おくびょうなネコ、時々思いのまま

カギしっぽの(=^・・^=)と綴る日常の平凡

荒神様正月飾り 穂先は右?左?

2016-12-31 15:32:09 | 猫のつぶやき

ごきげんよう

 

荒神様はかまどの神様 

こちらでは画像のような舟飾りが主流となっています


  

 

たぶん、ごぼう注連(ごぼうじめ)を舟に見立てているのでしょうが

穂先が右を向いたのが圧倒的に多く 左穂を探すのに毎年苦労しています

なぜ左かって? ずーっとそうだったからハッキリしたことは判っていません。

 

ネットで検索してみると 

ごぼう注連の飾り方は、神は左を神聖な物としており、右を俗としてるため、

神様から見た左側(人が神棚に向かうと右側)に藁の太い部分が来るように飾ります。

とあったり、地方によって飾る方向は違うとあったりで 疑問は解けませんでした

 

そのなかで面白かったのが 海老飾りというのがあって 穂の向きによって

入船飾りと出船飾りがあり 海老飾りは右を太く左を細くするつけ方を『入船』

左が太く右を細くするつけ方を『出船』と呼び お客さんがたくさん来て欲しい商売の方は

『入船』がよく外に出てたくさん稼ぐサラリーマンの方は『出船』がいいと言われいる

というわっか屋さんの記事に出会った。


でも家は商売してないけどね 来年からは迷わない注連縄にしよっと!


それでは皆様 よいお年をお迎え下さいませ。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネコネコバンバン | トップ | 初春によせて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

猫のつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。