石坂久の賃貸不動産経営管理士速習講座 ブログ編

一般社団法人宅建実務教育センター専任講師の石坂久が、平成29年度賃貸不動産経営管理士試験合格のための情報発信をします。

2016賃貸不動産経営管理士試験3週間前になりました!

2016-10-31 09:30:54 | 賃貸不動産経営管理士合格プロジェクト
みなさんこんにちは。
賃貸不動産経営管理士試験2016合格プロジェクト
専任講師の石坂久です。

試験3週間前になりました。
どうりで寒くなる訳ですね。

さて、
合格を目指しているみなさんではありますが、
まだ、具体的な勉強をしていない人も
かなり多いことでしょう。

特に業者の皆さんはww

宅建でも言えることなんですが、

試験は実務とかぶらない部分があります。

なぜかそういう部分が試験に出たりします。

実務でやっているから大丈夫だ!
なんて思わないでくださいね。
試験には試験合格に必要な知識があります。

借地借家法の借家の規定に、
定期借家契約があります。

この契約方式を使わない会社も多いと思います。

でも、試験には出てきます。

住宅設備なども出てきます。
もっとも、4問免除科目なので
講習を受けた人には関係ないのですが、
受けてない人は学ばないとイケナイ。

では、どうやって学ぼうか?

日建学院から出ている問題集を持っている人は、
まず、後ろの過去問からやりましょう。
そして、やった問題の箇所を基本テキストで探して線を引いておきます。その周辺も一緒に読んでおくといいです。40問しかありません。
ここでは、理解できて解答できた問題はもうやらなくていいです。できなかった問題にしるしをつけて、それだけを徹底します。160の選択肢全てに全部マルバツがつけられるようにしてください。4問免除の人は144選択肢全部です。

この作業を1週間で終わらせます。

次は問題集の前半にある練習問題。
これは見開きで左が問題、右が解説なので非常に使い勝手がいい配置になっています。

これを片っ端からやっていきます。
注意は、できる問題があったらそこはもうやらないでいいです。

できない問題にだけしるしをつけて、できない問題だけ出来るようになるまでやります。
できない問題で、理解できない内容に出会ったら、その問題のテキスト該当ページに戻ります。

そして、その箇所を読み、理解し、さらにはそこにも線を引いておきましょう。
過去問と違う色で引いておくといいです。

最後の1週間は、過去問と練習問題のしるしがついた部分を確認し、あやしい部分はテキストに戻って確認します。そしてこの一冊を完璧に仕上げます。日建学院の問題集一冊を完璧に仕上げることができたら、相当行けるはずです。

さて、日建学院の問題集が買えなかった人。
10月29日に西新宿のブックファーストには沢山あったので、そこそこ流通しているとは思いますが、日建学院の問題集がない方。

一応、私のブログには全部載せてありますが、バツ問はマル問に変えてあります。
それから、再編集して、問題部分だけをPDFにする予定です。これは私のTwitter、@kb2016p にランダムにツイートしているものと同じですが、これの一覧できるPDFを11月1日より11月19日まで無料配布します。

こちらには問題を一部改定したものと、テキストの参考ページを記載します。

ご応募は ishizakahi34 ○ gmail.com
まで、○を@に変えてお送りください。
表題に賃貸管理士PDF希望とご記入ください。
なお、この教材はあくまでも参考であり、合格の保証は致しませんのでご了承ください。

こちらを読んで、テキスト該当ページに線を引き、更に協会から過去問をダウンロードして、片っ端から解いてください。

これを1週間でやります。

次の1週間。
協会の基本テキストの単元ごとについている問題、全部で70問ありますが、これをやってください。解説も参照ページも出ています。
出来ない問題を徹底してなくしていきます。

最後の1週間は、過去問とテキストの問題の総復習です。理解できない箇所、記憶が甘い箇所はテキストをよく見て確認する必要があります。

そういう訳で3週間の勉強方法をお話ししましたが、肝心なことは、

なめてかからないということです。

賃貸不動産経営管理士試験だからといって簡単な試験ではありません。

申し込んだ人全員が合格できる試験ではありません。当たり前ですが。

特に業者の皆さんはなめてかかる傾向が強いです。宅建では顕著です。それゆえ5問免除制度が出来ましたが、それでも合格率低いです。
先ほども書きましたが、実務で使う今年あたり以外からの方が試験に出る確率が高いです。

問題集やテキストを使って試験準備をしましょう。一度受かればこちらのものです。

稽古不足を幕は待たない!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賃貸不動産の企画提案4@賃貸... | トップ | 賃経27-1賃貸不動産の管理... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL