賃貸不動産経営管理士試験2016年合格プロジェクト!

実家が賃貸管理業者で宅建講師をしている石坂久が賃貸不動産経営管理士試験合格に向けた情報を発信しています!

賃貸借契約の解除2@賃貸管理士要点98

2016-10-14 08:57:19 | 要点解説編《過去問利用》
賃貸管理士98)貸主が、6か月分の賃料を滞納している借主に対し「滞納賃料を本通知書到達7日以内にお支払いください。万一支払いがないときは、契約解除いたしますことを申し添えます。」という通知をした場合、通知書が到達してから7日以内に支払いがなかったときは、あらためて解除通知を行ない、賃貸借契約は解除により終了することになる。(P449 27-25-2)

解説
民法の債務不履行の規定では、自らの債務を履行し、相当の期間を定めて催告をしても債務の履行がない場合、契約の解除ができるとしています。
先の文書は催告にあたる最終通告書になります。定めた期間に入金がなかった場合、契約解除通知を送り、解除をします。

スマホとブログで資格試験無料合格講座
【スマブロ賃貸不動産経営管理士】
過去問要点ストレート解説160
日本賃貸経営カレッジ 専任講師 石坂久
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月13日(木)賃貸経営カレッ... | トップ | 賃貸借契約の解除3@賃貸管理... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL