みちのくの放浪子

九州人の東北紀行

雨あがり

2017年06月30日 | 俳句日記

夜来の頻りの雨が上がった。
雨が上がると鳥は啼く。
鳥が雨をどう凌いでいるのか、想像する
と可愛いくもあり、愛おしくもある。

福岡の新居の斜め前に、小学校の校門が
あって、木立ちに囲まれている。
そこで様々な小鳥が鳴き交わす。
地名が笹丘だけに、丘陵地であるこの辺
りは、昔は鳥の楽園であったであろう。

今どきは、目白と四十雀が喧しい。
今朝も、雨が止むと、この二種が一斉に
競うように鳴き始めた。

メジロは、チチロチロチロと高い澄んだ
声で、複雑な節回しを歌う。
シジュウカラは、ファとラの音階をツッ
ピンツッピンと繰り返し囀る。

メジロは群れるので、小学校の低学年児
や幼稚園児が戯れているように賑やかだ。
それに比べるとシジュウカラは、ニキビ
面の中学生が、異性に自己主張するよう
に執拗である。

ちょうどそんな時、校門の前で次のよう
な光景を見た。

こんな平和な微笑ましい姿を、小鳥の
囀りが永遠であるように、保ち続けて
行きたいものだ。

〈雨あがる 目白に口差す 四十雀〉放浪子
季語・目白、四十雀(夏)

6月30日〔金〕雨のち晴れ
帰ってから十日が経つた。
転居の準備から約一ヶ月、実に慌しい
時が過ぎた。
阿武隈川には、飽きがこなかった。
ここも小鳥のさえずりと子供の声で
飽きが来ないと思えるようになった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浴衣の効用 | トップ | 富士山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句日記」カテゴリの最新記事