みちのくの放浪子

九州人の東北紀行

インビジブル・インフレンス(見えない影響力)

2017年03月07日 | 俳句日記

 新聞の新書欄に「インビジブル・インフレンス」ジョーナ・バーガー著ってぇのがありました。

はしがきに・・・私たちの決断の99.9%は他人によって方向づけられている・・・なんて紹介

されていましたが、ようは「縁起」のこってすな。「因果」ともいいます。

ありていに言えば、幽霊は枯れ尾花で、因果応報で、善行善果、逆も真なりなんですよ。

 

 お釈迦さまの教えですな。

教えの根本は「唯識」にあるのですから、「自」があって「他」がある。

「他」があって「自」がある。ゆえに「自」が「空」ならば「他」も「空」。

そこで「般若心経」の「色即是空、空即是色。色不異空、空不異色」となるわけですな。

 

 これを解説していきますと、一冊の本に為ってしまいますから、今日はよしときますけど、

近年、西洋の「自己」と「知識」から始まった哲学が、どんどんお釈迦様の教えの近づいて

来ているように思いますな。

 天上の世界から「人類よ早く気づきなさい!」と声が聞こえてきているような気がします。

 

 すでにニーチェ先生は、近代の西洋文明への批判のなかで、お釈迦様に行き着いたので

「ツアラストラはかく語りき」を書かれたんですよ。

 アドラー先生も、認識の幅を宇宙感覚にまで広められて、人の承認欲求からくる心の病を

癒そうとなされた。「アドラー心理学」の核心部分である全体論ですな。

 どちらも「華厳経」の世界観ですよ。

 

 いずれにせよ、文明の相克を融和するのは互いの文化の理解ですから、右脳ばかり使わず

左脳を鍛えて愛し合うことが肝要です。そうすればミサイルも不必要になるでしょうね。

 レヴィ・ストロース先生はそれが出来るのは日本人の「野生の思考」だと予測なされたのです。

 

 てなわけで、落語てぇのは人類の救いかもしれませんな。  =お後がよろしいようで=

 

    < つくづくと 箸の先なる 分葱かな >  放浪子

 

三月七日(火)  晴れ時々曇り 西の風

         誕生日なのに冷えることしきり

         西風にアイの羽がなびく

         日中はあれこれと多忙

         夕刻より分葱をゆがく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空の乱れ | トップ | 春の雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。