石坂久の賃貸不動産経営管理士速習講座 ブログ編

一般社団法人宅建実務教育センター専任講師の石坂久が、平成29年度賃貸不動産経営管理士試験合格のための情報発信をします。

賃貸管理業務のアウトソーシング3@賃貸管理士要点108

2016-10-15 10:30:59 | 要点解説編《過去問利用》
賃貸管理士108)外注の協力業者を活用することで自社の専門性を高めることができるメリットがあるが、外注した業務には自社内にノウハウが蓄積されなくなるというデメリットもある。(P548 27-27-3)

解説
空室対策に特化して空室ゼロを長期間維持できるノウハウを持てたらすごいこと。そのために清掃は全て外注してしまった。外注先もプロなので綺麗で評判がいい。でも、綺麗に掃除をするノウハウはそね外注業者のものであり、自社には蓄積されない。当たり前の話しではありますが。

スマホとブログで資格試験無料合格講座
【スマブロ賃貸不動産経営管理士】
過去問要点ストレート解説160
日本賃貸経営カレッジ 専任講師 石坂久
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賃貸管理業務のアウトソーシ... | トップ | 原状回復をめぐるトラブルと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL