東京学芸大学男子ソフトボール部ブログ

試合速報・チーム近況・イベント情報など

勤労は日本人の三大義務の一つです。

2016年10月12日 10時07分52秒 | 部員ブログ
みなさんおはこんばんにちは。
部活とバイトを見事に両立している1年浅賀です。ちなみに今バイトから帰ってきてこれを書いています。(10月11日午後11時)
いくら稼いだか?皆さんの想像にお任せします。ヒントは、地元で製造されている、あの伝説のスナック菓子、みんな大好きう○い棒1万6000本分です。
なぜバイト戦士へと転職したかといいますと、9月はバイト先の3年生が教育実習へ行ってしまい、さらに部活も前半はOFFだったということもあり、やることもないのでめっちゃシフトを入れたためです。その結果月155時間勤務という素晴らしい(?)生活を送ることが出来ました。うん!大学生っぽい!

さて、今回のブログリレーはお題FREEということで、この155時間で起こった壮大なドラマについて書き連ねていこうかと思ったのですが、このブログは意外と多くの方に閲覧されているようで。部員や学芸大生をはじめ、きっと多くの大学ソフトボール関係者や来春入部希望の受験生が息抜きで読んでくれているのでしょう。それゆえここで僕の失態を晒すのは恥ずかしいので別の機会に。(お釣り小銭50枚事件やヘルプの子可愛かった問題、浅賀初ラブホテル事件など、詳しく知りたい方は直接聞いてください)

では、何について書こうかなと三日三晩考えた結果、この入学したから半年ほどたった学芸大の真実について明らかにしていこうかと思いました。(まぁ、要するに学芸あるある)
なぜかというと……

この大学知名度低すぎ!!

と前々から思っていたからです。このブログの読者であるだろう校外の方々に学芸大の現状を少しでも伝えられればと思います。それでは早速始めましょう。

思い返せば高校二年生の時です。

浅「俺、東京学芸大学目指すわ。」
友「え、お前国公立志望じゃなかったっけ?」

はい、ダウト。学芸大は国立大学です。彼は大学調べをサボタージュした人間ですね。受験生の皆さんはきちんと大学調べしておいたほうがいいですよ。ほんとに。

さあ、続いて。自分の地元では有名な大学(旧帝大や地元の国立大学、早慶上智やGMARCH)の知名度は高いのですが、学芸大学の名前を知っている人はあまりいないようでした。したがってこういった問題が発生するのです。

浅 「おかげさまで東京学芸大学に合格しました。」
友親「へぇ……おめでとう」


そう。受け答えに必ず間が空くのです。あの「……」には「どこだか分からないけど、聞いたことない大学だからそんなに頭のいいところじゃないんだろうな。けどとりあえず」というメッセージが含まれています。僕の場合、推薦で決まったため、合格も早かったので私立の合格発表と重なり、余計にこのような印象を与えてしまったのでしょう。

このように高校時代から不憫な学芸大学。かつてこれほどまでに知名度が低い国立大学が存在したでしょうか?



さあ、ここからはお待ちかね。入学してから思ったことについてどんどん書いていきます。

Here we go!

・芸術大学と間違われがち。
 →へぇ、絵上手なんだね!違います。猫を書いたらウサギになります。

・履修登録の説明がかなり雑
 →ちゃんと聞いても分かりにくい。ここで先輩のありがたみを身に染みて分かる。

・講義棟で迷子
 →迷子になるときは自分がどこにいるのかが大抵わかってない。偶にW棟を指定されパニック

・コパンの水がぬるい。
 →これはほんとにやめてほしい。地味すぎる嫌がらせ。

・第二外国語の教授の差が激しい。
 →掲示板の前で繰り広げられる一喜一憂の叫び。

・学祭で何をやるのががギリギリまで分からない。
→実行委員の人に文句を言うと95%キレられるので注意が必要。

・「お花見」という名の「お木見」
 →いい場所をとるため、先輩たちは朝早くから場所取り。新入生は感謝しよう。

・ことあるごとに「学芸はクソ」といいがち
 →でもなんだかんだ学芸大好き。ツンデレが多い学芸大。

・テストが終わると同時に始まる謎の単位落とした宣告。
 →そういうやつに限って単位取っている。ほんとに危ない奴は公言できない。

・中央線の特快が止まるときに「あ、ここは東京だったな」と実感する。
 →しかし、一人暮らしをするとほとんど電車に乗らない。

・集中授業を取っているというとお金で単位を買っているといわれがち
 →ほかのカリキュラムを知らないで口走ると恥をかくので気を付けて。

・今日、○付けといて!が横行。
 →大体来週も○をつけさせられる。プロは○してすぐ退出。

・夏休みが長い。
 →もういい加減長いと思い始めるが、授業始まって3日で言い始める「夏休みに戻りたい」

いかがでしょうか?学芸生は共感してくれたでしょうか?他大学生はどう感じたでしょうか?受験生はこれをみて学芸に来てみたくなったでしょうか?これはたった一部分に過ぎませんが、リアルな学芸大学です。なんだかんだ言いながらもみんな楽しく日々を過ごしています。皆さんぜひ一度遊びに来てくださいね!

最後に1つだけ。「新歓期 めっちゃガムテ 落ちている」

以上!私の学芸あるあるでした!(一応今回のあるあるネタは自分で考えたものですが、他の人がおっしゃっていたものと被っていた場合はご容赦願います。)



さぁーて、次回のブログは??

毎週土日はバイトに明け暮れ私を追いつけ追い越せと言わんばかりに働く石田くんです!

振りをとにかく雑にして石田君を困らせようと思うので今回はこの辺で失礼させていただきます。最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋季リーグvs日本体育大学 | トップ | ストライク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。