日々天天

マルチーズ たつくんの思い

在宅医療・・・

2017-05-20 07:13:07 | 在宅医療
10数年前お義母さんの他界でヘルパーの免許を慌てて取った

当時介護という制度が出来かけの頃 色んなケースの話システムを勉強できたのです

今後将来出来るシステムも へーっとびっくりしてしまう

世の中の現実も心構えとして勉強することが出来ました

現実に仕事として活躍はしていないし タイミングを逃してしまった年齢だが

いつか自分たちが受けようとする介護は無駄にはならないであろう・・・・

昨日ととうが仕事から帰宅し食事をしながら観ていたテレビに

三重県の在宅介護の24時間体制の医院長も若い病院のドキュメントがやっていた

その医院長が医師の勉強中感じた事

こんなにシステム機器がそろっているのになぜ空し亡くなり方をしなければいけないのか

怒りを覚えたそうです

その病院では年間300人ほど看取り旅立ち介護をしているそうで

全国でもトップクラスの評価を受ける病院だそうです

末期がんの病院での治療を卒業され家での看取り介護をうける数名のお年寄り

末期でも少し目標をと・・・その女性は桜が観たいとお孫さんを含めみんなで車で

満開の桜を見に行くことが出来 お孫さんの初自転車を乘るのを見ることが出来・・・

家路に帰り2日後 様態は急変 医院長はご主人様を違う部屋に呼び

お別れが近づいて来ましたという説明をされていました

夢の中でひとりごとを言う事が増えます・・・

びっくりしないでください・・・・

医院長先生は言います 

看取り介護は家族にとってお別れがとても辛い事と思います

しかしその分家族が看取った達成感は後悔というものが無く満足して最期を別れる事が出来るのですと・・・

そして取材中医院長が退散した後 その女性は声をふりしぼるように優しく「お父さんありがとう」と確かに言って衰弱されました

先生は又戻って来て問診をされかすかに心臓が頑張ってます・・・と最期を看取られました

御主人さんは隣で寝起きして在宅医療に寄り添い奥様を見守られました

でも私は奥様は家族の息のする場所で最期を迎え旅立つことができて嬉しかったと思います

ご主人様はこれで良かったのか?とおっしゃってましたがその顔は良い達成感で見送った家族の顔でした

私は学校でその将来そういう看取り介護の時代が来る 施設の維持はそんなにうまくいくものではなくなると

国も行政も見通していました



我が家も子供を断念し ととうにおねだりしマンションから一戸建てに引っ越し

私は着々と老後介護しやすい出来やすい ヘルパーの学校で学びヘルパーさんが介護をしやすい

家造りを2年ほどかけてリノベーションして貰い

今は不安はありません

病に倒れた時は今回のひどい風邪でも大事な人にうつすことなく安静に出来たこと

そして私が将来お願いしたい受けたい介護の現状を確認できたこと

昨日はそれが人生の収穫でした

広すぎてもいけません 無駄のない同線を作ると行政も施設もスタッフも介護見守りに集中できます

シンプルに掃除も楽に出来るように誰が来ても分かりやすく・・・衛生的に

いつか来るんでしょうね・・・・その時が・・・

掃除がしにくい家具もNGです ヘルパーさんのお手間がかかります

今施設の火事 職員の虐待 殺人・・・運営 課題が山住になっています

訪問の良い処は 病院も職員も気分転換が出来る事 24時間患者に触れることが無いので

マイナスの心のストレスが感じにくい事です

移動中にリセツト出来る事が互いの利点です

今食事も宅配が豊かになってきています お掃除屋さんも豊かになりました

私の住む地域には80すぎて一人暮らし 介護のシステムをうまく利用して

心臓のペースメーカーをつけて酸素瓶を持って自立されている方が居ます

ゴミも自分で捨てておられますし 地域が疲れない様に生きておられます

私も朝早くのウオーク中お会いする日が有りますけど

ゴミをお手伝いすることはありません

家に入るまで一緒に歩き家に入るまで見守るだけです

又ね・・・と声をかけると手をあげて笑顔で受けてくれます

私は見守り応援したくなります・・・・

ととうにも日々そんなじじいになってくださいとしつけ格闘中です

私もそうですが・・・・

今日はたつ君のトリマーディお姉さんにすっきりんしてもらいに行きます

今日は黄砂が飛ぶそうです気を付けてください・・・


今日もだんだん












ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欲を言っていいですか・・・・ | トップ | お姉さん綺麗に切ってね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。