シクロクロスで旅のレポート

ロードでもなくMTBでもなく、シクロクロスは「旅」のできる自転車です。そんなシクロで旅したレポートお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

懺悔(x_x)

2009-04-22 08:49:44 | Weblog
 え~、思いこみというものはとんでもなく単純な事をすら見えなくしてしまうものですが、そんな思いこみのお話しです。一度こうだと思いこんでしまうと、視野に入っていてもそれと認識できないこともあります。僕なんか特にそうかもしれません。そして異なる事実の上に様々な解釈を構築してしまうということも、これまたあり得る話しなのであります。僕のシクロクロスの実に柔らかい乗りごごちは、間違いなくクロモリのそれでありまして、あのDE・ROSAのNeoPrimatoに試乗した時の柔らかさとおんなじだぁ~(^O^) と、独り悦に入っておられたのもこの思いこみのなせる業でありました。
 それはボトルケージの陰にかくれて見えていなかった一枚のシールが視野に飛び込んで来るまで訂正される事はなかったのであります・・・。そのシールに書かれていたこととは「CUSTOM SELECTED ALUMINIUM TUBING 7005」という文字でありました。な、なにぃ~?? 僕のシクロはクロモリじゃなかったのぉ~??驚愕の一瞬でありましたですよ。じゃあ、あのNeoPrimatoと同じような柔らかな乗り心地はなんだって言うんだぁ?・・・どうやら700×35cという太いタイヤのせいらしいよ(;^^) 
 皆さま、あまりのことに開いた口が塞がらないかも知れませんが、ここに懺悔いたします。僕のシクロクロスLGS-CCTはアルミフレームでした。その前に乗ってたフジのコンポは確かにクロモリでありましたが、それとの違いさえわからなかった自身の鈍感さにはますます恥じ入る思いでありますm(__)m でもまさか10㌔以上ある僕のシクロがアルミフレームだったとは夢にも思わなかったですよ。ショックぅ~(x_x)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の峠 | トップ | 「はらがたわ峠お掃除大会」... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
・・・・・・ (GONZOU)
2009-04-22 19:26:40
えぇっ!
いまさらですか!!
う。。。 (あきこ)
2009-04-23 06:59:49
いやぁ、けど、わたしも、同じようなことしょっちゅうあるし、、、(笑)

あ、初めておじゃまします~。
ブログにコメントありがとうございました。
早速ブックマークしてくださってる~。うちからもリンクさせてくださいね。
わぁぁ、ごめんなさ~い (石田 力)
2009-04-23 14:00:20
Gonzouさん、毎度ッス・・・
 いまさらで、いまさらなんですぅ~
 ちゃ~んと、フォークやエンドの先っぽに開いてる穴が錆びて来てたんで、クロモリだとばかり・・・
 
はじめまして (石田 力)
2009-04-23 14:02:30
あきこさん、はじめまして
 楽しそうに自転車のられてますねぇ~
 僕も北大阪がベースなので、もしかするとどこかですれ違っているかもしれませんね。
 これからよろしくお願いしま~す

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。