石坂久の賃貸不動産経営管理士速習講座 ブログ編

一般社団法人宅建実務教育センター専任講師の石坂久が、平成29年度賃貸不動産経営管理士試験合格のための情報発信をします。

賃貸管理士 秘密保持義務の例外 スマブロ要点ストレート

2016-09-18 12:50:02 | 要点解説編《過去問利用》
スマホとブログで資格試験無料合格講座
【スマブロ賃貸不動産経営管理士】
27年度過去問要点ストレート解説160

11. 賃貸不動産経営管理士は、職務上知った事項について、その事項が関係者の秘密に該当するもので、かつ、本人の同意がない場合であっても、法令上の提供義務がある場合には、その秘密を第三者に提供することができる。(27-3-3)

解説
第三者に提供という文言にちょっと?してしまうところがありますが、
法令上の提供義務、例えば裁判などに使うような場合などが該当しますね。
そういう場合、裁判所という第三者に秘密情報の提供ができる、ということだと思ってください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賃貸管理士 過去問要点解説 ... | トップ | 賃貸管理士が賃貸経営に関与... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL