海と山と

釣りと近場の山歩きを趣味とするリタイヤおじーのひとりごと

木枯らしが吹いても青空があれば

2016-10-29 16:07:10 | Weblog
10月29日
 朝から気持ちの良い青空だが、気温は低い。
近畿地方は木枯らし一番が吹いたらしい。
天気図を見ても西高東低の冬型気圧配置で等圧線が縦縞で日本全体
を覆っている。
まだ本格的な寒気が下りてきていないので、寒さはそれほどでも
無いが、北風がここ中国地方にも吹いて肌寒い。
この天気図を見ると気分的に滅入ってくる。

種松山を歩いても、空は冬の雲。しかし、この青空に浮かれてくる。


冬特有の空で、空気が澄んでいて冒険の森の展望台からは
遠く瀬戸内海から四国まで見渡せる。


頂上近くの真弓池も寒々としている



季節は冬に移ってきているが、陽射しと、この景色が有る限り
種松山歩きを続けることができる。後は体力がどこまで続くか。

ちなみに、これを投稿しているときに、「陽射し」と「日差し」の
違いをふと考えてしまった。
辞書によると、どちらも同じ意味らしい。
感覚的には「陽射し」の方が暖か味を感じることができ、冬には「陽射し」
を使いたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大相撲倉敷場所が定常的に | トップ | パソコンと血圧 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
寒風 (さすらいの、、、)
2016-10-29 20:43:59
那須・茶臼岳から大佐飛~たかはら釈迦が岳~大真名~男体と続く北西の山脈から今日は一日寒風にさらされた。大阪から転居した方が初めてこの風に「台風かと思った」と言ったように並大抵の風ではなく昨夜から眠気もさえぎられる有様、雨の後は必ず吹く。夏を除いた春・秋・冬に吹きまくる風で日本一の乾燥地帯と言われる。
小高い山からの海を挟んだ風景はカメラを向けずにはいられないことでしょう。
厳しい気候 (th1911)
2016-10-30 09:36:36
栃木県の気候は夏暑く、冬が寒いという気候のようで、寒さが応える今の私などはとても住めません。想像しただけで血圧が上がってきそうです。体感温度も下がり、皮膚は乾燥し、体に良いことは全くないと思います。ここ倉敷も冬になると連日乾燥注意報が発令されます。最近では肌用クリームが欠かせません。1か月でニベア200gを一本消費するくらい使わないと、肌がピリピリしてきて赤い発疹が出てきてしまいます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL