ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

脱毛はめんどくさいと思っていませんか?

2017-06-15 22:12:45 | 日記
脱毛サロンのカウンセリングにおいては、質問事項にできるだけ正確に回答するように心がけましょう。

敏感肌であったり、アトピー性皮膚炎だったりすると、脱毛を断られるケースもありますが、体質をごまかして受けて肌が荒れてしまったならば、自分が困ってしまいます。
さらに、何かわからないことがあればどんどん質問するようにしてください。


2か所以上の脱毛サロンの掛け持ちはナシなんてことはないです。

各脱毛サロンに掛け持ちしてはいけないという決まりはないので、全く問題ではありません。実際は、掛け持ちをした方が安い料金で脱毛できます。

脱毛サロンごとに料金に違いがあるため、料金の違いを利用して上手く活用してみてください。ただし、掛け持ちすることによって色々な脱毛サロンに行かないといけなくなるので、労力が必要になります。

施術を受ける毎に支払いができる都度払いOKの脱毛サロンも出てきました。

前払いの必要がなく、ローンを組まなくてもよいメリットがありますし、何かしらの理由でサロンに通うのが嫌になったら簡単にやめることができますので大変気軽で便利だといえるでしょう。

しかしながら都度払いについては割高料金になっているのが一般的です。脱毛費用を抑えたいと考えるなら都度払いは避けるべきかもしれません。
脱毛の機械は大手脱毛専用サロンで使用されているいわゆるフラッシュ脱毛ですが、キレイモではお手入れ前に冷たいジェルを塗りません。脱毛箇所に冷たいジェルを塗るのが不快だという人が多いそうですが、それがないのも良い所かもしれません。

脱毛エステのお店に行って施術をしてもらったその後のことですが、自分自身でもアフターケアは行っておくのがよいでしょう。

ここは面倒がらずにしっかりケアを行っておくことで、肌トラブルが起こる確率がぐんと減るのです。

自分でできるアフターケアについての方法はお店のスタッフからしっかり教えてもらえると思いますが、施術を受けた部位を「冷やす」「保湿する」「刺激を避ける」といったあたりが基本になります。

中でも保湿に努めるのはかなり重要だと言われています。

似ている様ですが、「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、何が違うかと言うと医師や看護師がレーザーを使って脱毛することを医療脱毛といいます。



永久脱毛が可能です。また、脱毛サロンでは医療脱毛で使用している照射の光が強力な脱毛機器は使用不可です。
医療脱毛と比較すると効果が勝ることはないですが光が弱い分、肌への負担と痛みが軽く済むため医療脱毛より脱毛サロンを選択する方もいるようです。



脱毛エステの予約の後、背術を受ける前にすることは、施術箇所の無駄毛をやっつけます。脱毛をはじめる時には、無駄毛があると施術出来ないので自分で処理します。

何でムダ毛処理を行うか、ですが負担の少ない電気シェーバーをオススメしています。


カミソリを使うと、施術が始まる、直前はやめましょう。肌トラブルが起こると、施術ができません。先日、たくさんの脱毛サロンや脱毛する際の注意点が載っていた雑誌を買ってみました。

ブルーデイには、肌が荒れやすくなるので、脱毛サロンへ出かける際は生理時はやめた方が良いと書いてありました。

シースリー 京都

まったく知識がなかったので、知っておいて良かったと思いました。
来週、永久脱毛のモニターとして脱毛サロンへ行くので、楽しみにしています。

冷たいジェルを塗らないようにする代わりに、脱毛箇所に当たる部分が-4度で光を当てる施術の間「気持ちいい」と思える冷たさです。

光脱毛はレーザー脱毛に比べて痛みが少ないのですが、部位によってはフラッシュ脱毛でも少しチクリと感じるそうです。



でも脱毛マシーンの先端部分が冷たいお陰でお手入れの痛さを全く感じなくて良かったです。

ワキのムダ毛を脱毛サロンのプロの手で処理してもらえることの最大のメリットといえば仕上がった時の皮膚の状態が自然できれいな見た目になることでしょう。カミソリ、毛抜き、ワックスなどを使用して自己処理ばかり行っていると黒ずみが出てきてしまったり、それにムダ毛はあっという間にまた生えてきます。


人目を気にせず堂々とワキをさらせるようにしたいなら脱毛サロンや脱毛クリニックでプロに脱毛してもらうのがよいようです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハイジニーナ脱毛気になる~>< | トップ | 目指せ!キラキラ女子 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。