寸草春暉

漢検1級とゴルフの挑戦記(定年後のノホホンな猫まみれ生活)
クラシックのエア・チェックテープを公開中。

ゴルフで頸椎症性神経根症、その闘病記 その9

2017年08月05日 15時16分05秒 | ゴルフ挑戦記

  ゴルフで頸椎症性神経根症、その闘病記 その9

  朝起きると、上半身、特に左半身(背部)がドヨ~ンとする。肩甲骨の裏が特に痛い。すっかり薬切れである(*_*) 普通、ケガをしたら、一定期間が経てば、スッキリするハズだが、もう4週間も経つのに困ったもんだ。いったいいつ治るのか。不安でいっぱいである。今は肩甲骨の裏が痛いが、これが姿勢によって二の腕になったり、痛みの場所が変わって行く、これは「神経根症」の特徴なのか。先生は、肩を回すのは首周りの血行がよくなりOK、でも、揉むのは禁物と言われている。

 朝食後、薬を飲んでしばし横になる。じわ~っと効いてくる実感がある。すこし経つと痛みが和らぐ。たぶん、「頚椎症性神経根症」はそう簡単には治らないし、完全に治るには相当期間がかかるのだろう。まだ痛みは続いているが、当初に比べたら雲泥の差である。最悪時の痛みと今のそれとを比べたら、どうだろう、10分の1くらいだろう。しっかり薬を飲んで、痛みを我慢できる範囲でゴルフをするしかない。月曜日の診察後、ドライバーは手元にないがアイアンの練習をしてみよう。

 ねこちゃんたちに癒やしてもらっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ゴルフで頸椎症性神経根症、... | トップ | ゴルフで頸椎症性神経根症、... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ボクちゃん)
2017-08-06 19:20:41
こんばんは。

体操部でぴょんぴょんやってた時代に、脳天から落っこったことがあります。フィニッシュはスワン宙にしよう、あ、でも抱え込みのほうが楽かも、なんていうことを考えてるうち落っこちましたんです。雨の日はいまだにシビレます。
頸は身体の要であります。ぜひともご自愛くださいませ。
RE:こんばんは。 (寸草春暉)
2017-08-06 20:31:04
ボクちゃん先生
ありがとうございます(;_;)

先生は体操部出身だったのですか?
どうりで身のこなしがすばしっこいわけですね。(笑)
ぎっくり腰 (猫姐)
2017-08-10 20:25:14
5年前にけっこう重度のぎっくり腰をしました。適度に動くほうが良いとどこを見ても書いてあったので毎日5000歩以上歩いて体操やスクワットをしたりしました。完全に痛みが取れるのに1年以上かかりました。今は、よほど疲れた時は背中と腰が痛くなりますが殆ど痛みはありません。

私の場合は、痛みの激しい期間 湿布と薬を飲みましたが何とか我慢できるようになってからは、特に治療はしなかったです。

年齢が分かりませんが何となく雰囲気から同世代かなと思います。激しく体の部位を傷めると治るのに期間がかかると思います。焦らずに丁寧に付き合うのをお勧めします。

お大事になさってください。
RE ぎっくり腰 (寸草春暉)
2017-08-10 22:24:51
猫姐さん、ありがとうございます。
「猫の飼い主」が行く、以来の愛読者?です。
当方「癸巳」生まれですが、おそらく同世代でしょう。

私も若い頃にギックリ腰をやりました。あれは強烈でしたが、若かったせいでしょう、1~2週間で治りました。

今回の頚椎症性神経根症は、首周りの神経を刺激しているようで、よくなったかと思うと悪化したりと、たいへんしつこいです。最近は長期戦を覚悟してきました。

コメント、ありがとうございました(;_;)

コメントを投稿

ゴルフ挑戦記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL