;)

こんなにいっぺんに どうやって干すの~ 

天日に干し、扇風機にあて、あの手この手 …これは私の担当。

でもまあ まずは新鮮なうちに生で召し上がれ

 生穂紫蘇 ぜいたく~

もりもり食べて また明日。

さてさて、もうじき筍が顔をのぞかせる季節だけれど・・・

日本はうかつにタケノコ狩りもできない、窮屈な国になりそう。

籠池問題で他が停滞!なんて、何人かのコメンテーターがいかにもなことを

言っていたけれど、いざそれ以外の審議となっても この答弁ではね。

今国会で、金田法相がまともに答えたのを一度も見たことがない。

それに「北朝鮮ミサイルが~」とさんざん国民をあおりながら、

当の首相はこの局面で、芸能人に囲まれて満面の笑みでお花見ですもの。

  

教育勅語に銃剣道、ヒトラーの「我が闘争」…、教育現場への権力の介入も

目に余る。これでは隣国のおかしさなど言ってられないほど恐ろしい。

つまるところ「森友学園」や「加計学園」をきっちりやって、

総額400億円ともいわれる官邸をめぐる『忖度』を透明に掘り下げた方が、

よほど、のちのちの日本のためになるのではないかしらん?

家族の小さな命に向き合うことに懸命な私。

首相は、どれほど国民の命に向き合ってくれてるのかなと思います。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

break

2017-04-11 07:16:26 | マメルリハ

桜のころの雨模様。仕事に一抹の不安を抱いていたら…やっぱりね。

17日の締め切りまで、張り詰めた状況になりそう。

PC前に陣取る私に、そらが「ねえねえ」と呼びかける。

ホッと気持ちが緩んで肩の力が抜けた。そうそう始終構えていても仕方ない。

ブレイクタイムが必要ね。久しぶりにそらと新聞を読もう。

        思うようにいかぬ退位、悔いなしの引退 対照的な記事だね

だけど… 私はこうしてブレイクタイムが取れるんだから幸せ。

空から爆弾が降ってくる。家も家族も吹き飛ばされる。病院でさえ目標となる。

そんな怯えた日々に生きる人がいる。 まさに今、この時も。

私たちが納める年金は、日本年金機構GPIFが運用するわけだけれど、

まさか殺人兵器を作る会社に投資しているなんて、思いもしなかった。

「クラスター弾」殺傷力が高く、人道的見地から国際条約や法律で禁止されてる

おそろしい爆弾を作っている、アメリカのテキストロン社。

その会社の株式を保有したのは、もちろん安倍政権になってからのこと。

自分の老後のための年金が、人殺しにの上にあるってことなんだ。(;O;)

そういえば安倍政権が、化学や生物兵器を否定しないとしたのは、

昨年春のことだった。美しい国づくりは、人を「壊す」ことをいとわない。

 そらは 33グラム

私には計りようもないほど重い家族の命。壊すことは許さない。 

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また来年

2017-04-09 16:22:54 | 日記

4月に入ってから春らしくはなったけれど、強い風の日が続き、

それに合わせるかのように、怒涛の如く編集作業が舞い込みました。

肩パンパン 首コチコチ 目シパシパ 

そして吹き荒れた風が静まって 作業も終盤となったわけだけど・・・・。

しかし、今度は雨模様か。なんだかな。クレームきたらやだな。

花見にも 仕事にも 不運な日和です。

それでも貴重な晴れ間に、友達と恩田川の桜道を散策したり、

実家の満開のしだれで夜桜を楽しんだり。

何万という花の連なりに心揺すられる自分に、やっぱり日本人なのよね私、

などと思ったりしたのでした。

 赤さんにも日本人のDNA?

 東京タワーも桜仕様 ね

日本人の心は素敵だけれど、「日本固有」を強要されるとうんざりしちゃう。

道徳教材の、パン屋を和菓子屋にかえたり、アスレチックの写真を和楽器店に

差し替えるなんてね。 これには、ばかばかしいと思った程度だったけれど、

中学の武道に「銃剣道」を加えるとなると、どうなの?と首をかしげたくなる。

銃を模した棒を手に、学校でいったい何を教えようって?恐ろしい。

稲田防衛相は、「戦闘」を「衝突」とオブラートに包んだときのように

「国家の一大事には天皇のために命を捧げよ」という核の部分はかくして、

「親孝行や友達を大切」を前面に、教育勅語を肯定。その後の閣議決定。

いったい現政権は、日本の子ども達をどこに導こうというのでしょう。

あと数日で、桜ははかなく行くでしょう。「また来年」を誓って。

 恩田川にて

けれど戦争ではかなく散る命に、また来年はない。

学校で「来年の希望より お国が大事」と教えるようなことは、

私は反対です。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お騒がせ そら

2017-04-03 09:50:07 | マメルリハ

えへへ どうしたかって? まあまあ ゆっくり聞いてください。

 

3月最後の冷たい雨で区切りをつけたように、

4月になってはっきりと春がやってきました。

冷たい日が続いたおかげで切り花の日持ちが良くて、温かくなった途端

固く閉じていたカサブランカが一斉に開花しました。

夕方、リビングのテーブルで水揚げしたり剪定したりしたのだけれど

むせかえるほどの香りに、たまらず室内から玄関に移動しました。

それからものの数分、あれっ?そらの様子がおかしい。ゲージのなかでバタバタ。

落ち着かせようと手のひらに載せると、力なく指も閉じて首もぐったり

ただならない様子。 どうして?ついさっきまで元気だったのに。

その後10分間隔くらいで、力を戻したりぐったりの繰り返し。

ただ、乾燥させた紫蘇の実だけは目をつぶったままボリボリと食べる。

たまに水分を欲する。そうやって手のひらの上で過ごすこと7時間。・・・・・

自力で止まり木に戻れました。 やれやれ( ;∀;)

それにしても、原因はなんだろう?放鳥もしていないし、餌もいつもどおり。

まさかまさか、カサブランカの香り?

そらには、3年ほど前から時々こういうことがおこります。

原因不明 内臓系ではない、脳なのか神経をやられたような麻痺がおこる。

これからはますます気を付けて、疑わしきものを極力近づけないようにしなくては。

目に見えないものこそ怖い。香りにも気を配らねばと思います。

そらの復調とともに、外はうららかな陽気。

にょきにょき伸びるつくしんぼのそばで、アリがせっせと

巣作りに精を出しています。

「何事もない日々」が実はすごく幸せということ、

あらためて感じる、春のはじまりです。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

3月のおしまいに・・・

2017-03-29 15:38:33 | マメルリハ

そらが我が家族になったのは2008年3月 はや9年。

月日の経つのは早いものですねえ!好物のほじそでお祝いです。

 やった 新鮮穂紫蘇

 お祝いに頼んでくれたの~

 めでたやめでたや ごちそうさん

 *

家族が元気でいるのが一番の幸せ。

突然の雪崩で家族を亡くした方々の悲しみは いかばかりか。

ましてや防げたかもしれないとなれば・・・。

3月は、東北が悲しみに暮れた日。

フクシマは収束どころか、炉心は地下水に到達し放射能が拡散して

あきらかにがん患者が増えている。

それなのにあちこちの原発に再稼働の動き。おろかなり と私は思う。

「電源喪失はありえない」「アンダーコントロール」という安倍首相の言葉が

日本を禍に巻き込んでいる。

そういえば最近、誰かが言ってたな。「官邸は嘘をつかない」って。"(-""-)"

あの時 やめる勇気をもっていれば…。「後悔先に立たず」と多くの先人が言う。

明日で3月もおしまい。ここ数日の寒さで縮こまっていた桜。

 昨日の恩田川遊歩道

一番乗りで開花したこの樹に、今日のあたたかさで他の樹も追いつくかな。

4月は明るい話題がふえるといいな。

春の息吹をわかちあって… まずは自分から家族から 一歩前へ。 

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花束の時

2017-03-25 09:11:41 | マメルリハ

別れのシーズン・・・

帰り道の電車で 花束を持った学生やサラリーマンを見かけます。

 お花はいいね

 いい匂いだし

・・・おいしいもんね よくよく食べられるお花を吟味してね

今や小学校でも 袴姿の卒業生が増えているんだそうな。

長い裾仕様になっていない体育館の階段や ひな壇や シートに、

着慣れない子供が転びやしないか、先生はハラハラなんだとか。

別れを惜しむ最後の時に、ステ~ンといったら悲しいもんね。

大人ならいざ知らず、色々考えると、小学生で袴はどうかなと思います。

そんな子たちがいる一方、子供たちの貧困は一層深刻。

さらに言えば、学校にかける自治体の予算も厳しいから、

来年の雇用に保証がない臨時任用や非常勤の先生が増えている。

びっくりするのは、退職後に再任用される校長先生が多いこと。

自治体にしてみれば、実績のある先生に残ってもらえれば安心だし、

現役より3割近くお給料を減らして雇えるからいいのかもしれないけれど、

退職後の先生がそこにとどまれば、あとに続く現役世代は 当然

昇任する機会は減ってしまうし、新卒採用も少なくなってしまう。

学校の先生の高齢化は、あまりよろしくないんじゃないかと思うけどな。

齢は誰でも絶対とるからなあ。若者に道をゆずり、世を活性化することも大事…

と、今月一つ齢をとって、しみじみと思います。

命をついだ子供たちと、ピクニックにでかける平和なひと時。

 最高のプレゼント

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こだわり

2017-03-18 08:33:56 | 手づくり

「ちょっとそこまで出かけるときに ちょうどいいバッグ」という母の指令をうけ

いつものごとく行き当たりばったりで トートバッグを作成。

 うちにある材料を確認

財布を生地の上において、定規で線引っ張って… 適当ソーイング。

 こんな感じに仕上がりました。

 内側が暗いと物が探せないと言うので明るくね。

母は、持ち手は短くと言ってたけど、転んだ時困るから肩にかけられる長さにしました。

私がトートバッグとつくるときの「こだわり」が三点。

 財布が外からみえにくく また飛び出さないように、ポケットに蓋。

 鍵が迷子にならないように、ホルダーつき。

 携帯は入れやすく だけど抜け落ちないように、入れ口に縫い込み。

ちょっとしたことなんだけど、安心感が違います。

人それぞれ「こだわり」ってあるよね。ハンドメイドする時もそうだけど、

調理器具のしまい方とか、掃除の手順とか、手帳の使い方とか・・・

そういうこだわりが、生活をスムーズにしたり、便利にしたり、

安全にしたり、間違いを減らすことにつながるんだと思います。

大事な仕事をする人はなおのこと、こだわりというか

流儀みたいなものがあるんじゃないだろうか。

大きな取引や決め事は、記憶に頼らず、必ず記録に残すとかね。

最近の政治家や官僚はどうだろう?

国会議事録の改ざん、不都合なデータや日報の消去… 

正しく行うための流儀はどこへいってしまったんだろう。

籠池さんは、100万円の振り込みに記録を残したようだけど、

首相当人の名前は、気を使って明記しなかったそうな。それが裏目にでるのかな。

日付と郵便局の認め印だけでは証拠にならんと、与党は逃げるのか。

白紙領収書が合法の政治家たちが、民間人の記録をどうこう言うのもなんだかね。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加