石坂久の賃貸不動産経営管理士速習講座 ブログ編

一般社団法人宅建実務教育センター専任講師の石坂久が、平成29年度賃貸不動産経営管理士試験合格のための情報発信をします。

【問題・賃貸管理士】27年問8 賃貸住宅管理業者登録規定

2017-05-18 06:15:04 | 賃貸不動産経営管理士合格プロジェクト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
賃貸不動産経営管理士合格メルマガ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年5月11日発行2911
毎週月曜・木曜日発行 
購読の解除は、こちらからできます。
http://www.mag2.com/m/0001679090.html

このメールマガジンは、賃貸不動産経
営管理士試験合格を目指している方を
対象に過去問の考え方をお送りします。
隙間時間の学習にお役立てください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日の問題は27年度問8です。

◆賃貸住宅管理業者登録制度における賃
貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項
に関する次の記述のうち、誤っているも
のはどれか。

1・ 賃貸住宅管理業者は、管理物件が遠
隔地に所在する場合には、基幹事務を一
括して他の者に再委託することができる。

解答・誤り(本問の正解)
解説・管理物件が遠くても近くても、基
幹事務の一括再委託(外注)は禁止なの
で誤り。


2・賃貸住宅管理業者は、事務所ごとに、
公衆の見やすい場所に、標識を掲げなけ
ればならない。

解答・正しい
解説・業者は標識の掲揚義務があります。
不動産業者の宅地建物取引業者標と同じ
ようなものです。


3・賃貸住宅管理業者は、その従業者に
対し、管理事務の適切な処理を図るため
必要な研修を受けさせるよう努めなけれ
ばならない。

解答・正しい
解説・これは「努力規定」です。しなけ
ればならないのではないので注意。


4・賃貸住宅管理業者の従業員は、その
業務を行うに際し、借主などその他の関
係者から請求があったときは、従業者証
明書を提示しなければならない。

解説・正しい
解説・業者の従業者には従業者である証
明書を持たせないと業務に就かせてはイ
ケナイという義務規定があります。


本日の解釈・運用の考え方

選択肢2から4は常識でも解答できるか
もしれません。基幹事務は3つありまし
たが、3つ全部を一括して再委託するの
が禁止です。2つまでは大丈夫というこ
とになります。

試験は毎日の積み重ねが大事です。
コツコツと頑張りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<メルマガのあとがき>

賃貸管理士の過去問解説講座をオンデマ
ンドでやることになりました。このメル
マガにあるものと同じ過去問を動画でお
話しします。月内に収録を終わらせる予
定なので、今は収録に使う資料を急ピッ
チで作成中です。リリースの目処が立っ
たらまたお知らせしますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
石坂久の賃貸不動産経営管理士合格メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001679090.html
発行責任者:石坂 久(イシザカ ヒサシ)

石坂久事務所(ワンダーランドコミュニティ)
賃貸不動産経営管理士・宅地建物取引士
競売不動産取扱主任者
国際松濤館空手道8級(白帯)
一般社団法人宅建実務教育センター専任講師
宅建ダイナマイト合格スクールぶっちぎり大放送レギュラー 
Twitter https://twitter.com/kb2016p
メール:mankan1@outlook.jp
公式ブログ:資格試験エンタメ化計画 
http://ameblo.jp/i-no3ka2/
メルマガバックナンバーブログ 
http://blog.goo.ne.jp/tgkblog
(メルマガがブログ記事になるのは翌週同日です)
宅建ダイナマイト合格スクールぶっちぎり大放送
http://cwave.jp/airtime_detail.php?id=3370
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【問題・賃貸管理士】平成2... | トップ | 【テキスト】賃貸住宅管理業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL