みちのくの放浪子

九州人の東北紀行

大暑

2017年07月23日 | 俳句日記

立夏に始まる夏の節気の最後の季語。

《 野兎も 片耳垂るる 大暑かな 》

なんとも茶目っ気に富んだ芥川龍之介の
句である。

しかし、目を丸くするほどの炎天下の中
に、前脚と片耳をダラリと垂らした兎が
「何とかしてくれよ!」とでも言いたげ
に立ち上がっている姿を彷彿とさせる。

目にした訳ではない光景をサラリと詠う
想像力は、大作家ならではのものだ。
漱石先生が、俳句は扇の要を指摘すると
言ったそのものの句である。

私も、今日の一句を求めて大暑の日射し
の中に出た。
誰もいない日盛りの遊歩道で足が止まった。

〈木の陰も 時間の止まる 大暑かな〉
放浪子 季語・大暑(夏)

7月23日〔日〕酷暑
5時起床、ぶらり散歩にでる。
朝涼はきのう書いた。
題が決まら無い。
あれこれ調べて「大暑」にする。
今度はビジュアルが無い。
そこで炎天下の探索となった。
夕飯は、母方で鰻の白焼き。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝涼(あさすず) | トップ | ゆだち(夕立) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。