おくびょうなネコ、時々思いのまま

カギしっぽの(=^・・^=)と綴る日常の平凡

節切り 十一月節 大雪 上弦 

2016-12-07 20:53:36 | 旧暦に生きてみる

ごきげんよう

 

二十四節気 第二十一番目 「大雪(たいせつ)」

雪いよいよふり重ねる折からなればなり (暦便覧)

 

朝の冷え込みは厳しいですが「天地閉塞雪降る」のは

西日本地方はまだまだ先の話ですね。

 

 

枯れ色見せ始めた山肌に昼過ぎに昇った月は

陽は高く雲と区別がつきぬくく撮影チャンス逃がしてしまいました

 

 

上弦時刻の月 月齢7.9

 

 太陽との黄経差 90° となりました。

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つるのは何故に謝らにゃなら... | トップ | 陰暦 丙申年十一月 十三日月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旧暦に生きてみる」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。