日々天天

マルチーズ たつくんの思い

私物の買い物京都編

2017-07-16 08:52:48 | 日記
  
  京都のタオル屋 今治のブランド 伊織です

  此処は京都店です

  今治の素材は良いと分かっていたのでベビーのお祝いは此処と

  ピックアップしてました お祝い返しは赤ちゃんのお世話で

  親は大変だと思ったので お返し無しのお心だけの御印を選びました

  あの子はしてこの子はしないという理不尽な事は出来ません

  その子の親を知る限り・・・・

  この世に生命を誕生は出来るだけ周りに祝福してもらいたいものです・・・・

  それが親の初めての役割なのです・・・・

  
  本当に祝ってもらえない誕生・・・日本には有るんです

  ご飯をまともに食べさせて貰っていない子も日本にはいるのです・・・


  私は物ごころついたとき母方のおばあちゃんに告白されました 

  父は私の誕生・・・出産に逃げていたそうです・・・

  おばあちゃんが探して探して・・・産婦人科に連れて来たそうです
  
  母は子供を誕生させ祝ってもらえるお祝いを 母とおばあちゃんで

  私の誕生を迎えたそうです・・・・

  未熟児だった私に  未熟だった父は 保育器の中の私を見て

  死ぬだろうと言ったそうです  母は泣いていたそうです・・・・

  生んでくれたことを喜びもしなかったそうです・・・・

  そのことは今後父との向き合い方を考えるべきだとおばあちゃんからの

  私の選択方法を話してくれました・・・・

  その話は 母が私が20歳の時に亡くなった時聞かされたのです・・・・。


  今命の誕生を重くおめでたい事を受け止めれるのは・・・それが有るからなのです

  一人でも多くの人に祝ってあげるのが誕生なのです・・・・

  命は地球より重たいのです・・・・・

  祝ってあげなければいけないのです・・・・

  お祝いの品は出来る限り同じものでもデパートに出向きます

  お祝いですから手で触って観て売り子さんにアドバイスも受けて

  包装紙から熨斗 梱包も しっかり確認注文をお願い選びます・・・

  値段が高い安いの問題ではなく・・・・

  先方の心と身体に寄り添い・・・選ぶのです・・・

  この素材はガーゼのリバーシブルでテーマーは森です

  いつか言葉がしゃべれるよになったら これは何? これはきつねさん

  うさぎさん とりさんと話が出来る様に・・・

  此処がお店を出し数年しかたっていないですけれど・・・もっと早くに出会いたかったお店です
 
  現役の間良いお店です お世話になりましょう~

  

    

  節目の祇園・・・縁起の良い日の買い物です・・・


  出向いて選べて良かった~~っ手で触り色を確認して・・・良かった~

  無事に育ちます様に・・・・育てられます様に・・・願います・・・

  ウオークタオルも汗をよく拭きます 肌触りで 汗を拭いたところがダメージを受けます

  肌触り抜群のガーゼ地でいい買い物が出来ました

  ととうのポロシャツも

  

  昔 少しデパートでイトキンの服売り場で修行をしたことが有るのですが

  メーカーは色んな服を作るのですが 店舗はその店長さんのセンスに任され

  店頭に並ぶことを私は知っています

  それが個性なのです・・・このブランドが気に入らない?・・・

  違う店舗に行くと違う色素材が御座います・・・その地域のニーズに合ったものを

  販売していますので・・・決めつけずにトライしてくださいませ

  京都は 家のととうのサイズ素材色がそろっているのです・・・


  しかも4000円ほどバーゲンでお得でした足を運ぶ価値あるのです

  何故なら形崩れがしなく長持ちするので アウトレットで購入よりも

  断然お得なのです 少し値が張ってもデパートはお得なのです 

  最近疲れが顔に出るので

  明るい色を本人は希望でした

  隠れた所に小細工がされて粋を感じさせるデザインが年相応で良い感じです

  まさに京都風がテーマです

  今日だんだん


   

   
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病抜けの神社に・・・ | トップ | 京の献立 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。