goo

幸福とは何か--はじまりの考察

『ニコマコス倫理学(上)』より アリストテレス 第一巻 幸福とは何か--はじまりの考察

第一章 行為の目的の系列から善さについて考える

 どのような技術も研究も、そして同様にしてどのような行為も選択も、なんらかの善を目指しているように思われる。それゆえ、善はあらゆるものが目指すものであるとする人々の主張はすぐれていたのである。

 しかし、これらの目的のあいだに或る種の相違があることは明らかである。実際、活動[そのもの]を目的とするものもあれば、活動とは別になんらかの成果を目的とするものもある。そして行為とは別の何かが目的であるような場合には、活動よりもその成果のほうが善いのが自然である。

 また、行為や技術や学問は数多くあるので、それに応じて目的もまた数多くあることになる。実際、医術の目的は健康であるが造船術の目的は船であり、戦争術の目的は勝利であるが家政術の目的は富である。

 しかし、こうした多様な技術が並ぶなかで、或る技能の下にそろって束ねられるような一群の技術が成り立つということがある。たとえば、馬術というひとつの技能の下には、馬勒をつくる技術など、馬に関する技術の諸部分となるようなもろもろの技術が束ねられるし、さらに、この馬の技術は、戦争にかかわるほかのあらゆる行為とともに、戦争術というひとつの技能の下に束ねられている。そしてこれと同様の関係は、いろいろな技術のあいだで成り立っている。そのような場合はいつでも、支配的な技術の目的が、それらの下にある技術の目的よりも、いっそう望ましい。なぜなら、支配的な技術の目的のために、その下にある技術の目的も追求されるからである。このことは、活動そのものが行為の目的である場合でも、あるいはちょうどいま述べた学問の場合のように活動とは別の何かが目的である場合でも、なんら違いはない。

第二章 最高の目的としての幸福は政治学と倫理学によって研究される

 そこで、われわれによって為される事柄のなかに、われわれがそれ自身のゆえに望み、ほかの事柄をこの事柄のゆえに望むような、なんらかの目的があるとしてみよう。つまり、われわれはあらゆる事柄を何かそれとは別の事柄のゆえに選ぶのではないとしてみよう(というのも、もしわれわれがほんとうに何もかもをその都度それと異なるもののゆえに選んでいるとすると、その過程は無限に進み、その結果、もとの欲求は空しく実質のないものとなるだろうから)。その場合、明らかにそうした目的こそが「善」であり、「最高善」であることになる。そうであるとするならば、そのような目的を知ることは人生にとっても重大なことではないだろうか。そして、ちょうど射手たちがそうであるように、標的をもつことで、われわれは為すべきことをよりいっそうよく成し遂げられるのではないだろうか。

 もしそうであるとするならば、そのような目的とはいったい何であり、どのような学問ないし技能が扱うものなのかを、概略的にでも把握しようとしてみなければならないだろう。

 まず、ここで言うような大きな目的は、もっとも権威のある学問、すなわちもっとも統括的な学問が扱うものだと考えられよう。そしてそのようなものは政治学であると思われる。というのも、政治学は、国家に必要なのはどのような学問か、各人はどのような学問をどの程度まで学ぶ必要があるのかを定めるからである。

 またわれわれが目にしているとおり、戦争術や家政術や弁論術のようにさまざまな技能のなかでももっとも人々の尊敬を集めているものもまた、政治学に従属しているのである。また、政治学はそのほかの学問を活用するだけでなく、さらには人々が何を為し何を避けるべきかをも法として定めるので、政治学の目的はほかの学問の目的を包括することになるであろう。その結果、政治学の目的が人間にとっての善であることになるであろう。というのも、一個人の目的と国家の目的が同じものであるにしても、国家の目的を実現しそれを維持することのほうが[一個人の目的を実現しそれを維持することょりも]より大事業であり、より完全なものと思われるからである。実際、目的の実現とその維持は、一方で一個人にとっても望ましいものであるが、他方で[ギリシャ]民族や[かれらが形成するさまざまな都市]国家にとってはより素晴らしく、より神的なものである。

 こうして、この研究は「最高善にかかわる」これらのことを目指しているのであり、[その意味では]或る種の政治学だということになる。

第三章 倫理学講義を受講する際に心かけておくべきポイント

 論述というものは、それぞれの題材ごとに明確にされるならば、それで十分であろう。というのも、手工芸品の場合でもちょうど同じことだが、何を論述する場合でも同じ程度の厳密さが求められなければならないわけでもないからである。

 政治学が考察の対象とする「美しいこと」や「正しいこと」には多くの相違やゆらぎがあると思われており、そのためそうした美しいことや正しいことは、ただ単に人々の定めた決まりごとでしかなく、本来は存在しないものだとも思われている。しかし、「善いこと」にもこうした種類のゆらぎがある。というのも、多くの人たちがこれら「善いこと」から生じた害を被っているからである。実際、これまでも或る人たちは富のせいで破滅し、また或る人たちは勇気のせいで破滅したのである。

 そこで、このような主題についてこうしたゆらぎのある題材をもとに語る場合には、真理を大雑把に、そしてその輪郭だけを明らかにすることで満足すべきである。また、たいてい成り立つ事柄の領域について、そのようなたいてい成り立つ原則や事実をもとに語る場合は、まさにそれと同じ種類のたいてい成り立つ事態を結論として導くことで満足すべきなのである。したがって、[話を聴く側も、]語られた事柄のひとつひとつをこれと同じ仕方で受け取る必要がある。というのも、事柄の自然本性がゆるすかぎりでの厳密さをそれぞれの分野ごとに追い求めることが、教育を受けた者にはふさわしいからである。実際、数学者から単にもっともらしいだけの議論を受け取ったり、弁論家に[厳密な]論証を要求することは、明らかにどちらもおかしなことなのである。

 人はだれしも、自らが知っている事柄について判定を正しく下すのであり、こうした事柄のすぐれた判定者である。それゆえ、各々の事柄について教育を受けた者が、その事柄についてのすぐれた判定者であり、すべての事柄にわたって教育を受けた者が、そうした分野を問わず限定ぬきにすぐれた判定者なのである。それゆえ、政治学について言えば、若者は聴講者としてふさわしくない。というのも、若者は人生におけるさまざまな行為について未経験であるのだが、[本研究の]もろもろの論述はこれらさまざまな行為から出発し、これらを主題とするものだからである。しかも、若者は感情に従いがちなので、講義を聴いても無駄であり無益であろう。というのも、[本研究の]目的は認識ではなく、行為だからである。

 ただし、年齢の点で幼いのと性格の点で幼稚なのとでは違いはない。というのも、その欠陥は歳月の問題ではなく、感情のままに生き、感情のままにその時々のものを追求することに由来しているからである。実際、こうした若者たちにとって、認識は無益となる。ちょうど抑制のない人たちにとって、認識が無益となるように。しかしながら、分別に従って欲求し行為する人たちにとっては、ここで議論することについて知ることは非常に有益であろう。

 以上のことを、聴講者についての、またいかに[この講義を]受け取るべきなのかについての、そしてわれわれがどのような問題を提起しているのかについての序論としよう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 未唯空間詳細項目... サファイアの意味... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。