東京学芸大学男子ソフトボール部ブログ

試合速報・チーム近況・イベント情報など

みんなちがってみんないい

2017年04月19日 22時29分35秒 | 部員ブログ



人にはそれぞれ個性というものがあります。そして、その中には長所と短所が存在します。自分と他の人を比べた時に全く同じということがないからこそ、自分のアイデンティティとは何か、魅力とは何なのか、どのようにして自分を表現していけばよいのかを考えるのだと思います。私自身、小学校〜大学まで自分から言ったこともないのに周りが口を揃えて言った言葉があります。











「なんか、ケツでかくない?笑」











大学では入学してから3、4ヶ月は浪人太りしていたこともあり、何も言われなかったのですが、気づけばソフト部の人に会えば会話でケツの話が出てこない日はないくらいみんなは私よりもケツに関心があるように思えます。詳しくはソフト部のホームページにある部員紹介とか見てください。


なので、これからはケツだけでなくまた違った新たな一面を見つけられるように頑張りたいと思います。


ということで、長くなりましたが本日は、初等教育教員養成課程情報教育選修2年の伊東航平がお送りしています。



では、本題に入りたいと思います。



1、入部したきっかけ
1番は、小学生の時にソフトボールをやっていたというのが大きいですね。中学・高校は野球をやっていましたが、もう一度ソフトボールがやりたいなって思っていました。学芸大を目指そうと思った時からソフト部の存在は知っていました。

2、入部した頃の思い出
ライズボールが全く当たらなかったことと、ゴムボールよりも縫い目がある分、ボールが大きいと感じたことです。そして、1部リーグの試合を実際に見てレベルの高さを実感しました。

3、入部してからこれまでの思い出
前回の石田くんと被っちゃいますが、インカレで鹿児島に行ったことが印象深いです。先輩達の堂々たるプレーと全国レベルの試合を目の前で見てとても貴重な経験ができました。

4、新入生へのメッセージ
ソフトボールと聞いて名前だけ知ってるとか、体育で少しやったことあるという人、野球に似てるやつでしょ?と思っている人もいるのではないでしょうか。ソフトボールは実際にプレーしてみると野球とは違った面白さ、楽しさがあってとてもやりがいを感じます。ぜひ一度、グラウンドに足を運んでソフトボールを体験してほしいです。いつでもお待ちしています!


以上お題でした!


次はきょんちゃんこと、くろさわきょうやくんです。彼の幅広い知識はとても羨ましい限りです。日に日に増して進化していくナックルボールは目を見張るものがありますね。お楽しみに〜。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春季リーグ戦 VS国士舘大学 | トップ | 春リーグvs日本大学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。