海と山と

釣りと近場の山歩きを趣味とするリタイヤおじーのひとりごと

笠岡の菜の花畑

2017-03-20 16:42:39 | 気ままに
3月20日
 テレビの情報で、笠岡干拓地の菜の花畑見物に行ってきた。
今夕から曇りらしいが日中は晴れていて、気温も暖かい。
久し振りに海の方に行ってみたかったが、春霞か黄砂なのか視界がかなり悪い。
多分黄砂であろう。3日前に車を洗ったが、ボンネット、屋根に積もるように
白く見える粉が付着していることから、黄砂が主な原因だろうと思う。ダークブラウン
の車なので、白い粉が余計に目立ってしまう。

海は視界の良い時にとっておいて今日は菜の花畑。

干拓地の菜の花畑も2~3Km先の山がボー。
そんな中でも1000万本の菜の花が一斉に咲いている光景は見ごたえ十分。

人間も啓蟄を過ぎるとやはり外出の気分になるのだろう、多くの人で賑わっていた。
植物は芽吹き、花が咲き、昆虫も飛び交い、鳥もさえずり、魚も活性化し、啓蟄とは
虫だけでなく春を待つすべての生物が対象の言葉なのだろうとあらためて思ってしまう。


これからは行楽地が賑わう季節。春を満喫しなきゃ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春です | トップ | ラジオを聴きながら »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうはいかない (さすらいの、、、)
2017-03-23 10:34:45
12月から折角咲いた桜花を散らすまで寒風が吹きまくりさりとて夏は涼しい風はない。10日位エアコンを使う。当地の民家のほとんどは9月にはエアコンはコモかぶり、マンションなどでは暖房に使う部屋もあるようですが。もっぱら冬は石油ファンヒーター。
8㌔離れた公園で水仙が咲き始めたようですが、商工業者の旗が多くて写真を撮ると言うわけにはいきません。北関東は一部観光地はともかく見物する所はあまりなく那須別荘地も原発事故以来、東京に転居する人が多いようです。
災害は終わっていない (th1911)
2017-03-24 13:54:32
さすらいの、、、さん
先にも書きましたが、原発事故の放射能の問題はまだ終わっていないことをマスメディアはどうして報道しないのでしょうか?汚染水は今どうなっているのでしょうか?各地の放射能濃度はどうなっているのでしょう?一体原発事故にかかわる経済損失(個人負担も含め)はいくらで、復興に掛かった費用は現在いくらかかっていて、今後どんな費用が発生するのかなど、原発が一度事故を起こすと莫大な損失につながることを明確にしてほしいものです。使用済み燃料の処理は今後どうするのか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL