goo

OCR化した9冊

『Yahoo! JAPAN全仕事』

 日本一“とんがった”研究所ヘ サイエンス領域の最先端を走り続ける 田島玲 データ&サイエンスソリューション統括本部 Yahoo! JAPAN研究所

 膨大なマルチビッグデータを活用してユーザ一群を解析する 坪内孝太 データ&サイエンスソリューション統括本部 Yahoo! JAPAN研究所

 『myThings』のプロモーション 便利さを具体的に伝えたい 横田結 スマートデバイス推進本部

 日本中の“声にならない声”を引き出す新サービス「myThings」のエバンジェリスト 山本学 スマートデバイス推進本部

 データ分析・ューザ調査を通してYahoo! JAPANの根幹を支える 阪上恵理 可視化推進本部

 食事の空間から「コミュニケーションの空間」へ Yahoo! JAPANが示す、社員食堂のあるべき姿 石下美保 コーポレート統括本部 コーポレートコミュニケーション本部

 他ではできない情報発信を、SNSを使ってフォローする 中野晶子 コーポレート統括本部 コーポレートコミュニケーション本部

『キューバ現代史』

 非常時態勢のもとで進んだ平等主義の制度化

  急進的工業化政策の失敗、砂糖重視政策への回帰

  1000万トン計画--中農と零細企業も国有化

 チエ・ゲバラ--なぜボリビアで死ななければならなかったのか

  「第二、第三の、そして多くのベトナムを!」

  ゲバラとキューバ革命

  ボリビア・ゲリラ--「予告された死」

 1980年代--「キューバ社会主義」の転換期

  「人間の多様性」の発見

  なぜ、生活が向上しないのか

  人種差別や性差別は本当になくなったのか

  「フィデル・カストロと宗教」--宗教の「革命性」評価

 平等主義社会の解体

  国民はどれだけおなかをすかせていたか--平均1780カロリー摂取の不思議

  経済自由化が生み出す「貧困・所得格差・不正の横行」

『地方自治と図書館』

 第七章 まちづくりを支える図書館

  図書館の「集客力」と「認知度」

  中心市街地を活性化した図書館

  まちづくりへの図書館の効果

  まちづくりを支える図書館の特徴

 「地方創生」の視点から見た図書館と司書

  「地方創生」とその課題

  司書の雇用を棄損する図書館の指定管理

  「地域の知の拠点」と認定司書への期待

『図書館の基本を求めて』

 武雄市図書館再訪、一年半を経た図書館の実状

 繰り返される図書館批判と貸出数の減少

『トランプ政権と日本』

 何が「トランプ大統領」を生み出したのか

 政治を見放す若者たち

 特権階級やマネーゲームに対する嫌悪

 大統領選挙を笑い飛ばす

 アメリカンドリームを信じない

 「大統領選は棄権します」

 選挙による民主主義も信用しない

 「次期大統領候補」を育てる

 サンダース現象に熱狂した若者たち

 サンダースとトランプの共通点

 ロバート・ライシュの分析

 中間層の復活がカギ

『最強の世界史』

 ギリシャ神話と地中海世界の誕生

 軍事大国アッシリアがシリアの語源

 アレクサンドロス大王とヘレニズム

 人類が最も幸福だったローマ帝国の全盛時代

 セオドア・ルーズベルトの棍棒外交

 社会主義とキリスト教民主主義の発展

 スターリンに踊らされたルーズベルト

 ナチスの狂気を世界はいつ気づくべきだったか?

 スターリンに臨されたルーズベルト

 イスラム教条主義とシオニズムに振り回される欧米

 欧州統合の成功と頓挫

 後進国のままの中国が主導する世界は闇だ

『三木清教養論集』

 哲学と知性

『公民連携白書 2016~2017』

 国連「持続可能な開発目標」に見るコンパクト化の役割と欧州に見るヒント

 持続可能な開発目標とは

 持続可能な開発目標とコンパクトシティ

 先進国の役割

 持続可能な開発目標における企業の役割

 日本には何ができるのか

『アレント入門』

 インタビュー「何が残った? 母語が残った」とアレント

  ガウス・インタビューとアレント

  国民のヒトラー幻想--『全体主義の起原』を読む

  世界の破壊と孤立--『人間の条件』を読む

  悪の凡庸さ--『イェルサレムのアイヒマン』を読む

  悪をなすことを防ぐ原理--『道徳哲学のいくつかの問題』を読む

 国民国家と少数民族の存在―歴史的な側面から

  国民国家の問題点

  ナショナリズムの二つの類型

  種族的なナショナリズムの特徴

  人種差別の理論

  ユダヤ人差別とその帰結

  反ユダヤ主義にたいするドイツ市民の反応

 孤独の問題--心理学的な側面から

  大衆とは

  民主主義の幻想の破壊

  孤独と隔絶と孤立

  テロルとイデオロギー

 社会の誕生

  社会の登場

  「社会」の特徴

  経済学の登場

  親密さの誕生

  フランス革命の破綻

  現代における三つの領域

 西洋哲学の伝統と社会

  アレントのマルクス批判の意味

  「労働が人間を創った」--第一のテーゼ

  「暴力は歴史の助産婦である」--第二のテーゼ

  「重要なのは世界を変革することである」--第三のテーゼ

  西洋哲学の批判
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アレント 社... 未唯空間の配... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。