goo

シェアの概念で多くのモノは不用になる

ICレコーダーへの入れ込み

 本当にICレコーダーに入れ込んでいない。とりあえず、書く起こしをしようか。

本の役割

 本の役割が変わってきている。反証するために読んでいるみたい。本には従順になれない。著者の顔が見えてしまう。考えるキッカケにしましょうか。

朝、起きれない

 朝は起きれない。2時に起き、4時に起き、6時に起きる。次は10時ですね。

乃木坂17thシングル

 17thは生ちゃんもひめたんもいないからあまり楽しめない。18thもレミゼ(5月~10月)があるので、期待できない。ミュージカルの連中からの妬みがあるみたいだから、あまり、自由にはできないでしょう。最初から突破すると目的が果たせないから我慢するカタチでしょう。新生ひめたんに掛けましょう。

 よく、あれほどのタイトなスケジュールの中で、生ちゃんは生き生きとできるモノですね。ちゃんとフツウにやりこなしている。それを間近に観ているひめたんに辛いモノがあったんでしょう。その上、世界制覇をしようとする妹までいたんだから。

 生ちゃんには希望があるからなんでしょう。そこまで到達したら、その先から見ていける。素晴らしい才能です。

スケジュール管理はいつから始まるのか

 やはり、スケジュールから始めるしかない。そのためにはオレンジタブレットを持つのが一番です。どうにか、コートの内ポケットには入ります。活用を徹底させましょう。本が中途半端になっている。これもタブレットで読むことにしましょう。

 時間的には、乃木坂情報の時間を当てます。これだけあれば十分でしょう。それで午前中を使えるようにする。

 4台のマシンを使いこなすことになります。それぞれの役割をハッキリさせます。その上で、自分のタイムシェアを行ないます。スケジュールにマシン番号を割り振りましょうか。オアシス、キンドル、レッド、オレンジにします。

 そういう積極的なことを考える時に、どうしても、「他者の世界」という言葉が浮かんできます。やってどうなるのか?

本を作る機械は正義なのか

 本を作る機械も同じです。単純には喜べない。彼らは本がなくなることを考えているのだろうか。CDのベースを作る人も同じです。握手券を作ることにそんなに意味があるのか。材料をムダにしていることが許されるのか。間伐材だからという言い訳で納得しているだけ。

 車の鉄板も同じですね。突くってどうするの。ちゃんとした移動手段がないからでしょう。人類が作ってきたものを冷静に見直す時が来ている。モノが進化することを信じていない。いつまでも正義だと思っている。

 ワンピースをそんなに刷ることが重要なことなの。完全にシェアできる現実がそこにあります。紙という媒体でお金のやりとりを行なっている。

シェアの概念で考えれば、不要なモノは多い

 衛星配信でカーナビのコンテンツを自動更新できるのに、DVDを媒介しているのは、お金の決済の性です。カーナビに入れ込んだら、DVDには何の価値もない。単なる飾りです。ケータイで受信できているのだから。シェアの概念でモノの位置づけが変わっていく。お金という概念も同様に変わる。

出掛ける目的

 何のために出掛けていくのか。スタバはやはり、女性でしょう。これを自分のためにハッキリさせることができれば、8時に出掛けることができるかもしれない。元々、女性だけが外の世界との原動力だったから。

OCR化した本の感想

 『たとえ世界が終わっても』

  イギリスのEU離脱を見ながら考えたの論理展開の中で、紀元前から続く拡大志向の例として、アレキサンダー大王がでてきた。一方的な論理でEUとつなげようとしていた。論理展開したかったら、ヘーゲルの歴史哲学のように、事実と仮説をつなげて欲しい。

  「ぼく、これ知っているから」のような感じがした。未唯空間では避けましょう。

  「ヨーロッパ」という謎を解くでは、最終のところで、ナチスを生み出した『闇金ウシジマくん』的構造を表わしていた。これも同様に、見出しだけの脅しです。といってもウシジマくんがどういう人物か知らない人にとっては意味をなさない。

 『孤独という名の生き方』

  「孤独」の一般的な使い方の見本として、取り上げた。「孤独に追い込んでいかないと書けない」「依存しなければ、孤独は味な空間」は孤独を商売にしている。皆と一緒でなくていいレベルの孤独です。

  どこかに絶対的な孤独を扱った本はないのか。多分、ないでしょう。絶対的孤独の場合は他者の存在を前提としていないので、本というカタチを取ることはない。全て、内なる世界の出来事です。

 『インド人の「力」』

  民主主義への攻撃は多様性とグローバル化です。その内の多様性に対応できているインドは将来性がある。米国も多様性があるけど、日本とかドイツはもろい存在なんでしょう。

  「個の力」がせめぎ合う国の人間模様とかEUの実験場とか、未来に近いところにインドは居る。個の徹底から「一と多の相即」へ向けて行って、民主主義の次の姿を実現して欲しい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« OCR化した8冊 どうでもいい... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。