goo

未唯宇宙(参考文献)8.2 クルマ変革

 所有する

  多機能化

   ①クルマはセンサー
    ・クルマからの発信
    ・クルマのネット
    ・クルマは情報機器
    ・自動車の将来像のひとつにも
    ・電気自動車がよくない点

   ②自動運転
    ・2015年ではセンサー設置はムリ
    ・コミュニティが必要

   ③電気自動車
    ・極限の想定

   ④通信ユニット
    ・クライシスへの対応
    ・従来ネットとの関係  

  移動手段

   ①道路の駐車場化
    ・SFDCマーク会長からのプレゼン
    ・お客様とつながりたい
    ・お客様とのコミュニケーション

   ②シェア利用状況
    ・お客様とのコミュニケーション

   ③公共交通手段
    ・情報をオープンする

   ④コミュニティ対応
    ・ネットワークはつなげるため

  クルマの目的

   ①社会的コスト把握
    ・「マイカーの夢」で国民を幻惑したナチス
    ・Facebookのやり方
    ・SNS・口コミの世界への対応
    ・インターネットツールの活用が基本
    ・グループメディア
    ・ソーシャルと接続
    ・チャッター
    ・市民コミュニティとの関係

   ②ステータス願望
    ・車好きとレース好きは違う
    ・車の所有での差別化
    ・社会とのつながり

   ③地域との関係
    ・クルマと資本主義
    ・オープンな世界へ向かわないと・・・センサーなどの設置
    ・スマートサーバでのお客様行動分析

   ④有効活用
    ・スマートセンサーと充電器
    ・仮想的なコミュニティ
    ・市民コミュニティと関係づけ
    ・矛盾を抱えている

  コスト負荷

   ①地域インフラ負担
    ・DMからOHPへの道が見えてきた。
    ・印刷業界の企業買収・業務提携

   ②自動運転の保険
    ・コミュニケーションにおける信頼関係
    ・お客様ポータルのコンテンツが決まらない

   ③新車の意味
    ・DMからOHPへ

   ④販売店の役割
    ・店舗風景

 作る

  意識反映

   ①技術者の自己満足
    ・軍需工場と化したVW
    ・ヒトラーが国民車開発を命令
    ・電算部のシナリオ

   ②スタッフの意識
    ・従来の販売店へのシステムサポート部隊と異なる
    ・販売店ネットワーク

   ③高度サービス
    ・販売店の合意形成ができない

   ④環境社会対応
    ・「アメリカ化」する世界
    ・自動車産業と「アメリカン・ウェイ・オブ・ライフ」
    ・メーカーはどうしていくのか
    ・環境社会はサファイア循環で対応

  商品展開

   ①つながる商品
    ・つながるが中核
    ・つながる検討会へのコメント
    ・ネットワークはつながり

   ②次世代商品
    ・ステルスマーケティング
    ・接点で苦しんでいる人間

   ③総合的コスト
    ・ソーシャルネットツールの活用

   ④安全の保証
    ・ビジネスモデル構築が目的
    ・お客様とつながるために何をするのか

  商品開発

   ①情報サービス
    ・つながるシステム

   ②つながる企画
    ・コラボレーションとライブラリ・・・三段ループ
    ・持って行き先

   ③社会全般の視野
    ・メーカーの体質に合わず、頓挫

   ④セールスと分離
    ・販売店要望の確認

  マーケティング

   ①生活者から循環
    ・B-B-C循環は難しい
    ・2015年全体像には拘る
    ・つながるの説明資料
    ・つながる説明資料分析
    ・課題創造力
    ・環境問題とつながるの根源が同一

   ②高級車である意味
    ・若者の車ばなれ
    ・Pepper開発プロジェクト
    ・つながるの絵で感じたこと

   ③市民の意向反映
    ・つながる説明資料分析

   ④循環の整流化
    ・つながるの徹底分析

 売る

  本部から指導

   ①使う仕組みの限界
    ・メーカーのローカライズ
    ・お客様とのやり取り

   ②メーカー支援
    ・つながるの説明資料への感想

   ③画一的システム
    ・eとのコンタクト

   ④月三台の世界
    ・セールスフォース
    ・バラバラなものをつなげていく
    ・バラバラのものを統一する
    ・事務局の役割
    ・事例収集

  社会への負荷

   ①傲慢な所有者
    ・スタッフ間のコラボ

   ②スタイル追求
    ・アイデアボックス
    ・お客様とのコミュニケーション

   ③道路の駐車場化
    ・売るから使うヘ
    ・販売店の選別

   ④売ったらおしまい
    ・販売店要望
    ・販売店要望を要件に

  車が増える

   ①進化しない機能
    ・完璧な車であるべき
    ・eのネットワーク

   ②売るための情報
    ・スマートセンターの使い方
    ・ダブル・スタンダード
    ・次期ネットとつながる

   ③可動時間の短さ
    ・カタログ情報などの提供

   ④売れる車が欲しい
    ・つながるとの関係

  地域の縮減

   ①車依存の地域
    ・メーカーコンテンツは地域では使われない
    ・地域に密着したイベント

   ②車の有効活用
    ・アンケートしてアピールする

   ③地域活性化
    ・つながるの説明資料の分析

   ④行政の負荷増大
    ・14年以降の販売店システム
    ・コミュニケーションの基本

 地域の方針

  クルマの先行き

   ①所有から利用
    ・SFDCのインパクト
    ・お客様とつながる意味
    ・車を売ることの仕組み
    ・販売店の役割

   ②徹底的な利用
    ・道路も車も中途半端
    ・この会社の次
    ・NPOえのアウトリーチの威力
    ・お客様とのコミュニケーションをテーマに
    ・環境社会の企業のあり方

   ③インフラ有効活用
    ・消費者同士のつながり
    ・2015年に間に合うのか
    ・SNSコンテンツ作成

   ④環境社会を意識
    ・環境社会での車のあり方

  交通手段

   ①低コスト
    ・クルマを売ることがすごいことなのか
    ・ドラッカーにみるマーケティング
    ・自動車の社会的費用

   ②低エネルギー
    ・スマートグリッド
    ・マーケティングから考える
    ・仕事とマーケティング
    ・変化するマーケティング対応

   ③総合的交通体系
    ・車という移動手段
    ・インフラを含めたクルマのあり方
    ・クルマの未来
    ・グローバルはローカルに合わせることが肝要
    ・鉄道の優位性
    ・販売店はローカル化
    ・未来につながる交通システムのキュレーター

   ④コンパクト社会
    ・情緒的品質

  町つくり

   ①移動を提案
    ・クルマのバリュー
    ・クルマを位置づける
    ・ムダをなくすこと
    ・電気自動車の将来
    ・販売店から意見が出ない

   ②雇用創出
    ・コミュニティーが経済の出発点

   ③車の町から変革
    ・お客様の声

   ④いい町の定義
    ・ビジネスモデルの再評価
    ・メーカー中心型の実現可能性
    ・婚活への活用

  社会インフラ

   ①コストの外部化
    ・スタバのIさん
    ・映像情報
    ・支援の連鎖

   ②抜本的渋滞対策
    ・地域インフラの考え
    ・地域インフラを行政と立案する

   ③電気自動車対策
    ・クルマの進化形
    ・スタバのようなクルマがほしい
    ・メーカーの論理とお客様の論理

   ④スマート連係
    ・お客様を支援
    ・支援の連鎖
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 未唯宇宙(参... 未唯宇宙(参... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。