みちのくの放浪子

九州人の東北紀行

春の旅立ち

2017年03月20日 | 俳句日記

 まいど毎度のおはこびでいたみ入りやす。

 

 能因法師は霞みと共に都をお立ちになり、

陸奥に下られましたが、霞み立つみちのくを

きょう立ちまして、東京、京都を経由しながら

ぶらり九州までの旅が、今回の私の旅でして、

約十日をかの地で過ごさせていただきます。

 

 そこで、誠に勝手なお願いなんですがね、

この間はブログをお休みさせて頂きたいと

存じまして、お許しを乞う次第です。

 どなた様も、何卒よろしくご理解の程伏して

お願い申し上げます。

 

 そのかわりと言っちゃなんですがね、無事

帰えってまいりやした時には、土産話なんぞ

たんと用意いたしやしてね、芭蕉翁よろしく

「西国紀聞旅日記」みてぇなものにして報告

させて頂きやしたらと思っておりやす。

 

 こういっちゃなんですがね、博多ってぇ言う

処はいいとこでございましてね、山を背にして

博多湾をかかえこみ、太宰府まで平地が深く、

それでいて適度に都会で空港も近いときてる。

 

 なんちゅうても喰いもんが旨かとですたい。

はかたラーメンとか、もつ鍋は知っとらっしゃる

じゃろうばってん、うどんも弘法大師が唐から

持って来んしゃったとは、博多が最初バイ。

 

 大師が讃岐のお人やけん讃岐うどんも有名

ばってん、こっちが先やけんね。誤解せんとき!

 それにくさ、玄界灘がすぐそこやけん、魚が

旨かとたい。食べたらすぐ分かるっちゃ。

 

 あ~早よ行きたか~。

 みんなが待っとるけんね。

 ありゃもう出る時間たい。

 そしたらくさ、もう出るけん。

 元気にしとかないかんよ。

 はかたメンタイば買うてくるけんね。

 

 こうして、メンデルスゾーンの「春の歌」に

見送られるかのように、まるでお足が地に

着かぬ様子で、ふわふわと風に吹かれて

春の旅に出かける私なのでした。

 

< 福博の 匂求めて 春の旅 > 放浪子

 

三月二十日(月) 晴れ

         暫し別れの朝の宴

         アイらにパンを求めて与う

         喰いだめ出来たかな

         午後より出立

         お気楽な一人旅

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春彼岸 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。