goo

未唯宇宙(参考文献)6.8 知の未来

今を知る

 本棚システム

  ①本がある意味
   ・勢いを増す「読み放題・見放題サービス」はコンテンツホルダーにとって福音となるか
   ・これだけ多くの本がなぜ、出ているか
   ・本には考え抜いたことが書かれている
   ・本の意味を考えること
   ・未唯空間ですべてを網羅する

  ②著者の伝えたい心
   ・事例での展開は実用的
   ・動物が三匹1,2,3

  ③多くの本を提供
   ・ユーザーが本を構成する時代
   ・本は貴重な本棚のスペースを無駄にするだけのものに成り下がってしまった
   ・分類法則を語呂合わせ暗記
   ・本棚システムの中にある近傍
   ・ユヌス・センターというライブラリ

  ④外なる世界を表現
   ・ソーシャルビジネス
   ・本がある意味を埋めないと
   ・本がそこにある意味

 未唯宇宙

  ①読み捨てが可能
   ・販売店ライブラリを使うには
   ・本は誰に向けて書かれるか

  ②電子書籍を体系化
   ・人間の成長と読書、知識の蓄積過程

  ③内なる世界を表現
   ・未来から今を見ていくというやり方
   ・デジタル・アーカイブ
   ・販売店システムと社会システム

  ④内なる世界の進化
   ・再び、多読のすすめ
   ・歯はいつ進化するのか
   ・生きていることの喜び

 電子書籍の意味

  ①グーテンベルク以来
   ・デジタルライブラリ
   ・書物の歴史
   ・キンドルHDは使えます
   ・グーテンベルクとその聖書
   ・ルソーの宗教改革
   ・印刷物が生んだ国民国家
   ・書物の大変革
   ・電子書籍は紙の本を殺すのか

  ②紙を超越
   ・紙つなげ!
   ・『紙の世界史』
   ・紙の世界の変化
   ・『紙の世界史』
   ・本が重いことに意味があるのか
   ・〈紙の本〉と〈電子の本〉とグーグル
   ・『読書と日本人』〈紙の本〉と〈電子の本〉とグーグル
   ・キンドルは印刷物
   ・キンドルを無料配布せよ
   ・タブレットをどう使うか
   ・本の装丁

  ③思いを直接伝播
   ・本がある意味が変わる

  ④知識が変わる
   ・本は音楽と同じ道を辿る
   ・グーテンベルグはキリスト教を潰した
   ・内なる図書館

 知りたい願望

  ①政治は変わる
   ・本からの革命

  ②市民が多様な役割

  ③分化から統合

  ④配置から変革
   ・仕事でのライブラリ
   ・販売店が生き抜くライブラリ

全体を知る

 全てを定義

  ①全てに存在を掛ける
   ・TVの言い廻しのうまさ
   ・ごまかしの技術

  ②表現できる全て

  ③全てが私、私が全て

  ④他者の集合和
   ・行動の自由は得るもの
   ・行動せよ--政治的行動主義の役割

 他者の意識

  ①情報を評価
   ウィキペディアの情報評価

  ②他者の関心事
   ・自由は他者との関係
   ・公平な資料選択と知る権利

  ③コラボで意識向上
   ・地域ライブラリ

  ④情報共有の行き先
   ・ライブラリの意識と知識
   ・ライブラリは状況を見せる

 図書館の可能性

  ①地域でシェア先行
   ・岡崎図書館の『図書館の未来』
   ・社会ライブラリ
   ・社会ライブラリへのアプローチ
   ・社会脳としての図書館
   ・図書館からシェア社会
   ・図書館はシェアを実現している

  ②シェア社会の実験
   ・図書館の本当の役割
   ・図書館コミュニティにおける高度サービスの展開
   ・図書館は本来、生涯学習活動の場
   ・本の未来からシェア社会を考える

  ③配置を生かす
   ・電子書籍から始まるシェア
   ・シェアの根本
   ・社会脳としての図書館
   ・社会脳の疲弊
   ・図書館の知恵

  ④コンテンツを拡大
   ・ウィキペディアの凋落
   ・図書館はシェアそのもの

 知の空間

  ①図書館コミュニティ
   ・図書館での活動
   ・コミュニティ情報サービス
   ・コミュニティ情報サービス
   ・社会ライブラリ

  ②インタープリター
   ・すべての本を網羅するデジタル図書館

  ③シェアを支える空間
   ・電子図書館のイメージ
   ・知のセンターの図書館
   ・ウィキペディアの情報評価
   ・アレクサンドリア図書館前のアゴラ
   ・街の中のアゴラを探して
   ・知の公共空間でのグーグル的世界

  ④社会の位相化
   ・電子図書館、5つの課題

先を知る

 存在の力

  ①本は歴史の証言者
   ・アレキサンドリア図書館
   ・事例をライブラリに登録

  ②意思の力の歴史
   ・事例の登録と活用
   ・図書館の新刊書の感想
   ・歴史や社会と人間

  ③歴史哲学が変わる
   ・「知識を蓄える」へ
   ・歴史の本の体系化

  ④存在の力の働き
   ・次の時代に多くのヒントを渡す
   ・存在の力で本を読む
   ・分化から最終ターゲットへ向かう

 未来を語る

  ①ジャック・アタリ
   ・時代を先行する図書館
   ・先人の思いをいかに伝えるか
   ・本での警鐘の継承
   ・歴史でのライブラリで伝えていく

  ②先人の思い
   ・図書館の先行き

  ③未来を語り合う場
   『リーダーの本棚』
   ・世界や日本、自分自身の変遷をたどり、未来を見通す羅針盤としている本がある
   ・20年構想、Big City Plan
   ・歴史のライブラリは安定剤

  ④新しい世界観
   ・未来の価値をつくる
   ・歴史のライブラリの必要性

 集合和

  ①拡大するライブラリ
   ・ライブラリの拡大された概念
   ・歴史へのライブラリ

  ②偶然と可能性

  ③集合和から変革
   ・集合知からの変革

  ④拡散・収束の螺旋

 歴史の変節点

  ①地球規模の有限性
   ・クラウド・コンピューティング時代の歴史研究

  ②人類の敵は人類
   ・人類の敵は人類自身である--第1原則〈自己の尊重〉
   ・歴史での証明

  ③歴史が変わる
   ・本の断片化と情報の信頼性
   ・データベース化と情報の一元化
   ・『まんが哲学入門』読書案内つづき
   ・マンガで哲学を表現
   ・伝える手段
   ・歴史情報とはなにか

  ④未唯宇宙で伝播
   ・本で歴史は変わる

未来のカタチ

 外なる世界

  ①他者の世界の出来事
   ・国が図書館を支援
   ・最初から集めすぎないのがコツ
   ・図書館クラウドに行き着いた
   ・図書館クラウドのベースの発想

  ②存在の力が動かす
   ・図書館から事務局とライブラリが生まれた

  ③内なる世界で試行
   ・昔の政治家は良かった、というけど

  ④情報社会
   ・『情報社会の<哲学>』
   ・情報社会の本質は何か

 預言

  ①私に全てがある
   ・ヒュパティアのアレキサンドリア図書館
   ・自分の「本」を何度も読む

  ②思考過程をトレース
   ・わたしは、わたしの死体=著書を食べる
   ・理想の「老後」
   ・キーワードを残す
   ・次元を上げていく
   ・本からのメッセージ

  ③未来学者の預言
   ・グーグルの成功方式

  ④発信する勇気
   ・勇気は与えられない

 知のカプセル

  ①究極の人工知能
   ・知のカプセルを作る方法
   ・人間は人間らしくなりうるが、知の退化の危険
   ・レコメンデーションとパーソナルアシスタント
   ・『知の進化論』
   ・自ら投稿するAIは出現するか?
   ・レコメンデーショ・システムヘの応用
   ・『人工知能が変える仕事の未来』
   ・人工知能で知の世界を創り出す
   ・新しいアテナイ
   ・グーグルのYouTubeは知の入口
   ・図書館とライブラリの違い
   ・多様なライブラリ

  ②未唯宇宙の融合
   ・図書館の未来
   ・コミュニティが未来を拓く
   ・どこでも図書館構想を展開
   ・ライブラリはバーチャル化・・・膨大な情報

  ③好き嫌いで統合
   ・ライブラリの概念の拡大
   ・図書館の論争が無くなっている
   ・図書館は「黄色」でシンクロ
   ・図書館は先行する

  ④人間の生成時に工作
   ・知のカプセルはまだ先のこと
   ・知のカプセル化
   ・知恵が足りない
   ・知識の体系化と図書館

 知の変革

  ①知識の格差を是正
   ・未来はわれらのもの
   ・経済企画庁のアイディアボックスへの投稿
   ・予約システムが社会を仕切る

  ②自由に答を誘導
   ・ライブラリの位置付け

  ③自動的に吸収
   ・知のカプセル
   ・知識のカプセル

  ④社会変革のベース
   ・「公共」図書館の先にあるのは知の世界
   ・永続する機関としての図書館
   ・知の未来
   ・シェアすることで使いやすく
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 未唯宇宙(参... 独裁政と民主... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。