goo

未唯宇宙(参考文献)6.4 公共図書館

本がある

 本とは何か

  ①まとまった情報
   ・本の存在
   ・図書館は必須条件
   ・新刊書が皆、薄い。今週末はラクができる
   ・ひどすぎる
   ・近年まれに見る不作
   ・豊田市図書館の新刊書冊数
   ・新刊書が少ない
   ・岡崎市図書館の新刊棚
   ・新刊書争奪戦
   ・今週の本はヒットせず
   ・新刊書コーナー
   ・新刊書への拘り
   ・新刊書への拘り
   ・日曜日の新刊書コーナー

  ②多様な視点
   ・本の役割
   ・本を読む目的
   ・図書館の新刊書
   ・一日遅れで豊田市図書館へ
   ・図書館はありがたい
   ・豊田市図書館でフッサール
   ・豊田市図書館は読める環境がある

  ③他者の世界の動き
   ・本から得られるもの
   ・図書館の棚の検索
   ・岡崎と豊田市の図書館
   ・図書館の新刊書検索

  ④新刊書の情報
   ・出版社が盆休みで新刊書が少ない
   ・28冊の新刊書の対応

 還付金

  ①新刊書争奪戦
   ・豊田市図書館の新刊書
   ・新刊書フリーク
   ・記念すべき日
   ・がんばっても18冊しかない
   ・金曜日は豊田市図書館の新刊書の日
   ・新刊書はやはり、30冊ないと気分がのらない
   ・新刊書争いが激化
   ・岡崎図書館の10冊
   ・新刊書フリーク
   ・月末でもないのに、新刊書はプアー
   ・豊田市図書館の新刊書争い
   ・月末の新刊書は少なすぎる
   ・明日は岡崎市図書館
   ・新刊書争い
   ・ベストセラーも読みたい
   ・焦って、29冊収集
   ・新刊書検索
   ・図書館のために半日休み
   ・図書館用のトートバック

  ②15年で2万冊
   ・新刊書の冊数
   ・図書館の本の賠償
   ・図書館で借りること

  ③年間二百万円
   ・税金の還付金
   ・税金の還付金
   ・本を借りるための講座

  ④DNAで還元
   ・ICタグ付けに1年3ヶ月
   ・OCRした本
   ・OCR化する本
   ・岡崎図書館
   ・新刊書の解説
   ・図書館の世界
   ・本の処理
   ・本の整理
   ・本中心の生活

 本の価値

  ①財政は一律削減
   ・岡崎図書館の新刊書
   ・岡崎図書館の状況
   ・複本問題
   ・豊田市図書館の新刊書の棚

  ②新刊書から削減
   ・岡崎市図書館も新刊書が減ったみたい
   ・今週は本が無いのでラクでした
   ・新刊書が3週間、少なすぎる
   ・豊田市図書館へ直行
   ・一日半遅れで、新刊書コーナーに到着
   ・豊田市図書館の新刊は不作続き

  ③本屋の存在理由
   ・「本が売れた時代」は一時の夢
   ・本を買う趣味がなくて正解
   ・目的からの総合的な考え方
   ・本屋と図書館を総合的に考える
   ・本格的な立ち読み体制
   ・立ち読みが本屋を救う
   ・図書館が本屋のマネをする
   ・本屋の活用
   ・図書館は無料貸本屋なのでしょうか
   ・印刷と社会変化

  ④出版される意味
   ・本を持って行くのを忘れた
   ・本を作る機械は正義なのか
   ・本の装丁は金を掛けすぎ
   ・空から紙が舞い降りた日
   ・日米の電子書籍市場
   ・アメリカの書籍市場
   ・日本の書籍市場
   ・印刷のある社会
   ・新刊書の貸し出し制度
   ・図書館の諸制度

 新刊書フリーク

  ①好奇心はめげない
   ・月末月初の新刊書は期待できない
   ・新刊書を集まってくる人間
   ・ネットでの新刊書予約・・・もれなくチェック
   ・私の好奇心はめげない
   ・図書館への状況

  ②常に30冊選択
   ・豊田市図書館の新刊書争い
   ・今週の新刊書
   ・フリークから図書館が変えられるか
   ・金曜日の新刊書争い
   ・金曜日の図書館
   ・月初に豊田市図書館
   ・出遅れました
   ・新刊書フリーク
   ・新刊書フリーク
   ・新刊書フリーク
   ・新刊書フリーク対策
   ・新刊書を確保するまで安心できない
   ・新刊書争い
   ・新刊書争奪戦
   ・新刊書争奪戦

  ③全てを知りたい
   ・いざ、図書館へ
   ・新刊書を探す
   ・水曜日に図書館へ

  ④ジャンル開拓
   ・本という空間
   ・新刊書をゲット方法
   ・図書館は今日から残りモノです。  

場がある

 米国公共図書館

  ①滞在型のSFPL
   ・シカゴの市立公共図書館
   ・アメリカにおける市立の無料公共図書館
   ・シアトルのガイドブック
   ・公共図書館

  ②調査型のLAPL
   ・『ロサンゼルス便利帳』
   ・ロサンゼルスの図書館情報
   ・公共図書館の連携

  ③知の入口のNYPL
   ・公立図書館の目的と資料選択
   ・ボストン公立図書館
   ・画―的な日本の図書館と社会変化に対応する米韓図書館
   ・海外の図書館めぐりがしたい

  ④UCバークレー書庫
   ・UCバークレー
   ・図書館の建物

 北欧図書館

  ①生活と一体化
   ・出会いに興奮するもの
   ・フィンランドの図書館制度

  ②10倍以上の来館者
   ・ヘルシンキ市の図書館事情
   ・ヘルシンキ市中央図書館
   ・ハメリンナ市図書館に気づかなかった

  ③EUにインパクト
   ・レイキャビックのアアールトの図書館

  ④市民のニーズに対応
   ・「公共的」(public)であるとはどのようなことか--「活動」(action)としての政治
   ・ハメーンリンナ市図書館
   ・ヘルシンキ市ライブラリー10
   ・エスポー市セロー図書館
   ・ケルン大学・都市図書館
   ・ケルン市中央図書館
   ・シュツットガルト市中央図書館
   ・ノルウェイの図書館事情
   ・フィンランドの図書館
   ・フィンランド図書館調査
   ・ヘルシンキのLibrary1
   ・創造型図書館

 日本の図書館

  ①観光マップ
   ・観光資源としての図書館
   ・観光都市ウィーン

  ②畳部屋

  ③観光資源
   ・旭川空港図書館構想
   ・地域における観光開発

  ④町おこし
   ・年始の岡崎市図書館
   ・岡崎市図書館の状況
   ・図書館サービスコスト

 豊田市図書館

  ①人が集まる駅前
   ・街の中の小さな空間
   ・岡崎図書館は水曜休み
   ・モスレキンを放り込んだことの意味
   ・豊田市図書館は駅前図書館

  ②豊富な新刊書
   ・今週の豊田市図書館
   ・新刊書がない!
   ・新刊書の累計

  ③司書は不用
   ・思考する場所
   ・サンロードは落ち着かない
   ・考えられる場所
   ・本を語れる場所
   ・相談に乗れる場所

  ④コミュニティ連携
   ・岡崎市図書館

人がいる

 本を活用

  ①図書相談・婚活
   ・図書館員の役割
   ・公立図書館の目的と資料選択
   ・書籍市場との棲み分け
   ・ネパールの1万の図書館
   ・豊田市図書館のリアルの検索

  ②読書会企画
   ・グループ活動拠点
   ・スタバのレイアウト
   ・活字離れのなかで

  ③生涯学習
   ・図書館がある世界
   ・大学公開講座
   ・中学生のビブリオバトル
   ・読書と図書館

  ④24時間対応
   ・スウェーデンの四季と読書
   ・図書館環境のありがたみ

 本を処理

  ①机で読む
   ・家で本の処理

  ②ベットで抽出
   ・家での読書環境
   ・寝ながら読む
   ・本を読む場所
   ・本を読んで寝た

  ③全てが関心事
   ・本の処理スピード
   ・本が読めなくなっている

  ④一日に20冊
   ・今週は38冊を処理
   ・朝活で元町のスタバ
   ・今週の40冊の本の処理
   ・あとは本を片付けます。
   ・休みのときの過ごし方
   ・読書体制の変更

 本を読む

  ①地下鉄・スタバ
   ・サイゼリアで本の処理作業
   ・本に逃げている

  ②本はキッカケ
   ・本は読む必要はない

  ③電子書籍タブレット
   図書館の本のバザー

  ④コミュニティ化

 読む場所

  ①どこでも図書館
   ・考える場所
   ・駅前スタバは平日でも混んでいる
   ・ブックカフェお客の前での立ち居振る舞いに注意する
   ・キンドル5台目
   ・キンドル態勢
   ・どこでも、読書体制
   ・本と出会い

  ②ラテにキンドル
   ・岡崎市立図書館の「図書コン」
   ・スタバのドリップ
   ・ベロナにはチョコレート
   ・スタバは学生で占領されている
   ・スタバのさくらラテ満開
   ・食べ放題、読み放題
   ・本は現実の確認

  ③グループ勉強
   ・テーマ型のカフェが、既存のカフェ空間に取って代わる
   ・スタバでカフェモカ
   ・スタバは完全満席
   ・スタバは混雑している
   ・昼のスタバは女性専用
   ・読書空間
   ・歩いて、本を読みに行く

  ④サードプレイス
   ・図書館での作業
   ・スタバの使い方
   ・老人がスタバと図書館を活用できるように
   ・都会の死角を発見
   ・この時期の午後のスタバ
   ・公共図書館の新たな運営の模索
   ・スタバの没落

守るべきもの

 地域に配置

  ①図書館をつくる人
   ・市民と公権力
   ・アレクサンドリア大図書館が創立
   ・パブリック・ライブラリー成立に関する要因
   ・パブリック・ライブラリー成立の過程
   ・ロシア革命とペテルスブルグの図書館
   ・本が好き

  ②図書館で変わる
   ・レコメンドエンジンと「図書館の自由」
   ・市民の図書館利用にかかわる公的権利
   ・図書館はまちづくり情報センター
   ・『わくわく創年時代』
   ・図書館は守るべきモノ
   ・図書館の目的は変革を起こすこと
   ・教育委員会は不要
   ・図書館と社会の位相化

  ③シェアをイメージ
   ・パブリック・ライブラリはシェア社会の先駆け
   ・コミュニティの変化
   ・シェアするということ
   ・シェアにより、最適化を図る
   ・市民に開放された空間
   ・所有からシェア社会
   ・図書館でのシェア
   ・電子書籍で所有からシェアへ
   ・非来館者が「来ない」のはなぜか
   ・豊田市図書館のレベル

  ④サファイアベース
   ・『21世紀の図書館職員の養成』
   ・公共図書館の状況
   ・サファイア循環の思考

 地域活性化

  ①町全体が図書館
   ・「地方創生」の視点から見た図書館と課題
   ・TSUTAYA図書館問題
   ・図書館が地域や市民の活力源となる
   ・長野県小布施町図書館(まちとしょテラソ)
   ・岡崎市図書館
   ・公共建築による都心再生
   ・『戦う!書店ガール』の感想
   ・街の活性化
   ・公立図書館と地域との結びつき

  ②ビジネス支援
   自衛隊と図書館(支援の支援)
   自転車置き場の整理人

  ③知的な感覚
   ・なぜポップコーンは損なのに、スターバックスコーヒーは損ではないのか
   ・町おこしの中核施設
   ・「コーヒーショップ」はオープンなオフィス
   ・コミュニケーションの場に欲しいもの
   ・英国のコーヒーハウス文化をスタバに展開
   ・元気なIさん

  ④ポータル発信
   ・街の本屋に求められる「土づくり」
   ・岡崎図書館の駐車場時間

 図書館経営

  ①曲がり角
   ・図書館の主体性・独立性
   ・図書館経営論
   ・10年間の図書館の資源の推移
   ・図書館に求められる資源の状況
   ・図書館経営

  ②指定管理者制度
   ・新しい動き・指定管理者制度期待される利用者へのサービス向上
   ・指定管理者の指定
   ・「指定管理者制度」と公立図書館の関係を考える
   ・指定管理者制度の課題
   ・指定管理者による社会教育施設の運営
   ・指定管理者制度とはなにか
   ・TRCは指定管理者ではなく、窓口業務のみ
   ・指定管理者の意味
   ・図書館協議会を傍聴
   ・豊田市図書館協議会を傍聴しよう
   ・指定管理者制度
   ・行政上の事務処理の方式--民間委託
   ・図書館への指定管理者導入状況
   ・図書館戦争
   ・図書館法
   ・図書館法に新たな条文

  ③高度サービス
   ・図書館の始末書は誰のために書くのか
   ・公共図書館の職員
   ・図書館の貸し出しシステム
   ・図書館サービスの実態
   ・図書館流通センター(TRC)
   ・図書館協議会の中身
   ・図書館という組織-

  ④CCCの多角経営
   ・『図書館の基本を求めて』
   ・入館者数の数値とその不適切さについて
   ・貸出冊数はわずかしか伸びていない
   ・予約サービスにはきわめて消極的
   ・佐賀県武雄市図書館
   ・海老名市立図書館の問題
   ・機能の分離と組み合わせ

 図書館防衛

  ①死守する
   ・「世界=本」を守ること
   ・勝つための読書
   ・『起死回生の読書!』
   ・公共図書館の在り方
   ・図書館ウォッチャー
   ・図書館ウォッチャー
   ・アレキサンドリア図書館の蔵書消失
   ・本と図書館とのつながり

  ②あることが前提
   ・アレクサンドリア図書館のストライキ
   ・ファインマンの救助員
   ・エラトステネスと心のモジュール性
   ・「公共図書館」はシェアの先駆け

  ③図書館戦争
   ・沖縄の高校生が『図書館戦争』を読んだら
   ・『図書館戦争』
   ・図書館防衛隊の核になる人間
   ・本屋と図書館の争いじゃないでしょう
   ・図書館戦争
   ・「図書館戦争」を見に行った
   ・図書館は市民が守るもの
   ・映画「図書館戦争」への感想入力
   ・図書館の破壊
   ・図書館は市民に寄り添う
   ・図書館戦争

  ④市民を味方に
   ・地域コンダクター
   ・民間防衛の対象は図書館だろ!
   ・効率的な図書館
   ・どこでも図書館
   ・今日は図書館は休館ではなく、祝日開館でした
   ・図書館は本のシェア時代の先駆け
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 未唯宇宙(参... 未唯宇宙(参... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。