goo

未唯宇宙(参考文献)8.8 クルマ社会

 所有とは

  インフラ費用

   ①地域インフラ
    ・公共領域の浸食
    ・スタッフをナレッジワーカーに
    ・知識と意識のヒアリング
    ・店舗コミュニティという考え方

   ②公平な配分
    ・ヒアリングのテーマスタッフの武装化
    ・未唯空間と

   ③外部化要素
    ・「社会全体のコスト負担」
    ・「先見性の失墜」
    ・『自動車の社会的費用』は正しい
    ・自動車メーカーの利益の源泉
    ・世界の無秩序なクルマ社会の現状
    ・コミュニティでのクルマの存在
    ・「善悪」の語は内実を示していない
    ・クルマの正義

   ④交通インフラ
    ・無人運転をイメージ
    ・未来の交通社会
    ・道路交通を取り巻く社会インフラ
    ・物流システム
    ・情報集約センター
    ・未来の交通社会の実現のために

  自動運転対応

   ①クルマに意識付け
    ・車は正儀ではない
    ・自動運転の青木さんは24時間考えていた
    ・自動運転の歴史
    ・この街のクルマという品格
    ・買うことの社会性

   ②環境社会の前振れ
    ・自由と公共性
    ・自動運転は技術ではなく、インフラだということ
    ・環境政治--国際主義の黄昏
    ・豊田市を変えるには

   ③保有台数1/10に
    ・自動運転は自動車メーカーには無理
    ・自動車のIoT
    ・自動運転車に場所と走り方を教える地図
    ・人が通るはずがないのに、信号機に従うのか

   ④保険はメーカー負担
    ・バスの生活への組み込み
    ・スタッフが分化する理由
    ・生まれてきた理由
    ・内なる世界から発想

  車は誰のもの

   ①所有から利用
    ・傲慢な人間。傲慢な車
    ・P F I
    ・指定管理者制度
    ・私人による供用
    ・公物法の基礎概念
    ・車の所有に関して
    ・車の所有権をなくした世界
    ・自由と所有権
    ・所有の考え方

   ②駐車場をなくせ
    ・めいわく駐車
    ・豊田市の車の連中
    ・産直の駐車場
    ・トポロジー的な考え
    ・一般意思をトポロジーで考える

   ③地域と市民の接点
    ・「スタッフの武器化」の内容
    ・店舗コミュニティでのスタッフの分化

   ④資本主義の限界
    ・所有するのは面倒なこと
    ・ツールを先行させる
    ・一般意志と個人意志、そして全体意思

  地域の選択

   ①場をつなげる
    ・ソドムとゴモラはなぜ滅びたのか
    ・豊田市はソドムの街
    ・コミュニティバス
    ・スタッフが発信する意味
    ・スタッフのコミュニケーション

   ②コミュニティ概念
    ・公共性(公共的空間)

   ③地域の役割
    ・変な車に乗る人たち

   ④コミュニティ融合
    ・会社のコミュニティ

 移動とは

  多様な手段

   ①カーシェアリング
    ・豊田市は道路が駐車場
    ・メーカーの終わりの始まり
    ・広がるカーシェアリング
    ・増える自転車利用、サイクルシェア
    ・カー・シェアリングの広がり
    ・カーシェアリング
    ・カーシェアリングの4つのタイプ
    ・ソーシャルウェブはシェア
    ・みんなで持つこと
    ・車でのシェア
    ・地域内自由確保/乗り捨て型

   ②軽車両の権利
    ・豊田市の自転車道の作り方
    ・水素ではなく水車の時代
    ・水素ステーションの安全性
    ・クルマに対して、人類の覚悟が足りないインフラ活用
    ・県外資本のメガソーラーが全体の八割
    ・デトロイト破綻
    ・クルマ社会のインフラ
    ・バスレーンは効率的
    ・共同利用型
    ・面積比と利用率で考える

   ③市民のニーズ
    ・ネズミ講の構造
    ・相乗り型

   ④新しい行政
    ・運営組織が車を所有
    ・社会変革
    ・目標達成のための施策を提示

  交通体系

   ①交通機関の進化
    ・プアな自転車レーン
    ・豊田市の再開発
    ・公共交通機関の進化

   ②駐車場化する道路
    ・混んだ道と混んだスタバ
    ・豊田市の交通状態

   ③クルマのつぶやき
    ・経営管理の内容

   ④効率の考え方
    ・終日のトラックは邪魔
    ・いい町・いい社会
    ・この会社の位相化
    ・仕事篇の最終項目
    ・自動運転車
    ・車は面積を取りすぎ
    ・超軽量自動車
    ・二〇〇〇年代の社会変革志向?
    ・本当のコンパクト・カー

  外部費用

   ①インフラの只乗り
    ・なぜ、止まらないといけないのか
    ・モスクワを自転車都市に
    ・自転車のグランド・デザイン
    ・目ざすなら世界最良の自転車都市コペンハーゲン

   ②車の幅が道路の幅
    ・水素活用の課題
    ・水素に関連して「必要な安全対策」
    ・自動車でも同様の変化
    ・車は不完全な存在
    ・宇沢弘文『自動車の社会的費用』の衝撃
    ・インフラがなくて済む交通手段
    ・クルマの外部費用化
    ・外部費用化のロジック
    ・電気自動車の外部費用化
    ・エンジンの制御
    ・電気を作る負荷
    ・クルマとインフラの関係
    ・インフラの占有に関して
    ・外部費用の扱い
    ・自動車交通の外部費用
    ・自動車保険は100年

   ③中途半端な代物
    ・岡崎市内は混んでいる
    ・渋滞という厄災
    ・自転車--日本のミニマイカー
    ・自動運転自動車の運転手は誰か
    ・駐車場
    ・街の駐車場
    ・持続可能な交通システム
    ・富山市まちづくり

   ④安全の保証責任
    ・『天声人語2016冬』
    ・だれも加害者にしない車
    ・次はVRでしょう。それはなじみのある世界
    ・豊田市は平日も混んでいる

  エネルギー効率

   ①電気自動車は共有
    ・日産の『リーフ』
    ・三菱自動車の『アイ・ミーブ』
    ・エコの補助費
    ・エコの費用

   ②リアル販売店消滅

   ③販売台数削減
    ・販売台数40%減の衝撃予測

   ④公共への移行基準

 コンパクト

  クライシス対応

   ①ハイパーインフレ
    ・現代日本の四つの危機--哲学からの挑戦
    ・徐々に起こるクライシス
    ・2015年のインフレーション

   ②社会保障制度
    ・健康と社会的費用

   ③地域主体で復活
    ・被災自治体財政の分析
    ・ショウキに未来学者
    ・メーカーの危機
    ・フォードのマスインフルエンサー
    ・マーケティングの革新

   ④シンプルな社会
    ・通勤という名の駐車場
    ・MIRAIがMIIRAに見える

  コンパクト社会

   ①ライフスタイル
    ・【カーシェアリング】【クラウド・コンピユーティング】
    ・知識表象

   ②拡大から縮減
    ・五輪開催の損得

   ③全体システム設計
    ・街全体の設計

   ④行政・企業と協働
    ・なぜ東京なのか?

  地域の自立

   ①環境社会に移行
    ・先進国の都市化と都市問題デトロイト
    ・「市民活動への転用」の内容
    ・地域にとっての販売店
    ・地球規模の課題

   ②新しいインフラ
    ・自動運転車で自動車の数を九割削減
    ・インフラの無駄使い
    ・10年後の車のインフラ
    ・国民国家とスタッフの参画
    ・明治維新の長州藩との対比

   ③コミュニティ主体
    ・お客様=市民の関係から、市民活動につなげる

   ④市民・地域の分化
    ・革新企業は社会を変える
    ・今後の事業計画
    ・本当につながりたいのか

  イノベーション

   ①オープン改革
    ・グーグル・アース
    ・グーグル・アース
    ・オープン・イノべーション
    ・サービスイノベーション

   ②安全な場を確保
    ・レンタ・リースの先
    ・CSR経営

   ③情報・資源の分化
    ・ブロックチェーンから見えてくる未来
    ・ブロックチェーンとはいったい何なのか
    ・『ブロックチェーン・レボリューション』
    ・グーグルの狙いは配車サービス
    ・超巨大企業

   ④交通統合変革
    ・道路における分化と統合

 クルマ社会

  所有権放棄

   ①ステイタスはムダ
    ・所有権はどういう権利か
    ・先進国の自動車台数は減少へ
    ・車を所有する不便さ
    ・クルマがステイタスな世界
    ・図書館に車の充電器
    ・インフラの無駄使い
    ・ステータスとしての車
    ・自己表現としての車
    ・車に依存する人
    ・車はモビルスーツ

   ②マーケティング
    ・規制が緩和される方向ヘ
    ・ステルスマーケティング
    ・スタバのブルマン
    ・ポータルでの夢

   ③所有権は不用
    ・社会権の今後
    ・労働基本権
    ・生存権
    ・財産権の歴史的変遷
    ・『教養のヘーゲル『法の哲学』』
    ・教養のヘーゲル『法の哲学』での「所有の放棄」
    ・所有権放棄は誰のため
    ・デジタルで「所有」から脱却
    ・所有権放棄
    ・所有権放棄
    ・所有権がない世界をイメージ
    ・全体をシェアする世界
    ・個人の価値観を変えるモノ
    ・駆逐されるモノ
    ・環境社会の危機
    ・自動車の所有権

   ④問題意識を共有
    ・ドクハラ
    ・看護師と医師とのやり取り
    ・第章販売店中項目見直し

  シェア社会

   ①ソーシャル管理
    ・ITによる新しいシェア
    ・エジプト革命は道具が先
    ・会議のシミュレーションと招集メールを送付する

   ②共同利用
    ・L4「クルマ社会」への感想
    ・メーカーを脅かすカーシェアリング
    ・代車の運転
    ・公共の元での「所有」
    ・岡崎市図書館の地下駐が満杯
    ・豊田市の駐車場
    ・カーシェアリング
    ・ソーシャルウェブに適応

   ③利用者の状況把握
    ・民泊をやるうえでのハードル
    ・ツールが先か、意識が先か
    ・脳みそを活性化させる質問をどんどん繰り出す

   ④チーム設定
    ・「経済大変動」
    ・「会議の地図」をみんなで共有してスタートする

  クルマの未来

   ①シェア車開発
    ・MIRAIはMIIRA
    ・ハンドルがないクルマはありますよ
    ・グーグルカー
    ・グーグルカー
    ・シェア車開発はメーカーの責任
    ・クルマには未来ない
    ・パートナーのやりたいこと
    ・パートナーの能力
    ・パートナー異動の予感
    ・存在が見えていない
    ・パートナーを忘れられない
    ・居なくなること
    ・パートナーからの開催通知
    ・パートナーのネットワーク評価
    ・一人1テーマの世界
    ・組織の存在
    ・半年で猶予

   ②ITとAI展開
    ・クルマ社会のあり方
    ・グーグルによる「分化と統合」
    ・提言報道の正体

   ③車幅制限で渋滞解消
    ・無様な世界
    ・車は変わらないと
    ・クルマにおける自由と渋滞
    ・自動車交通のもたらすさまざまな問題
    ・時間を区切って、アイデアや意見を絞り込んでいく

   ④1/10保有の未来
    ・車がない世界を想像
    ・車の未来もそこから生み出した
    ・車を使わない生活
    ・メーカーは次の社会が見えていない
    ・水素時代は来るはずない
    ・第章と第9章・第10章との関係
    ・今のクルマ社会を壊そう
    ・第章は中間の存在とクルマのあり方
    ・大きなことをやるべきところ
    ・レクサスの今後の10年
    ・サファイア社会に向かう

  サファイア社会

   ①ファシリテーター
    ・地域の活動への展開

   ②エンパワーメント
    ・エンパワメント
    ・サファイア革命にもっていく

   ③インタープリター

   ④政治形態の変革
    ・サファイアは方程式に対する解
    ・政治は変えていくもの
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 未唯宇宙(参... 本来考えるべ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。