goo

未唯宇宙(参考文献)6.6 知の入口

知の意味

 知りたい

  ①好奇心を追求
   ・読書の意味
   ・そうでなければ、それまでだ

  ②専門性を生かす
   ・学ぶ目的
   ・個人の分化から市民の専門性

  ③発揮する場
   ・市民のノウハウの継承

  ④社会につながる
   ・仕事につながる学び、社会とつながる学び

 レベル把握

  ①学習レベル設定
   ・状況論的学習

  ②ユニットに反映
   ・図書館利用者の把握

  ③状況に応じた支援
   ・生涯学習グループの場

  ④自らの役割

 ユニット

  ①グループ活動
   ・図書館館員のための生涯学習概論

  ②共有するもの

  ③自分の考えを持つ
   ・チョムスキーの「生成文法」とは

  ④意思決定に参画
   ・豊田市図書館を変えるには・・・三浦さん

 分化する場

  ①クラウド端末
   ・総合戦略・長期ビジョン・国の支援
   ・学校図書館「情報センター」機能の活用
   ・教育分野のIC

  ②街に小さな場所
   ・図書館が街に出始めた
   ・ボランティアは依怙贔屓

  ③交流館の図書室
   ・図書館クラウドに運営を任せる

  ④学校図書館
   ・知識基盤社会における学校図書館
   ・リテラシー育成の場としての学校図書館
   ・デジタル時代の学校図書館の役割
   ・学校図書館メディア
   ・学校図書館「情報センター」機能の活用

愛する

 アピール

  ①本の素晴らしさ
   ・友愛

  ②何が得られるか
   ・みんなの図書館
   ・図書館防衛
   ・図書館来館者にとっての学び

  ③守るものを守る
   ・スウェーデンの図書館と生涯学習
   ・図書館友の会から公共図書館

  ④公共はシェア
   ・公共図書館という存在

 オープン

  ①効率的な環境
   ・効率的な図書館

  ②行政がアピール

  ③市民にアンケート

  ④市民が育つ
   ・I love Library

 パッション

  ①NZの日本語司書

  ②ダニーデンの司書
   ・ダニーデンの図書館

  ③開放的な大学図書館
   ・私は図書館に行ってきます

  ④I love library
   ・図書館はどこへ行くのか
   ・アメリカの図書館
   ・ベルギー王立図書館

 カルチャー

  ①図書館は皆のもの
   ・「どこでも図書館」が見えてきた
   ・民営化された各地の図書館の実態

  ②知識の共有化
   ・本と図書館

  ③本屋を組み込む
   ・「戦う!書店ガール」の原点
   ・本屋は戦う!ことが必要なんです
   ・書店不屈宣言電子書籍
   ・世界の夢の本屋さん
   ・本屋での速読
   ・本屋は壊滅している

  ④市民の活性化
   ・本から始まる場所に
   ・本の威力
   ・本好きの町をつくるには

情報センター

 図書館ポータル

  ①知の世界への入口
   ・シェアする文化が生活を変える
   ・「知恵の時代」への基盤を築く
   ・図書館は守るべきモノ

  ②データベース接続
   ・集合知のレベルアップと図書館サービス
   ・オタゴ大学中央図書館
   ・未来の公共図書館像

  ③進む方向を示す
   ・まちづくりに果たすTRCの機能
   ・交流の場
   ・真っ暗な図書室・・・図書館を守る
   ・図書館は学生で一杯
   ・図書館編のコメント
   ・知の入口・出口

  ④情報を集約・整理
   ・図書館と地域を結ぶ組織・ひとTRC図書館流通センターの場合
   ・情報技術の動向と新たな動き--公共図書館
   ・オタゴ大学の図書館
   ・図書館サービス
   ・知の出口・・・個人のレベルアップした結果
   ・本の意味

 寄り添う

  ①適切なコメント
   ・日本のコメンテーター
   ・情報は望めばやってくる

  ②コンシェルジェ
   ・図書館の利用者サービス
   ・知の体系化のための検索ロボット
   ・図書館に検索ロボットがほしい
   ・ヤフーのリアルタイム検索
   ・図書館員に求められる新しい専門性
   ・ノルウェー図書館の未来

  ③個別課題解決
   ・利用者の情報ニーズの把握
   ・困ったときには図書館へ行こう
   ・関連する意見、反対意見が並ぶ
   ・未成年者によるインターネットでの対話

  ④本がある理由
   ・なぜ、本はあるのか

 本を書く場

  ①スタバの環境
   ・スタバでは書くことが中心
   ・スタバではノートでの作業
   ・モノが書けない
   ・ハリーポッターは喫茶店で書かれた
   ・スタバでのパソコン環境
   ・アウトラインの使い方

  ②ネットで調査
   ・調べてほしいこと
   ・図書館の利用
   ・図書館で本を書く
   ・資本論は大英図書館で書かれた
   ・ロンドンで育った共産主義
   ・大英図書館での研究

  ③街に出て書く
   ・本を書く人に

  ④書く意味
   『立松和平の文学』
   ・書くことは生きること
   ・本はあきらめの集まり
   ・図書館司書がなぜ生涯学習を学ぶのか
   ・5000年史を書きたい
   ・『論考』の書き方
   ・ウィトゲンシュタインの日記

 コミュニティの核

  ①色々な図書室
   ・アマゾンのペソス
   ・キンドル・ペーパー
   ・キンドルペーパーの活用
   ・電子書籍と紙の将来
   ・未唯宇宙のために準備

  ②セミナーより読書
   ・知識の本質は体験である
   ・電子図書の仕組み

  ③新しい情報
   ・図書館の機能
   ・グーテンベルグ以来の世界
   ・電子書籍からの変革

  ④著者とつなぐ
   ・図書館連携
   ・地域住民の生活の質をあげる
   ・電子出版で著者と読者をつなぐ

未唯宇宙

 哲学の知見

  ①アレキサンドリア
   ・NZのスタバ
   ・アレキサンドリア図書館
   ・サイデリアでの読書環境
   ・スタバ
   ・スタバのリニューアル
   ・スタバのレイアウト変更
   ・ヒッパティアに会いたい
   ・ラウンジでのまとめ

  ②アテネのソクラテス
   ・「ソクラテスの方法」とアゴラ
   ・コミュニケーションが起こる場
   ・コラボレーションの場
   ・サイバーネットのアゴラ
   ・市民との対話
   ・読書クラブでは社会は変わらない

  ③知的なオアシス
   ・考えたことを出す
   ・考えられる空間
   ・大衆社会の中の知的なオアシス
   ・落ち着ける場所がなかった

  ④デルフォイの神託
   ・街のアゴラ想定
   ・場としての図書館
   ・図書館は知識創造の場

 未唯空間の外延

  ①スタバでコンサル
   ・スタバでの入力
   ・スタバでの風景
   ・スタバのショット追加
   ・スタバの配席
   ・外での作業
   ・朝のガストは雰囲気が悪い
   ・朝のスタバ

  ②素敵なバリスタ
   ・タリーズのブック・カフェ
   ・スタバの風景
   ・スタバ風景
   ・スタバでの思考
   ・スタバのIさん
   ・スタバのバリスタから先生に
   ・スタバのブラック・エプロン
   ・スタバのブラックエプロンに名前が書いてある
   ・スタバは女性です
   ・ブラックエプロン

  ③キンドルに三千冊
   ・スタバでの連続講義
   ・スタバでの勉強
   ・スタバで完結性のチェック
   ・スタバの風景
   ・チェックする場
   ・ドイツのスタバ
   ・元町スタバで読書
   ・名古屋のスタバ

  ④どこでも想像
   ・図書館が、高齢者のたまり場
   ・12時から5時まで、外で入力
   ・サードプレイス
   ・スタバでの勉強
   ・試験シーズン
   ・図書館の雰囲気

 現象にコメント

  ①そこには全てがある
   ・図書館コンシェルジェ

  ②問われれば応える
   ・未唯空間への反映

  ③考える日々
   ・相談ののり方

  ④市民の専門家

 多様な意見

  ①賛否両論がある
   ・精神看護におけるコミュニケーション

  ②他者の世界の預言
   ・将来への展望の本

  ③社会に提言
   ・さまざまな意見をきく

  ④判断基準を提供
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 未唯宇宙(参... 未唯宇宙(参... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。