goo

未唯宇宙目次 8.クルマ社会 8.5~8.8

8.5 情報共有

 メッセージ

  伝播形態
   ①バラバラにした情報
   ②受け手で集約
   ③伝播効率
   ④コラボで昇華

  多様な表現
   ①ラインの活用
   ②写真で表現
   ③ライブラリ活用
   ④チーム連携

  発信環境
   ①安心・安全
   ②ナレッジ化
   ③メッセージ駆動
   ④集合知

  意識変革
   ①アピール力
   ②生まれてきた理由
   ③覚醒
   ④コミュニティ

 フロー情報

  プッシュからプル
   ①見たいモノだけ
   ②ローカル地上波
   ③全国どこでも
   ④視聴コメント

  シェアベース
   ①グーグルサーチ
   ②シェアの発想
   ③情報共有基盤
   ④高度情報処理

  コンテンツ
   ①ソーシャル環境
   ②アイデア次第
   ③コンテンツ評価
   ④事務局で統合

  ネット放送
   ①ケータイ動画
   ②ツイッターログ
   ③スマホで視聴
   ④アピール

 ストック情報

  知識と意識
   ①共に考える場
   ②ライブラリ蓄積
   ③存在を表現
   ④アリもの対応

  知の集積
   ①新規メンバー受入れ
   ②コミュニティ目的
   ③クラウド設定
   ④市民と一体化

  ツール
   ①ポータル共有
   ②受信機器活用
   ③ソーシャルウェブ
   ④市民の武装化

  会社・学校・家庭
   ①生活の新しい循環
   ②インタープリター
   ③根底から見直し
   ④ファシリテーター

 データベース

  プロファイル
   ①メンバー紹介
   ②メンバー状況把握
   ③アピール
   ④アンケート

  サーバー
   ①端末費用の低減
   ②クラウド集約
   ③サーバの配置
   ④コンテンツ連携

  インフラ概念
   ①企業インフラ開放
   ②地域インフラ
   ③インフラの外部化
   ④個人で活用

  システム構築
   ①三層構造
   ②ネットに配置
   ③無線環境
   ④ポータルで通知

8.6 ソーシャル

 配置

  構造
   ①市民を配置
   ②地域での循環
   ③近傍への拡張
   ④パートナーの役割

  柔軟性
   ①市民で対応
   ②SNS組合せ
   ③組替自由
   ④サファイア表現

  耐久性
   ①クラウド基盤
   ②拘りに特化
   ③全域に適用
   ④オンサイト開発

  進化
   ①先行事例を展開
   ②行政は付随
   ③ナレッジ誘導
   ④サファイア進化系

 クラウド

  機能
   ①コミュニティ主体
   ②個別対応が可能
   ③要求収集と整理
   ④双方向通信

  フェースブック
   ①同時につながる
   ②要望の吸い上げ
   ③コミュニティで共有
   ④行政・企業と共有

  グーグル
   ①チームで活用
   ②メッセージ処理
   ③簡単な操作
   ④独自の情報を付与

  アマゾン
   ①大容量情報処理
   ②プッシュ型通知
   ③電子書籍展開
   ④ハイブリッド環境

 ポータル

  内向き共有
   ①分かり易い操作
   ②理解の容易さ
   ③閲覧・ログ管理
   ④モバイル活用

  共有機能
   ①コミュニケーション
   ②メッセージ
   ③情報収集
   ④ライブラリ

  ライブラリ検索
   ①コラボ結果を集約
   ②多様なエンジン
   ③コラボ活用
   ④ライブラリ接続

  コンテンツ管理
   ①プロファイル
   ②情報系システム
   ③多様な形態
   ④受け手で編集

 コラボ

  外向き共有
   ①ダッシュボード
   ②SNS
   ③フェースブック
   ④アンケート

  リテラシー
   ①お知らせ表示
   ②掲示板
   ③画面編集
   ④メニュー

  アンケート
   ①選択肢
   ②多様な表現
   ③リアルタイム
   ④参画意識

  アピール
   ①アウトリーチ
   ②伝播
   ③行動支援
   ④アンケート連携

8.7 分化と統合

 分化

  多様化
   ①多様な興味
   ②領域確保
   ③ローカル活性
   ④市民の覚醒

  グローバル化
   ①グローバル支援
   ②ファシリテーター
   ③即時対応力
   ④市民の領域に侵入

  プロセス
   ①ミッション追求
   ②組織内部に圧力
   ③環境社会に適応
   ④社会の位相化

  伝播
   ①アプリ活用
   ②IoT活用
   ③クラウド環境
   ④事例展開

 システム支援

  基幹系
   ①的確な更新
   ②データ活用
   ③情報系で加工
   ④結果の蓄積

  情報系
   ①非定型処理
   ②マルチメディア
   ③プル型情報提供
   ④合目的システム

  メッセージ系
   ①外向き情報共有
   ②市民とのコラボ
   ③市民へアピール
   ④LINE

  情報共有系
   ①内向き情報共有
   ②コミュニティ連携
   ③行政・企業と共有
   ④フェースブック

 コミュニティ支援

  認証
   ①プロファイル
   ②興味を把握
   ③チームの把握
   ④ナレッジ表現

  状況把握
   ①メンバーでシェア
   ②オープン
   ③ラインやりとり
   ④結果フォロー

  行動解析
   ①スマート情報
   ②意味解析
   ③行政情報
   ④大容量コンテンツ

  相互接続
   ①メンバーと市民
   ②ラインで接続
   ③市民要望の調整
   ④メーカーと接続

 統合

  使うこと
   ①生活者支援
   ②メンバー意見
   ③存在の力で変革
   ④売るから使う姿勢

  サービスの高度化
   ①アイデアボックス
   ②お客様ひとり
   ③マニュアルなき世界
   ④ブルーオーシャン

  チーム活動
   ①ナレッジで展開
   ②経営者の意識改革
   ③組織運営の観点
   ④共有意識

  地域インフラ
   ①ナレッジ化
   ②コミュニティ多様化
   ③行政と協働
   ④ライブラリ提供

8.8 クルマ社会

 所有の意味

  インフラ費用
   ①地域インフラ
   ②地域の意見
   ③外部化要素
   ④交通インフラ

  自動運転の影響
   ①クルマに意識付け
   ②環境社会の前提
   ③保有台数1/10に
   ④保険はメーカー負担

  車は誰のもの
   ①所有から利用
   ②駐車場は台数に比例
   ③地域と市民の接点
   ④資本主義が変わる

  地域の役割
   ①場をつなげる
   ②コミュニティの概念
   ③地域で選択する
   ④コミュニティ融合

 移動の経済性

  多様な手段
   ①カーシェアリング
   ②軽車両のインフラ
   ③ニーズを再設定
   ④新しい行政と連携

  交通体系
   ①交通機関の進化
   ②駐車場化する道路
   ③クルマのつぶやき
   ④効率の考え方

  外部費用
   ①自転車道を要求
   ②車の幅が道路の幅
   ③老人を迫害する社会
   ④安全を保証

  エネルギー効率
   ①電気自動車は共有
   ②スマートセンサー
   ③販売台数削減
   ④公共への移行基準

 コンパクト社会

  クライシス対応
   ①ハイパーインフレ
   ②社会保障制度
   ③値域主体で復活
   ④本当の未来の姿

  生活者の選択肢
   ①ライフスタイル
   ②コンパクト化
   ③システム設計
   ④行政・企業と協働

  地域の自立
   ①環境社会に移行
   ②新しいインフラ
   ③コミュニティ主体
   ④市民・地域の分化

  イノベーション
   ①オープン改革
   ②安全な場を確保
   ③情報・資源の分化
   ④交通統合から変革

 クルマ社会

  所有権放棄
   ①ステイタスはムダ
   ②マーケティング
   ③所有権は不用
   ④問題意識を共有

  シェア社会に移行
   ①ソーシャル管理
   ②共同利用
   ③利用者の状況把握
   ④チーム設定

  クルマの未来
   ①シェア車開発
   ②ITとAI展開
   ③車幅制限で渋滞解消
   ④1/10保有の未来

  サファイア社会
   ①ファシリテーター
   ②エンパワーメント
   ③インタープリター
   ④政治形態の変革
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 第10章の前半... 岡崎市図書館... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。